岩田剛典VS斎藤工!中村文則の人気小説映画化「去年の冬、きみと別れ」予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月22日 > 岩田剛典VS斎藤工!中村文則の人気小説映画化「去年の冬、きみと別れ」予告公開
メニュー

岩田剛典VS斎藤工!中村文則の人気小説映画化「去年の冬、きみと別れ」予告公開

2018年1月22日 07:00

m-floの書き下ろし主題歌も挿入!「去年の冬、きみと別れ」

m-floの書き下ろし主題歌も挿入!
(C)2018映画「去年の冬、
きみと別れ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典の主演で、芥川賞作家・中村文則氏の小説を実写映画化する「去年の冬、きみと別れ」の予告編と本ポスターが、公開された。

「教団X」「土の中の子供」で知られる中村氏の人気小説を、「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督、「無限の住人」の大石哲也の脚本で映画化。盲目の美女が巻き込まれた不可解な焼死事件を調査する新進気鋭のルポライター・耶雲恭介(岩田)は、容疑者の天才写真家・木原坂雄大(斎藤工)に近づいていく。だが、逆に木原坂のわなにかかり、婚約者・百合子(山本美月)を危険にさらしてしまう。

予告編では、耶雲と木原坂の対決がスリリングに描かれ、木原坂が「君に覚悟はあるの?」とすごみ、「僕と一緒にいると、君の身にも危険が及ぶかもしれない」と不穏な言葉を発するシーンや、木原坂が耶雲につかみかかり「調子に乗るな」と怒り狂うシーン、さらに木原坂が百合子を甘い言葉で誘うシーン、百合子が監禁されたと聞き、耶雲が決死の形相で「百合子を返して下さい」と木原坂に詰め寄るシーンなどが続けざまに展開する。さらに、「見た人すべてがだまされる」というキャッチコピーが、ミステリアスなストーリーに拍車をかけている。音楽グループ「m-flo」の書き下ろし主題歌「never」も挿入されている。

ポスターでは、シリアスな表情の耶雲と百合子、狂気の笑みを浮かべる木原坂の姿が切り取られている。岩田や斎藤のなりきり具合がうかがえるデザインだ。

去年の冬、きみと別れ」は、浅見れいな土村芳北村一輝らが脇を固める。3月10日から全国公開。

(映画.com速報)
犯人に告ぐ[DVD] 犯人に告ぐ[DVD] 最安価格: ¥3,201 雫井脩介のベストセラー小説を豊川悦司主演で映画化!心に傷を負った刑事と姿なき殺人犯の緊迫の心理戦を描く本格サスペンス。
無限の住人[Blu-ray/ブルーレイ] 無限の住人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,985 木村拓哉と三池崇史監督がタッグを組み、沙村広明原作の人気時代劇コミックを実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi