BPM ビート・パー・ミニット
ホーム > 作品情報 > 映画「BPM ビート・パー・ミニット」
メニュー

BPM ビート・パー・ミニット

劇場公開日

解説

「パリ20区、僕たちのクラス」などの脚本家ロバン・カンピヨが監督・脚本を手がけ、エイズ活動家団体ACT UPのメンバーだった自身の経験をもとに若者たちの恋と葛藤、人生の輝きを生き生きと描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した青春ドラマ。1990年代初頭のパリ。エイズの治療はまだ発展途上で誤った知識や偏見が横行する中、ACT UP Parisのメンバーたちはエイズ患者やHIV感染者への差別に対してさまざまな抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性でありながら活動に参加しはじめたナタンと恋に落ちる。しかしショーンのエイズの症状は次第に顕在化していき、ACT UP執行部に対して批判的な態度を取るように。そんな彼を献身的に介護するナタンだったが……。出演は「グランド・セントラル」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、「ブルーム・オブ・イエスタディ」のアデル・エネル。

作品データ

原題 120 battements par minute
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 143分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ ロバン・カンピヨ
出品
コンペティション部門
出品作品 ロバン・カンピヨ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全27件)
  • 90年代、HIV患者のために戦った若者達の姿をヴィヴィッドに描いた名作 全く内容を知らないままに本作を観た。そして驚かされた。かつて『パリ20区、僕たちのクラス』で脚本と編集を担当したロバン・カンピヨによる監督作なのだが、かつて自身がメンバーの一人だったというACT... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年3月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 予想を超えた感動 HIV感染が広まる90年代のフランスで実際に存在した当事者団体「ACTUp Paris」を舞台に、活動家たちの絆や愛を、虚実を交えて綴った作品。 いきなり彼らの定時ミーティングの場面から、ドキュ... ...続きを読む

    ムビタイ ムビタイさん  2018年4月30日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 何故HIVが伝染ってしまうのか説得力がある 同性愛のベッドシーンが丁寧に描かれていて、病気や差別があるから、尚更リスキーなセックスで純粋に癒しあおうとすることが感覚的に理解できました。 ...続きを読む

    Zita Zitaさん  2018年4月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「BPM ビート・パー・ミニット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi