地味男マット・デイモンが“パリピ”デビュー?「ダウンサイズ」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月22日 > 地味男マット・デイモンが“パリピ”デビュー?「ダウンサイズ」本編映像
メニュー

地味男マット・デイモンが“パリピ”デビュー?「ダウンサイズ」本編映像

2018年2月22日 14:30

コミカルな演技で笑いを誘う「ダウンサイズ」

コミカルな演技で笑いを誘う
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」でアカデミー賞脚色賞を受賞したアレクサンダー・ペイン監督が、マット・デイモンと組んだ「ダウンサイズ」の新たな本編映像が公開された。デイモン扮する主人公とオスカー俳優クリストフ・ワルツ演じる謎の男の対面シーンとなる。

経済的に豊かな生活を送りたいと願う平凡な男ポール(デイモン)が、妻と共に人類を14分の1に縮小する“ダウンサイズ”計画に参加し、予想外の出来事に巻き込まれていくなかで、“本当の幸せとは何か”という問いと向き合っていく。

隣人であるドゥシャン(ワルツ)のホームパーティに誘われたポールは、大勢集まった個性的な客人を見て驚きを隠せない。さらに、素性のしれないドゥシャンが「小さな集まりの予定が、電話を数本かけたらこんなに来ちゃってね」と大物ぶりを漂わせ、ポールをますます困惑させる。劇中ではこののち、平凡な男だったポールがパーティで羽目を外し、新たな自分を発見する姿が描かれる。くだんのシーンは、その予兆となるものだ。また、実寸大のバラが両手で抱えなければならないサイズになるなど、13センチの世界がどのようなものか、わかりやすく明示されている。

おとなのけんか」「ジャンゴ 繋がれざる者」「ビッグ・アイズ」「007 スペクター」など、話題作に次々と出演してきたワルツがユーモラスな演技を披露し、エキセントリックなドゥシャンのキャラクターに現実味を与えている。ワルツは、「ドゥシャンという男は魅力的で、ある意味で師のような存在だ」と評し、「脚本を読んでこの役へのアイデアを持ち、アレクサンダー・ペイン監督と一緒に話し合ったんだ。監督は今作の脚本も担当してこのキャラクターを作り出した人で、全く違う考えを持っていたから、言うなればすり合わせのような時期があった。本当に啓蒙的で、役作りを深められるプロセスだったよ」と役作りについて明かす。

ワルツの芝居を受け止めたデイモンは、「ドゥシャンがポールの目を世界に広げてくれるんだ。ドゥシャンの奇想天外さ、次に何をやるか予想できない、という性格がこの役を面白くしているよね。クリストフ(・ワルツ)は史上最高の俳優の1人で、素晴らしい役者のための素晴らしい役だ」とたたえている。

ダウンサイズ」は、3月2日から全国公開。

(映画.com速報)
ファミリー・ツリー[Blu-ray/ブルーレイ] ファミリー・ツリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,311 アカデミー賞脚色賞受賞!ハワイなら、最悪な出来事も、最高の人生に変えられる。楽園ハワイを舞台に、人生最大の危機を迎えた男とその家族が置き忘れた絆を探す旅を描いた心震える感動作。
サイドウェイ[Blu-ray/ブルーレイ] サイドウェイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - カリフォルニアを舞台に、人生のピークを過ぎたダメ男にも訪れる、ささやかな希望の光を描いたヒューマン・ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi