竹野内豊、テレ東ドラマ初主演!「ミッドナイト・ジャーナル」で新聞記者役に初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月22日 > 竹野内豊、テレ東ドラマ初主演!「ミッドナイト・ジャーナル」で新聞記者役に初挑戦
メニュー

竹野内豊、テレ東ドラマ初主演!「ミッドナイト・ジャーナル」で新聞記者役に初挑戦

2018年1月22日 06:00

竹野内豊、テレ東ドラマで“初”尽くし「陽はまた昇る」

竹野内豊、テレ東ドラマで“初”尽くし
(C)テレビ東京
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビ東京の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」が今春に放送されることが決定し、竹野内豊が主演することがわかった。「陽はまた昇る」「半落ち」の佐々部清監督がメガホンをとり、「マッサン」「とんび」などで知られる羽原大介が脚本を執筆。同局のドラマ初主演となる竹野内は、新聞記者役に初挑戦しており、本作出演をもって在京民放5社の連ドラ主演を“制覇”することになる。

原作は、第38回吉川英治文学新人賞に輝いた本城雅人氏の小説で、元新聞記者の本城氏が新聞社の内幕を描いた社会派エンタテインメント作品だ。主人公は、世間を震撼させた連続誘拐殺人事件に関する誤報が原因で、支社に飛ばされた新聞記者・関口豪太郎。凶悪事件の発生から7年が経った頃、女児が誘拐される事件が起こり、さいたま支局で働いていた豪太郎は7年前の事件との関連を疑う。本社から元同僚の記者・藤瀬祐里もかけつけ、豪太郎は7年前の事件の再調査を開始する。

主演の竹野内は、同局の印象を「何かを考えさせられる挑戦的な作品を数多く創られている」と話し、「そこに私も参加させて頂けた事はとても光栄なことです」と喜びを語る。さらに「脚本は、本城雅人さんの原作を元に一部脚色を加え、演出は佐々部清監督がメガホンをとり、真実と偽りが交錯する物語の中で、職務を全うする人、職務を越え、自分の歩む道を貫き通そうとする人、さまざまな人間の温度差が、個性豊かなキャストの方々で映し出されています」と力説している。

一方、原作者・本城氏は「この物語は僕が現役の記者時代からずっと構想を練ってきた、力をこめて書いた作品です」と明かし、「豪華なキャスト、スタッフで作られたドラマの中の記者たちが、どれだけの熱い気持ちを共有し、団結して困難な事件に挑むのか放送日が楽しみでなりません」と期待を寄せている。

さらにプロデューサーの田淵俊彦氏は、主人公・豪太郎の人物像について「人からどう見られようが気にしない。しかし『人の命』にはこだわる。刑事でもないが、取材をして記事を書くことで人の命を救おうとするのである。そのやり方は、武骨で不器用だ」と熱弁をふるう。そのうえで、「日本の俳優でそんな『不器用な役』をやらせたら竹野内豊の右に出るものはいない」と断言している。

テレビ東京による春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」は今春に放送される。

(映画.com速報)
半落ち[DVD] 半落ち[DVD] 最安価格: ¥5,054 横山秀夫原作のベストセラー小説を映画化。妻を殺し自首してきた男が黙秘する空白の二日間の謎を描く。
陽はまた昇る[DVD] 陽はまた昇る[DVD] 最安価格: ¥4,764 高度経済成長に陰りの見えた1970年代の日本を舞台に、家庭用ビデオ開発競争に関わった人々の活躍を実話に基づき描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

陽はまた昇る<特別編>[DVD] 陽はまた昇る<特別編>[DVD]最安値: ¥3,292 陽はまた昇る[DVD] 陽はまた昇る[DVD]最安値: ¥4,764 陽はまた昇る DVD-BOX[DVD] 陽はまた昇る DVD-BOX[DVD]最安値: ¥8,208
陽はまた昇る<特別編>[DVD] 陽はまた昇る<特別編>[DVD]最安値: ¥972 半落ち[DVD] 半落ち[DVD]最安値: ¥2,117 半落ち[DVD] 半落ち[DVD]最安値: ¥5,054
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi