マシニスト

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
マシニスト
マシニスト
6%
44%
45%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1年間不眠状態にある機械工の男が巻き込まれていく不可解な事件を描いたスリラー。監督は「セッション9」のブラッド・アンダーソン。脚本は「テキサス・チェーンソー」のスコット・コーサー。撮影は「10億分の1の男」のシャヴィ・ヒメネス。音楽は「サロメ」のロケ・バニョス。美術は『スカートの奥で』(V)のアラン・ベイネ。編集は『ヴィンセント・ギャロ/ストランデッド』(V)のルイス・デ・ラ・マドリード。出演は「サラマンダー」のクリスチャン・ベイル、「イン・ザ・カット」のジェニファー・ジェイソン・リー、「ぼくは怖くない」のアイタナ・サンチェス=ギヨン、「クライム・アンド・パニッシュメント」のマイケル・アイアンサイド、「カレンダー・ガールズ」のジョン・シャリアンほか。2004年ニューシャテル国際ファンタスティック映画祭最優秀作品賞主要2部門受賞。

2004年製作/102分/スペイン・アメリカ合作
原題:Machinist
配給:東芝エンタテインメント

ストーリー

工場で機械工として働くトレヴァー(クリスチャン・ベイル)は、原因不明の極度の不眠症ですでに365日眠っていない。体も生ける屍のように痩せ細っている彼は、ある日、アイヴァン(ジョン・シャリアン)という大男と出会う。その日から奇妙な事件が次々と起こり、工場ではアイヴァンに気を取られたトレヴァーの不注意で、同僚のミラー(マイケル・アイアンサイド)が片腕を失ってしまう。そして今度はトレヴァーが作業中に腕を切断しそうになる。しかも同僚たちは誰もアイヴァンの存在を認識していない。トレヴァーはお気に入りの場所である空港のカフェの優しいウェイトレス、マリア(アイタナ・サンチェス=ギヨン)と、彼女の息子と共に遊園地に行くが、そこでも少年が持病の癲癇で倒れる奇妙な事故が起こった。やがてミラーの事故がきっかけで同僚たちとの折り合いが悪くなっていたトレヴァーは、工場をクビになる。彼は自分を陥れる陰謀を感じた。そして謎の男アイヴァンを再び見かける。トレヴァーはアイヴァンの乗っていた赤い車のナンバープレートを突き止めるが、なんとその車の登録はトレヴァーだった。混乱した彼は親しい娼婦スティーヴィー(ジェニファー・ジェイソン・リー)の部屋を訪ねるが、ベッドの横に、アイヴァンとミラーが一緒に写っている写真を発見する。スティーヴィーは、その写真はトレヴァーが置いていったものだと言う。衝撃を受けたトレヴァーはついにアイヴァンを捕まえて殺害するが、アイヴァンの姿は消えない。実はトレヴァーは、マリアの息子をひき逃げして殺害しており、その罪の意識が不眠症と幻覚を引き起こしていたのだ。そしてトレヴァーは警察に自首することで、ようやく眠りにつけるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • インサイダーズ 内部者たち
  • オールド・ボーイ(2003)
  • 哭声 コクソン
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ブリムストーン
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • ハロウィンII
  • インサイド
  • アンチクライスト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)CASTELAO PRODUCTIONS,S.L.2004

映画レビュー

2.5最大のサプライズはクリスチャンベイル

2020年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

公開当時から存在は知ってたけど、
入って来る情報はクリスチャンベイルの激痩せのみ。
なので、それ以上のサプライズはないのだろうなと
思って観たけど、その通りだった。

一年眠れず激痩せした男。だけど居眠りはしてる模様。
クリスチャンベイルが上手すぎるからか、
最終から狂ってるので、主人公の全てが怪しい。
一つも信用ならない。
なので疑って観るから、コイツ何かやってるなと、
幻覚を見てるからどこが現実でどこが空想なのかと観る。

結果クリスチャンベイルの激痩せ以上のサプライズは
なかった。

_i__erからミラーはちょっと無理があると言うか、
キラーだろ!と誰もが突っ込んだと思う。
あのイラストも。それにしか見えなかった。

ただクリスチャンベイルの俳優魂と言うのか、
命を掛けて一つの作品に挑むって、
まさにこう言う事を言うんだなと畏怖すら感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.5罪悪感から生まれる理想の妄想

shinさん
2020年10月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin

4.0クリスチャン・ベールの減量との戦い

kossyさん
2020年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ダイエットに失敗ばかりしている人、不眠症の人にオススメ!?人間の最長不眠記録は11日なのに、この男は365日眠っていないのだ!と言っても、かなり居眠りしていたようけど。

 この映画は工場で働いたことのある者にとっては、かなり恐怖感を与えてくれる。個人的に、学生時代に工場でのバイト経験を2箇所でしているが、自動車部品工場では、朝礼にて腕を切断してしまった人の話を例に挙げて注意を促す訓辞を聞いたため、1日で辞めてしまったという経歴を持つ(恥)。そして社会人になってからも、印刷工場で指が無い人を何人も見た。とにかく、単調な作業には必ずやってくる眠気と注意不足。これを実写化する映画というのも珍しい。

 減量63ポンドのクリスチャン・ベイルが『インソムニア』よりもリアルな不眠症を演ずるところが一番の見所だが、この映画の後に『バットマン ビギンズ』に出演するというのだから、彼には真の役者魂を感じてしまう。これに対抗するのはレニー・ゼルウィガーだろうか。その他の出演者では、腕を切断してしまうミラーを演ずるマイケル・アイアンサイドがいい。

 ストーリーは、不思議な貼り紙に悩まされ、同僚の片腕を切断するという事故にも責任を感ずる主人公。新人アイバンという男を誰も知らないことから、自力で調査もしてみるがうまくいかない。娼婦スティービーとは常連客なのだが腹を割って相談できる間柄で、空港内ダイナーのマリアとも良好な関係。そしてアイバンの正体を突き止めるためにとった大胆な行動・・・終わってみると、似てる映画を探すことで議論が盛り上がりそうな内容となっています。

 この映画で素晴らしいと感じたのは、ルート666というライドショーでの分岐点「天国」と「地獄」に対比させて、ハイウェイ出口の案内標識「エアポート」か「市街地」かを選択する場面です。その他にも、ブルーがかった映像や、敢えて眠くなりそうな音楽を使用していることが挙げられます(テルミンという変わった楽器を使っているらしい)。そして舞台はロサンゼルスなのに、ロケ地はバルセロナ。この大胆な監督に、これからも注目です。

【2005年3月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0who are you

SF好きさん
2020年9月12日
iPhoneアプリから投稿

罪の意識から精神を病んでしまった男の話
時間の経過とともに追い詰められ、精神が壊れていく様がリアル
冒頭の"who are you"という謎が徐々に明らかにされていく
まとまりはよいが目新しさは少なくもう一度見ようとはならない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SF好き
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マシニスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。