見てるだけで食欲減退…映画史に残る不快な食のシーン10を発表

2009年8月14日 12:00

そんなになるまで食べなくても… 「モンティ・パイソン/人生狂騒曲」
そんなになるまで食べなくても… 「モンティ・パイソン/人生狂騒曲」

[映画.com ニュース] 米映画サイトMoviefoneが、映画史に残る不快な食のシーン、トップ10を発表した。同サイトでは、メリル・ストリープが実在の料理研究家ジュリア・チャイルドに扮する新作「ジュリー&ジュリア(原題)」(ノラ・エフロン監督)の公開を記念して、美味しそうな食の名シーン13もあわせて紹介しているが、こちらはあくまでも好き者向けのリスト。

なお、このリストに挙げられたシーンは不快と言ってもコメディタッチのものが多いが、同サイトの編集部は、カニバリズムその他のより凄惨な食のシーンはまた別に特集するとわざわざことわっている。

トップ10は以下の通り(順不同)。

▽「スタンド・バイ・ミー」(86)/パイ食いコンテストのシーン
▽「暴力脱獄」(67)/フロリダの刑務所内で、ルーク・ジャクソン(ポール・ニューマン)が50個のゆで卵を食べるシーン
▽「アメリカン・パイ」(99)/ジェイソン・ビッグスが焼きたてのパイを相手にマスターベーションをするシーン
▽「ファニー・ファーム/勝手にユートピア」(88)/チェビー・チェイスがそれと知らずに羊の睾丸を食べるシーン
▽「モンティ・パイソン/人生狂騒曲」(83)/フランス料理店で、超肥満体のクレオソート氏が吐きまくった末に爆発するシーン
▽「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」(84)/猿の脳みそを食べるシーン
▽「ロード・トリップ」(00)/ダイナーで、出されたフレンチトーストをパウダーシュガーなしでと突っ返したカイル(DJクオールズ)に対して、ウェイターが自身の下半身を駆使してシュガーを取り除いて出すシーン
▽「アニマルハウス」(78)/大学のカフェテリアで、ジョン・ベルーシがげっぷをしながら大量の食べ物を摂取していくシーン
▽「スペースボール」(87)/ピザ・ザ・ハット
▽「オールド・ボーイ」(04)/オ・デス(チェ・ミンシク)が生きたタコを丸ごと食べるシーン

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com