劇場公開日 2018年3月24日

  • 予告編を見る

BPM ビート・パー・ミニットのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全34件中、1~20件目を表示

4.090年代、HIV患者のために戦った若者達の姿をヴィヴィッドに描いた名作

2018年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

全く内容を知らないままに本作を観た。そして驚かされた。かつて『パリ20区、僕たちのクラス』で脚本と編集を担当したロバン・カンピヨによる監督作なのだが、かつて自身がメンバーの一人だったというACT UP(HIV感染者への差別や不当な扱いに抗議する団体)のミーティングは、まるで『パリ20区』で見られた学生達のやりとりのようにヴィヴィッドでテンポよく、その洗練された作りに一気に飲み込まれる。時に白熱する議論と、政府や製薬会社への息詰まるプロテスト場面とを織り交ぜ、その活動の波間で病状が悪化して亡くなっていく仲間への追慕も描かれる。

90年代のパリでHIVがいかに受け止められ、それに対し人々がどう団結したのか、その風を感じられることもさることながら、メンバー一人一人の横顔が実に印象深くて忘れがたい。とりわけ主人公ショーンの、徐々にやせ衰えていく身体、彼の生き様と心情を体現した俳優の演技が見事だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

4.01990年代初頭エイズ活動団体ACT UPパリの模様をドキュメンタリーをみている感じ

2019年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

享楽的なゲイパレードDJの話かと思ったのにポスターイメージとは程遠いズシンと重い内容。
活動内容は非暴力とはいえかなり過激
どんどん弱っていくし安楽死の最後といい唐突に終わるしきつかった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0「ACT UP Paris」

2019年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

1990年代の初め、エイズは怖がられており、行政や製薬会社の動きは鈍かった。
パリではエイズ患者を中心に「ACT UP Paris」が組織され、命がかかっている自分たちの思いを伝えようと、かなり過激な運動を繰り広げていた。
主人公は男性エイズ感染者、この運動に参加してきた非感染者の男と恋におちる。
当時の自分自身の心の内を見透かされたようなセリフが痛い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0屈しない人々

mimiさん
2019年3月30日
iPhoneアプリから投稿

フランスのエイズ患者支援団体ACT UPに所属する若者たちのはなし。すごく良かった。

BPMは、音楽のテンポを表したり、心拍数を表したりする用語。作品を通して常にいくらかのテンポのビートが刻まれていたとおもう。
クラブで踊り、社会に抗議し、愛する人とセックスをし、悲しみに体を震わせる。揺れる彼らの体と鼓動。

屈しない人々をみると、勇気付けられるな。
わたしは(多くの日本人は)なかなか普段抵抗したり、抗議したりできないから。見習いたいね…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mimi

3.0愛と理解と訴えの鼓動

近大さん
2019年1月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

2017年度のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。
パルムドールの『ザ・スクエア』は独創的ではあるがシュール過ぎて自分には合わなかったが、訴えるメッセージ性などはこちらの方が良かったと思う。

1990年代初頭のパリ。
実在する同性愛や反HIVの活動団体“ACT UP”。
社会の差別や偏見と闘った若者たち。

今も同性愛やHIVへの差別・偏見は根強く残っているが、だいぶ理解は深まっている。
しかし、90年代初頭はまだまだそうではなかった。
同性愛同士で性交すればHIVに感染、同性愛=HIV、HIV陽性者の近くに居るだけで感染するという誤解すらあった。
何もHIVは空気感染や肌に触れたって感染はしないし、男女同士で予防ナシに性交して感染する時は感染するというのに…。
社会の理解や医学の研究が進んでなかったとは言え、一体何故こんな誤解が植え付けられたのか。
同性愛やHIVへの差別・偏見は、社会の問題を殊更浮き彫りにする。

