「パラノーマル・アクティビティ」続編にブライアン・デ・パルマ監督?

2010年2月26日 18:21

巨匠デ・パルマがメガホンをとる可能性は?
巨匠デ・パルマがメガホンをとる可能性は?

[映画.com ニュース] 製作費135万円と超低予算ながら、全世界で1億5000万ドル(約136億円)以上の興行収入を記録したホラー映画「パラノーマル・アクティビティ」。その続編の監督の座が空席になったままだが、配給するパラマウントが監督候補に挙げている3名のなかに、巨匠ブライアン・デ・パルマ監督(「ブラック・ダリア」「ミッション:インポッシブル」)の名前があることが分かった。

そもそも監督不在の理由は、パラマウントがライバル関係にある「ソウ」シリーズの編集マンで、「ソウ6」で監督デビューを果たしたケビン・グルタートを「パラノーマル」続編の監督として引き抜いたものの、「ソウ」を配給するライオンズゲートが契約を盾にグルタートを連れ戻してしまったことにある。

続編(および「ソウ7」)の公開日はすでに今年の10月22日に決定しており、パラマウントとしては早急に監督を探す必要があるが、米ロサンゼルス・タイムズ紙のスクープによれば、その候補にデ・パルマと、ブラッド・アンダーソン(「マシニスト」「セッション9」)、グレッグ・マクリーン(「ウルフクリーク/猟奇殺人谷」)の3人が挙がっているという。

オーストラリア出身のマクリーン監督の「ウルフクリーク」は、やはり低予算で製作されたサイコホラーで、オーストラリアとアメリカで大ヒットしたことで注目を集めた。キャリアの面では彼がオリジナルのオーレン・ペリ監督に最も近い存在だが、はたして誰に決まるのか、面白い展開になってきた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com