BPM ビート・パー・ミニット

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
BPM ビート・パー・ミニット
BPM ビート・パー・ミニット
19%
52%
24%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パリ20区、僕たちのクラス」などの脚本家ロバン・カンピヨが監督・脚本を手がけ、エイズ活動家団体ACT UPのメンバーだった自身の経験をもとに若者たちの恋と葛藤、人生の輝きを生き生きと描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した青春ドラマ。1990年代初頭のパリ。エイズの治療はまだ発展途上で誤った知識や偏見が横行する中、ACT UP Parisのメンバーたちはエイズ患者やHIV感染者への差別に対してさまざまな抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性でありながら活動に参加しはじめたナタンと恋に落ちる。しかしショーンのエイズの症状は次第に顕在化していき、ACT UP執行部に対して批判的な態度を取るように。そんな彼を献身的に介護するナタンだったが……。出演は「グランド・セントラル」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、「ブルーム・オブ・イエスタディ」のアデル・エネル。

2017年製作/143分/R15+/フランス
原題:120 battements par minute
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ ロバン・カンピヨ

出品

コンペティション部門
出品作品 ロバン・カンピヨ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.090年代、HIV患者のために戦った若者達の姿をヴィヴィッドに描いた名作

2018年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

全く内容を知らないままに本作を観た。そして驚かされた。かつて『パリ20区、僕たちのクラス』で脚本と編集を担当したロバン・カンピヨによる監督作なのだが、かつて自身がメンバーの一人だったというACT UP(HIV感染者への差別や不当な扱いに抗議する団体)のミーティングは、まるで『パリ20区』で見られた学生達のやりとりのようにヴィヴィッドでテンポよく、その洗練された作りに一気に飲み込まれる。時に白熱する議論と、政府や製薬会社への息詰まるプロテスト場面とを織り交ぜ、その活動の波間で病状が悪化して亡くなっていく仲間への追慕も描かれる。

90年代のパリでHIVがいかに受け止められ、それに対し人々がどう団結したのか、その風を感じられることもさることながら、メンバー一人一人の横顔が実に印象深くて忘れがたい。とりわけ主人公ショーンの、徐々にやせ衰えていく身体、彼の生き様と心情を体現した俳優の演技が見事だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0コロナ禍の今こそ見るべき・・・

kossyさん
2020年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 差別や偏見。1990年代と言えば、ようやくHIVの知識が浸透し始めた頃。まだ医療は確立されていなく、感染したら確実に死ぬと言われてたのを思い出す。差別というのもほとんどゲイに対するもので、他にも注射針を使いまわす薬物常用者、娼婦、囚人といった人たち。特に性的マイノリティのLGBTがターゲットだ。普通に男女間でも伝染るんだよ!と訴える彼らは、政府や製薬会社に抗議したり、高校に乗り込んでコンドームを配ったりする活動がメイン。アクトアゲインスト・エイズなら知ってたのに、恥ずかしながらアクトアップの団体は知らなかった。

 メインはショーンとナタンの恋物語になるのですが、彼らアクトアップの抗議活動の方に惹かれてしまいました。日本における新型コロナウイルス感染者数や医療現場の状況。さらにアビガン等特効薬の臨床データやワクチン開発状況など、国民には知らされてないことが多い。もっと声を上げなきゃ隠されたままになりそうで怖いのです。

 BPMって音楽用語じゃね?などと思っていたのですが、原題では120がついていて、心拍数を表すらしいです。途中の音楽も120bpmだったのかもしれませんが、それよりも拍手の代わりに指パッチンを鳴らすルールがあったので、その拍子が120bpmだったのだと勝手に勘違いしています。

 それにしても未知のウイルスの恐怖。これからも人類はウイルスと戦い続けなければならないのでしょう。今もなおHIV感染、エイズ患者は増えています。日本にも2万人以上の感染者がいます。90年代当時はネット環境も少なく、恐怖や不安は今以上だったことも想像できますが、情報時代だからこそデマにも注意して対策をしっかりとらねばと、なぜか映画の趣旨と違った感想を持ってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.01990年代初頭エイズ活動団体ACT UPパリの模様をドキュメンタリーをみている感じ

2019年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

享楽的なゲイパレードDJの話かと思ったのにポスターイメージとは程遠いズシンと重い内容。
活動内容は非暴力とはいえかなり過激
どんどん弱っていくし安楽死の最後といい唐突に終わるしきつかった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0「ACT UP Paris」

2019年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

1990年代の初め、エイズは怖がられており、行政や製薬会社の動きは鈍かった。
パリではエイズ患者を中心に「ACT UP Paris」が組織され、命がかかっている自分たちの思いを伝えようと、かなり過激な運動を繰り広げていた。
主人公は男性エイズ感染者、この運動に参加してきた非感染者の男と恋におちる。
当時の自分自身の心の内を見透かされたようなセリフが痛い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る