同性愛に自由を。
HIVの正しき理解と予防を。
“ACT UP”の活動内容は社会への訴え。
時には過激な行動も辞さない。
作り物の血を投げ付ける。デモは頻繁に。治療薬の提供を渋る製薬会社に乗り込む。…
団体内でも常に白熱した議論が繰り広げられる。
法を犯した行動もあったかもしれない。
が、何かアクションを起こさないと、社会は関心すら持たない。
意識改革へのきっかけにもならない。

監督のロバン・カンピヨは実際にACT UPの一員だった事もあり、実体験を基に、当時の熱気や若者たちの姿をリアルに臨場感たっぷりに描写。
その演出力やキャストの熱演はとても劇映画とは思えず、まるでドキュメンタリーを見ているようだ。

テーマやメッセージは社会派だが、主軸は繊細な愛の物語。
新加入の青年と、カリスマ性溢れる団体の中心人物。
二人の出会い。
惹かれ合う。
ラブシーンは激しく、生々しくもある。
が、次第にHIVの症状が悪化していき…。

HIVによって愛する大切な人を失う悲しみの物語でもある。
生きたくても、生きられない。
だから、万一手遅れになる前に、そうならない為にも、知ってほしい。
理解を。
自由を。
愛を。
切実な訴えを。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

5.0観終わった後の余韻が凄まじい

2019年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

難しい

個人的には2018年No.1の映画です。映画館で観終わっても席をなかなか立てませんでした。
HIV/エイズに対する活動を描いた映画なので、時折強い描写も見られますが、とても強い信念を持って作成された映画だと感じました。
ナタンとショーンの関係が中心で描かれていますが、この映画の醍醐味はACT UPの活動だと思っています。彼らの過激にも映る活動の背景にある根強い偏見と無知。
テーマ的に見るのをためらわれる方がいらっしゃるかと思いますが、彼らの活動の背景にあるものは、20年以上たった今でも大きく変化していないことを私たちに教えてくれます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
じゃんじゃん

4.0指鳴らせないけど賛成。拍手じゃダメ?

だいずさん
2018年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

3.0起源はサルを食べたチンパンジー⁇

snowballさん
2018年6月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1度で感染する人もいれば
感染しない人もいる

快楽の代償はデカイですね

デモ行進の時
車に書いてあったスローガン⁇

無知は敵
知識は武器
だったかな

なんか
納得しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
snowball

5.0予想を超えた感動

2018年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

HIV感染が広まる90年代のフランスで実際に存在した当事者団体「ACTUp Paris」を舞台に、活動家たちの絆や愛を、虚実を交えて綴った作品。
いきなり彼らの定時ミーティングの場面から、ドキュメントか?と思わせる導入。ついで過激になる活動の様子が活写され、徐々に物語の主役が浮かび上がる。政治や製薬メーカーに対するギリギリな手法の活動や陽性会員たちの焦り、主人公の恋愛模様と死の影…。
折々にインサートされるクラブで踊る主人公たち、ストロボとハウスビートで彩られるシーンが、物語の進行と共に享楽的だったり、活動への怪気炎だったり、性愛や孤独を写す鏡になったりするのが印象的。素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムビタイ

3.0何故HIVが伝染ってしまうのか説得力がある

Zitaさん
2018年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

同性愛のベッドシーンが丁寧に描かれていて、病気や差別があるから、尚更リスキーなセックスで純粋に癒しあおうとすることが感覚的に理解できました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Zita

4.5不治の病ではなくなったHIV。

peanutsさん
2018年4月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

歴史。それもつい最近な事実。
ついこのあいだまでHIVが死の病につながっていたんだと。今は治療薬も開発されて死の病ではなくなったのはこういった活動があっての今なんだとつくづく思う。
病気にかかるのは自分達の責任といって見放すのは簡単だけど死の恐怖は強烈です。マイノリティーの現実を万人に知ってもらうことは必要なんだと。
この時代に戦った人々はすごい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

