サイドウェイ インタビュー: アレクサンダー・ペイン監督インタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「サイドウェイ」 > インタビュー > アレクサンダー・ペイン監督インタビュー(2)
メニュー

サイドウェイ

劇場公開日 2005年3月5日
2005年3月15日更新

アレクサンダー・ペイン監督インタビュー  町山智浩

――「サイドウェイ」に出資したのは「フォックス・サーチライト」。20世紀フォックスのインデペンデント部門ですね。世界的コングロマリットの傘下の会社が作るインデペンデント映画というのは矛盾しているようですが。

渋いキャスティングも監督のこだわり 渋いキャスティングも監督のこだわり

「今の世の中、巨大企業から完全に独立するのは不可能だ。僕はインデペンデント映画という言葉は、資本の独立ではなくて、作家の芸術的な権限の独立という意味で考えているよ。フォックス・サーチライトはファイナル・カット権も僕にくれて、俳優も全員、僕1人にオーディションで決めさせてくれた」

――奥さん(サンドラ・オー)もオーディションしたんですか?

「彼女は監督と寝て役をもらったのさ(笑)」

――「サイドウェイ」はペイン監督としては初めてのハッピーエンドですね。「ハイスクール白書」の時は、無理やりハッピーエンドにしろと命じるユニバーサル映画と大喧嘩して、ビタースィート(ホロ苦い)結末を守り抜いたと聞きますが。

「大喧嘩は大げさだけどね(笑)。『サイドウェイ』に希望的な結末を選んだのはハリウッドイズムに迎合したわけじゃない。それぞれの物語にはそれぞれの結末があるんだよ」

ワインを通して人生を語る ワインを通して人生を語る

――「サイドウェイ」はワイン好きの男の話ですが、なぜ、ワインなんですか?

「僕自身、ワインは好きだけど、この映画はワインの映画じゃない。人生についての映画だ。ワインが何を意味しているのかは、バージニア・マドセンのセリフに語らせた」

――「ワインを味わうことは、そのワインが経験した人生を味わうこと」という言葉ですね。だからワインは工場で大量生産はできない。

「技術的にはできるけど、してはいけないんだ」

――それって、映画作りについての監督の意見ですか?

「そこまでは言ってないけどね(笑)」

TM and (C) 2004 Fox and its related entities. All rights reserved.

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この小ささこそが、アメリカの核でもあるだろう
映画評論

元アイドルで今はCMくらいしか仕事がない俳優と小説家の卵であるバツイチの教師が、俳優の結婚式を前にワイン農場巡りの旅に出る。独身最後の気ままな時間を楽しもうというわけだ。しかし俳優と教師では性格が全然違う。無垢な悪魔である俳優と、憂鬱...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

サイドウェイ <特別編>[DVD] サイドウェイ <特別編>[DVD] サイドウェイ <特別編>[DVD] サイドウェイ[Blu-ray/ブルーレイ]
サイドウェイ <特別編>[DVD] サイドウェイ <特別編>[DVD] サイドウェイ <特別編>[DVD] サイドウェイ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2010年6月25日 最安価格: ¥1,532 発売日:2007年11月21日 最安価格: ¥1,532 発売日:2013年10月2日 最安価格: ¥1,080 発売日:2009年2月27日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全22件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
  • インタビュー 小さな恋のうた 佐野勇斗×森永悠希×山田杏奈×眞栄田郷敦×鈴木仁「ちい恋バンド」沖縄で深めた絆
  • インタビュー コンフィデンスマンJP 挑みがいがある作品――長澤まさみ&東出昌大&小日向文世が惚れ込む「コンフィデンスマンJP」の世界
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報