サイドウェイ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
サイドウェイ
10%
41%
37%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第77回アカデミー賞の作品、監督、助演男優、助演女優、脚色の5賞ノミネート、脚色賞を受賞。「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督が「アメリカン・スプレンダー」のポール・ジアマッティを主演に、中年ダメ男の人生の寄り道を描く。ワインオタクで小説家志望の国語教師マイルスは、結婚を1週間後に控えた学生時代からの友人で売れない俳優のジャックと共にカリフォルニアのワイナリーを廻る旅に出て、自分自身を見つめ直していく。

2004年製作/130分/R15+/アメリカ
原題:Sideways
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀脚本賞 アレクサンダー・ペイン ジム・テイラー

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ポール・ジアマッティ
最優秀助演男優賞 トーマス・ヘイデン・チャーチ
最優秀助演女優賞 バージニア・マドセン
最優秀監督賞 アレクサンダー・ペイン
最優秀作曲賞 ロルフ・ケント
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

TM and (C) 2004 Fox and its related entities. All rights reserved.

映画レビュー

5.0シュヴァルブラン1961年

きりんさん
2020年4月10日
Androidアプリから投稿

ワイナリーに勤めていた頃、片っ端からワイン・ムービーを楽しみ、その中で出会った1本でした。

珍道中の男たちの情けなさには爆笑です。映倫さんもこの可笑しみに免じて目をつぶってくれたのですね(笑)

心寄せる女性に心中を告白出来ない いじけたバツイチ教師マイルスが、あろうことか抜栓してファーストフード店内でがぶ飲みしてしまうのは、一生一度の取って置き=シュヴァルブランの1961年物です!
僕は声も出ずに叫んでしまいましたよ。
自暴自棄にも程があります。なんという無駄遣いを。汗汗。

============

【ワイン解説】
シュヴァルブラン
このワインは、ボルドー産1級の中でも特異な性格を持ちます。
つまり、他の1級が数種類のブドウをブレンドしてその味わいをプロデュースするのと異なり、シュヴァルブランは「フラン」という品種=普段は主役のカベルネ・ソーヴィニヨンの陰に隠れてブレンド用ブドウとして引き立て役とされている“控え目で穏やかなブドウ”=を、舞台の中央に立たせて、ピン芸人の主役としてスポットライトを当てた。そういうワインなのです。
「脇役であり続けたキャラクターを脱ぎ捨てて、誰の助けも求めずに、自分自身であなたの良さをアピールしなさい」
というワイン。

協調ではなく独走。
油彩ではなく、墨絵。
それがシュヴァルブランです。

============

ワインの楽しみと人生の冒険がとてもいい具合にアッサンブラージュ(ブレンド)された佳作だと思います。

原題「サイドウェイ」は、横道や側道にそれること。
⇒DVDを 早送り❱❱ すると、その題名を何気なくスクリーン上にしっかり表現していることが判りますからやってみて下さい。
上空からの定点観測で、同じY字路を彼らの車が行ったり来たり、右往左往していることが一目瞭然です。撮影の小技です。あれは新しい恋に踏み出せないマイルスの右往左往。

柄でなくても、自分のスタイルでははなくても、思い切って「脇道」にそれてみて、そこで発見する新しい人生というものも有るのだと、観終わってしみじみ思わされました。

僕が勤め先のワイナリーを辞するとき、尊敬する工場長がご馳走してくれたのがその思い出のシュヴァルブランでしたね・・

♪ ♪ ♪

ワインの美味しさは知っていますが、新しい恋の味は知りません
バツイチきりんのレビュー。
酔い心地抜群の映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

2.5イマイチだったらしい

2019年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

けっして低い評価をつけたわけではなく、星2.5は普通ということです。でも、普通のなかでも明らかな普通というのは印象がいまいちなのです。

しかし、ワインのうんちく、あれだけ全編に押し出してきたわりに展開にかかわってこないとは。雄弁なだけに構成のちぐはぐさが際立つ。

終盤に向けての一連の流れもいたって普通。
こう書いているとわかってきたが、どうもイマイチだったらしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

2.0いじけた中年とエロ中年の一週間の旅行。 前半は蘊蓄とイジケと酔って...

猫柴さん
2019年1月22日
iPhoneアプリから投稿

いじけた中年とエロ中年の一週間の旅行。
前半は蘊蓄とイジケと酔ってみっともないマイルスにイライラ。
後半はバカなジャックに笑えましたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫柴

3.0ワインが美味しそうに見える

2018年1月29日
iPhoneアプリから投稿

笑える

楽しい

単純

普段ワインは好んで飲まないけど美味しそうに見えた!飲み方を真似して試してみたい🍷

2人のどうしようもないおじさん笑えました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ありえす
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る