5.0素晴らしい作品

kaiseiさん
2018年4月6日
iPhoneアプリから投稿

とにかく観てください。
まだ観ていない人にそう伝えたいです。
特に若い人、LGBTの人に観て欲しい。
二十数年前の世界はこれが現実だったんです。
運動によって社会が変わってきた、
そのことを是非、実感して欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kaisei

2.5最後はロマンポルノ

2018年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ

3.5あまりにも重すぎる真実

foxheadsさん
2018年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

まだHIV感染者や同性愛者への理解が薄かった、というよりもあからさまな差別が蔓延していた1990年代のフランスで、行動し、闘った団体「ACT UP」の活動を軸に、当事者の若者たちの情熱と葛藤、そして...を描く。美しい愛情の物語であり、生の躍動に溢れた部分もあるが、真実はあまりにも重くて残酷。当事者では無いので完全な理解は出来ないが、現代の方がまだマシってもんなんだろうなあ、と思った。ACT UP当事者だった人物が監督を務めただけあって、当事者の置かれた絶望的な状況は、あまりにもリアルで胸に突き刺さった。コレを青春映画と呼べるのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
foxheads

4.5「沈黙は死、行動は命」

2018年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
天秤座ルネッサンス

4.0リアルな世界

ma_jpさん
2018年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

LGBT、エイズ。考えさせられることはたくさん。ストーリーは複雑ではなかったので観やすい◎フランス映画だなーってしみじみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ma_jp

3.090年代に多く作られたHIVを題材にした映画を思い出す作品。 だん...

uzumotiさん
2018年4月1日
iPhoneアプリから投稿

90年代に多く作られたHIVを題材にした映画を思い出す作品。
だんだん病状が進行していくメンバーの姿と、国や製薬会社の行動の遅さがリアル。
Hなシーン多いが、リアルでエロさはないw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
uzumoti

3.0意外に普通だった

SHさん
2018年3月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

つくりが予想外に普通で、それでいて結構長い尺だったので、退屈な印象を持ってしまった。
内容はかなりシリアスで、分かりやすくリアルで丁寧なものだったけれども、なかなか彼らのことを本当に理解しきれない気持ちからなのか、作品に入り込むことができず、集中してみることができなかったというのが正直なところ。
残念ながら、独りよがりなトラジディーとしか思えない作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
SH

3.5我々が知ること。

2018年3月29日
iPhoneアプリから投稿

頭の中で整理がつかない、いろんな立場で考えることができた映画でした。
140分間、一度も飽きることなく、苦しいテーマを突きつけられ、考えさせられました。
評価が極端に二分するのも理解できます。
行動に移すといっても、あのやり方は…って私も思いますし。

全然オーバーに表現していないからこそ、賛否両論の意見を聞くことができる映画なのかなと思いました。
きっと製作者側も、この映画で万人からの大絶賛を得ようとは考えていないはず。
大切なことは知ること。
世の無関心に一石を投じる作品としては、物の見事だったと思います。

同じ列で鑑賞していた男性が、ひとり泣いていたんですよ。
驚きました。
そういうことが身の回りであったのかなって勝手に想像したら、これは決してどこか遠くにある話ではないって思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハクタカ

4.0行動すること

ミカさん
2018年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

HIVはゲイやジャンキー、セックスワーカーがかかる病気、いわゆる変態や底辺特有の病気であり自業自得である。当時の政府や企業はそう思っていたに違いない。

彼らは病気と差別、二重の苦しみと闘った。そして同じ病に苦しむ大勢の人の分も闘った。過激なやり方とか、そんなこと言うなんて全くのナンセンス。だって、そんなこと今の世界を見たら分かることだよね?ショーン。

彼らが人間として素晴らしいのは、自分達が叩かれることを承知の上で、矢面に立ち他のHIV患者の分も闘ったこと。行動しない人間は、無責任に何でも言える。だけど、人を助ける事は絶対に出来ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ
「BPM ビート・パー・ミニット」の作品トップへ