ブラック・ダリア

劇場公開日

ブラック・ダリア
2%
13%
51%
27%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジェームズ・エルロイによる“暗黒のLA4部作”の第1作を「アンタッチャブル」「殺しのドレス」のブライアン・デ・パルマが映画化。1947年、ロサンゼルス郊外の空き地で身体の腰から下が切断されている黒づくめの女性の死体が見つかる。後に「ブラック・ダリア事件」と呼ばれたこの事件に2人の刑事が取り憑かれていく……。

2006年製作/121分/アメリカ
原題:The Black Dahlia
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:AFLO

映画レビュー

3.0ヒラリー・スワンク似てます??

2020年2月12日
PCから投稿

今作は署内でミスター・ファイア、ミスター・アイスと呼ばれるほどの名刑事コンビで親友でもあったリーとバッキーが「ブラック・ダリア事件」に関わったことによって、翻弄され、次第に中毒かのように事件に執着していくことで、周りも巻き込んでいくというサスペンス・ノワール。

もともと担当していた事件をほったらかしにして。「ブラック・ダリア事件」にのめり込み過ぎているリーに不信感を抱いていくバッキーだが、自分も知らないうちにブラック・ダリアの影が付きまとうようになってしまうという、心情の変化を語らずにカメラワークや演出で自然にみせていくという手法は、正に天才デ・パルマと言うべきだろう。

「ブラック・ダリア事件」自体が未解決事件であるため、真実に向かうことよりも周りのドラマ性を強調した作風であるとは思っていたが、今作では「ブラック・ダリア事件」については決着をつけている。
伏線の張り方も実に巧妙であり、中でもクラシック映画好きであれば、数々の映画の引用の仕方に思わず息をのむであろう。

ブライアン・デ・パルマの芸術的カメラワークや手法によって、アートのようなシーンの数々が印象を残す作品であるが、ケイを演じるスカーレット・ヨハンソンの存在はこの映画で欠かすことができない。スカーレットのもつクラシカルな雰囲気は今作の1940年代という時代背景や世界観にしっかりと溶け込んでおり、どのシーンも印象深いものとしている。

ただ、劇中でヒラリー・スワンク演じるマデリンは、「ブラック・ダリア」ことエリザベス・ショートに似ているとされているが…衣装が黒いことぐらいしか、似ていないと思うのは私だけだろうか…当時からそこがどうしても引っかかっていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バフィー

1.5『LAコンフィデンシャル』があの素晴らしい出来なら、これはさらにいい

なおさん
2019年6月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ということはまったくなく、逆に『LAコンフィデンシャル』がどれだけ傑作だったか(特に脚色の素晴らしさ)を再認識するための映画だった。原作すら『LA…』の方が良かったような気がしてくる。
ヒラリーとスカはキャスティング逆に思えて仕方がない。男性陣はほとんど印象に残らず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.0あんたのはボクシングじゃないわよ!鼻折ってあげましょか?!

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 などと自分のボクサーとしての苦労話をぶつけるわけでもなく、愛欲に溺れてしまったかのようなヒラリー・スワンクでしたが、この妖しい彼女も魅力的でした。もちろんスカーレット・ヨハンソンの唇は健在。時代が戦争直後の雰囲気をだすために口紅の色がどぎつかったために、『マッチポイント』ほど彼女の魅力を引き出してはいませんでした。そのスカJの背中にBDというイニシャルが痛々しく刻まれていたのですが、これは出所間近のレイプ魔のイニシャルではなくブライアン・デ・パルマのモノだったのか、それともタイトルのブラック・ダリアを意味しているのかよくわかりませんでした。まさか少年探偵団のイニシャルではないだろうし・・・

 なぜかハードボイルド風にジョシュ・ハートネットの語りによって進む映画でしたが、彼にはあまり似合ってなかったのではないでしょうか。デ・パルマ・カットと呼ばれる細かく刻んだカット割りの部分は所々で見せてくれるのですが、スローモーションや長回しがありません。最初の死体発見のシークエンスだけはスリリングでしたけど、こうしたグロくてショッキングな映像を瞬時に見せるところなんてなかなか良かっただけに、この古臭いハードボイルドの雰囲気にノレませんでした。

 それにしても、犯罪者側の登場人物が多すぎるし、彼らの接点も多すぎる。終盤になって意外な接点やどんでん返しが次から次へと出てくるためにスリルを感じる前に混乱してしまうのです。真相を知らないのはハートネットと観客だけなんだから、もう少し上手く見せてほしいところ。一人称で進むのはしょうがないとしても、ハートネットの捜査に軽率な単独行動が多すぎます。簡単に後ろからやられちゃうんだから、小屋を発見したときなんてヒヤヒヤものでした。せっかく『ハリウッド的殺人事件』でハリソン・フォードから教わったのに・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0ザ・シネマ/もう一度観た方がより物語がわかるだろうけど……

2018年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ザ・シネマ/もう一度観た方がより物語がわかるだろうけど……

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
メドローア
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブラック・ダリア」以外にこんな作品をCheck-inしています。