「去年の冬、きみと別れ」斎藤工の“演じたい役”に岩田剛典ら爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月22日 > 「去年の冬、きみと別れ」斎藤工の“演じたい役”に岩田剛典ら爆笑
メニュー

「去年の冬、きみと別れ」斎藤工の“演じたい役”に岩田剛典ら爆笑

2018年2月22日 13:30

主要キャスト集結「去年の冬、きみと別れ」

主要キャスト集結
[拡大画像]

[映画.com ニュース]芥川賞作家・中村文則氏の小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典主演で実写映画化した「去年の冬、きみと別れ」のジャパンプレミアが、2月21日に都内で開催。岩田、山本美月斎藤工浅見れいな北村一輝瀧本智行監督が登壇したほか、主題歌を担当したm-floのスペシャルライブも行われた。

結婚を間近に控えた野心あふれる記者・耶雲恭介(岩田)は、特ダネをものにしようと猟奇殺人事件の元容疑者で天才写真家・木原坂雄大(斎藤)に近づいていく。木原坂に気に入られ、密着取材を取り付けた耶雲だったが、真相を追ううちに木原坂のわなにかかり、婚約者・百合子(山本)を危険にさらしてしまう。

イベントでは、岩田の役柄が記者であることから、岩田が自ら登壇陣に“取材”する形式がとられた。クールな耶雲のキャラクターとは正反対に、はにかみつつ共演陣や監督に質問していく岩田に会場からは「かわいい!」と黄色い声が飛んだ。岩田から「もし別の役をやるなら?」と問われた男性陣は、「僕は百合子をやりたい……髪をこうやる(なびかせる)シーンが、超格好いい。あれをやりたい」(斎藤)、「女優陣だと岩ちゃん(岩田)とキスできるからやりたい。(耶雲と恋人の)デートシーンにあこがれる」(北村)と回答し、共演陣は爆笑。その後、斎藤から“逆質問”された岩田は、「僕は木原坂。セクシーで、(斎藤)工さんそのままでした」と語り、斎藤は「基本タンクトップですけどね」とボケて笑いを誘った。

岩田から「最近のスクープは?」と問われた浅見は、「北村さんは、いつでもレディファースト。さっき、エレベーターに一緒に乗ったときもそうでした」(浅見)と回答。斎藤は、浅見の回答にすかさず「男性にもそうなんですよ! 男でもほれます。勉強になります、先輩」と言葉をつなぎ、北村が「男も女も好きなんですよ……」と語ると、場内は再び笑い声に包まれた。

終始和やかな雰囲気のイベントとなったが、岩田は最後に「僕は、この映画の本質は、真実を知ったときに人間の欲や愛情が見えてくるところだと思います。映画を見終わったら、タイトルの意味が分かっていただけるのではないか」ときっちり締めくくり、座長らしさを発揮していた。

去年の冬、きみと別れ」は、3月10日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi