ニューヨーク映画批評家協会賞発表 作品賞に「レディ・バード」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月3日 > ニューヨーク映画批評家協会賞発表 作品賞に「レディ・バード」
メニュー

ニューヨーク映画批評家協会賞発表 作品賞に「レディ・バード」

2017年12月3日 12:00

作品賞は「レディ・バード」「レディ・バード」

作品賞は「レディ・バード」
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第83回ニューヨーク映画批評家協会賞が11月30日(現地時間)発表され、女優グレタ・ガーウィグの長編監督デビュー作「レディ・バード(原題)」が作品賞を受賞した。

映画批評サイトのロッテントマトで「トイ・ストーリー2」を抜いて歴代最高評価を獲得した「レディ・バード」は、ガーウィグの出身地である米カリフォルニア州サクラメントを舞台にした彼女の半自伝的作品。自由を渇望する女子高生クリスティンと、夫に代わって家計を支える母マリオンの、思春期特有の複雑な母娘関係をコミカルに描いている。クリスティン役をシアーシャ・ローナン、母役をローリー・メトカーフが演じており、このほど作品賞のほか、ローナンが主演女優賞を受賞した。

主演男優賞は、「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」のティモシー・シャラメットが受賞。本作はイタリアの小さな町を舞台に、17歳の少年と男子大学院生のひと夏の恋を描いた物語で、主人公をシャラメットが、相手役をアーミー・ハマーが演じている。

助演男優賞は、オスカーノミネートが有力視されている「The Florida Project」のウィレム・デフォーで、同作はメガホンをとったショーン・ベイカーも監督賞を受賞した。

助演女優賞は、黒人女性版「セックス・アンド・ザ・シティ」とも言えるR指定コメディ「Girls Trip」のティファニー・ハディッシュが受賞。ハディッシュは先月、「サタデー・ナイト・ライブ」で黒人女性コメディアンとして番組史上初のホストを務めて話題をさらい、今後ますます活躍が期待されている。

第83回ニューヨーク映画批評家協会賞の受賞結果は、以下の通り。

作品賞 「レディ・バード(原題)
監督賞 ショーン・ベイカー「The Florida Project」
主演男優賞 ティモシー・シャラメットコール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)
主演女優賞 シアーシャ・ローナンレディ・バード(原題)
助演男優賞 ウィレム・デフォー「The Florida Project」
助演女優賞 ティファニー・ハディッシュ「Girls Trip
脚本賞 ポール・トーマス・アンダーソン「Phantom Thread」
アニメ映画賞 「リメンバー・ミー
撮影賞 「マッドバウンド 哀しき友情
初監督作品賞 「ゲット・アウト
外国語映画賞 「BPM ビート・パー・ミニット」(フランス)
ドキュメンタリー賞 「Visages Villages

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi