「水曜日のカンパネラ」コムアイ、沢尻エリカ主演「猫は抱くもの」で劇伴&出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月22日 > 「水曜日のカンパネラ」コムアイ、沢尻エリカ主演「猫は抱くもの」で劇伴&出演
メニュー

「水曜日のカンパネラ」コムアイ、沢尻エリカ主演「猫は抱くもの」で劇伴&出演

2018年2月22日 06:00

劇中歌の作詞と効果音制作を担当「猫は抱くもの」

劇中歌の作詞と効果音制作を担当
(C)2018 『猫は抱くもの』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の沢尻エリカが約6年ぶりの映画主演を果たし、吉沢亮と共演する「猫は抱くもの」で、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイが初の劇伴に挑んでいることがわかった。劇中歌「キイロのうた」の作詞のほか、効果音を自身の声で制作しており、コムアイは「劇中歌は、登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました」と込めた思いを説明している。また、擬人化した猫のキイロ役で銀幕デビューも果たした。

大山淳子氏の同名小説(キノブックス刊)を基に、「オーバー・フェンス」などの高田亮の脚本、「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」などの犬童一心監督のメガホンで実写化。アイドルとして活躍する夢を諦めた33歳の沙織(沢尻)は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫・良男(吉沢)にのみ心を開いていた。沙織に話しかけられるうちに自分を人間だと信じ込んだ良男は、恋人しての役目を果たそうとし、次第に“2人だけ”の日常に変化が訪れる。


画像2

[拡大画像]

さらに、猫が擬人化した姿を演じるキャスト陣も明らかに。人気番組「水曜どうでしょう」で“ヒゲ”の愛称で親しまれたディレクター・藤村忠寿(サビ猫役)のほか、岩松了(老猫役)、内田健司(サバトラ猫役)、久場雄太(黒猫役)、今井久美子(茶ブチ猫役)、小林涼子(キジトラ猫)、林田岬優(黒白ブチ猫役)、木下愛華(ヒョウ柄猫役)、蒔田彩珠(縞三毛猫役)と、個性豊かな面々が顔をそろえた。

猫は抱くもの」は、ほか「銀杏BOYZ」の峯田和伸らが共演。6月23日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開される。

(映画.com速報)
ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ジョゼと虎と魚たち Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,243 田辺聖子原作の小説を犬童一心監督が映画化。
メゾン・ド・ヒミコ Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] メゾン・ド・ヒミコ Blu-ray スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,255 オダギリジョー、柴咲コウ主演で贈る、せつなさと温かさ溢れる愛の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi