BPM ビート・パー・ミニット
ホーム > 作品情報 > 映画「BPM ビート・パー・ミニット」
メニュー

BPM ビート・パー・ミニット

劇場公開日

解説

「パリ20区、僕たちのクラス」などの脚本家ロバン・カンピヨが監督・脚本を手がけ、エイズ活動家団体ACT UPのメンバーだった自身の経験をもとに若者たちの恋と葛藤、人生の輝きを生き生きと描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した青春ドラマ。1990年代初頭のパリ。エイズの治療はまだ発展途上で誤った知識や偏見が横行する中、ACT UP Parisのメンバーたちはエイズ患者やHIV感染者への差別に対してさまざまな抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性でありながら活動に参加しはじめたナタンと恋に落ちる。しかしショーンのエイズの症状は次第に顕在化していき、ACT UP執行部に対して批判的な態度を取るように。そんな彼を献身的に介護するナタンだったが……。出演は「グランド・セントラル」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、「ブルーム・オブ・イエスタディ」のアデル・エネル。

作品データ

原題 120 battements par minute
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 143分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ ロバン・カンピヨ
出品
コンペティション部門
出品作品 ロバン・カンピヨ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全31件)
  • 90年代、HIV患者のために戦った若者達の姿をヴィヴィッドに描いた名作 全く内容を知らないままに本作を観た。そして驚かされた。かつて『パリ20区、僕たちのクラス』で脚本と編集を担当したロバン・カンピヨによる監督作なのだが、かつて自身がメンバーの一人だったというACT... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年3月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 愛と理解と訴えの鼓動 2017年度のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。 パルムドールの『ザ・スクエア』は独創的ではあるがシュール過ぎて自分には合わなかったが、訴えるメッセージ性などはこちらの方が良かったと思う。 1... ...続きを読む

    近大 近大さん  2019年1月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 観終わった後の余韻が凄まじい 個人的には2018年No.1の映画です。映画館で観終わっても席をなかなか立てませんでした。 HIV/エイズに対する活動を描いた映画なので、時折強い描写も見られますが、とても強い信念を持って作成さ... ...続きを読む

    じゃんじゃん じゃんじゃんさん  2019年1月8日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「BPM ビート・パー・ミニット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報