インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

スティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス原案&製作総指揮、ハリソン・フォード主演によるアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」のシリーズ第2作。前作より1年前の1935年。上海のナイトクラブでマフィアとトラブルになったインディは、クラブの歌姫ウィリーと現地の少年ショーティを連れて逃亡するが、飛行機が墜落しインドの山奥に不時着してしまう。寂れた村に辿り着いた彼らは、この村の子どもたちが邪教集団にさらわれ、村の秘宝「サンカラストーン」も奪われたことを知る。奪還を依頼されたインディたちは、邪教集団の根城であるパンコット宮殿へと向かう。第57回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。

1984年製作/118分/アメリカ
原題:Indiana Jones and the Temple of Doom
配給:CIC
劇場公開日:1984年7月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第8回 日本アカデミー賞(1985年)

ノミネート

外国作品賞  

第57回 アカデミー賞(1985年)

受賞

視覚効果賞  

ノミネート

作曲賞 ジョン・ウィリアムズ
詳細情報を表示

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

TM & (C) 1984, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5ナンセンス極まりないが、サービス精神も半端ない。

2023年5月31日
PCから投稿

オモシロを求めるあまりオモシロって何なのかを見失ったかのような狂気の暴走を感じる。冒頭のミュージカルシーンからやたらと気合が入っていて、整合性とかを気にすることなく突っ走る意思が感じられる。その後のストーリー展開のナンセンスっぷり、説得力のなさったらないのだが、それでも観客になにかすごいものを提供しようという気持ちだけは感じられるので、冗長さも不思議と許せてしまう。だからといってこれがオモシロいかというと、個人的には呆れる気持ちの方がずっと強いのだが、それでも1シーン、1シーンにこめられた過剰さに魅入られてしまう。作り手も観客も、悪魔にそそのかされて不思議な夢を見ているような作品だと思う。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
村山章

2.0ちと古いかなw

2023年12月31日
PCから投稿

久々に見たがそれなりにおもしろい。今見たら古臭いw

コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

4.0映像の疾走感がもの凄い!!なんと助手の少年がキー・ホイ・クァンだった!!

2023年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「エブエブ」の軽妙な演技でアカデミー賞助演男優賞を受賞した
キー・ホイ・クァンがなんと主役の1人の少年でした。
それだけで少し得した気がして嬉しくなった。
古い映画は発見があります。
きっと天才子役だったんでしょうね。

「魔宮の伝説」は台詞を聞くより、ともかく映像の迫力とスピード感が
物凄い。
ずっと画面を何かが動いている。
飛び出す子供たち。
トンネルを進むトロッコ。
休む間なしのアクションの連続。

壮絶極めるのはインド奥地の村で壮大な力を持つ、
邪悪な宗教を主宰するモラ・ラム。
彼は村の子供たちを奴隷にして監禁している。
モラ・ラム一味に吊り橋に追い込まれたインディは、
吊り橋の縄を剣で切断、宙吊りになりながら
モラ・ラムと戦う。
モラ・ラムが遂に崖下へ落下して鰐の餌食になるところに喝采。
アカデミー賞視覚効果賞を受賞している。
ヒロインのケイト・キャプショーは「叫ぶ金髪」と呼ばれたり
インディに平手打ちされたり散々だったが、
スピルバーグとこの映画をきっかけに結婚して32年。
スピルバーグにとっても何よりの収穫となった。

それにしてもインド奥地の宮殿で出される料理の数々。
「吐きそう」と言っていたウイリー(ケイト・キャプショー)。
デザートに猿の頭を乗せた皿が出てきて、皮を剥がして
「脳みそ」を食べるシーンで遂に失神。
かなり映像はインパクトあります。
賛否両論あったそうです。
割とダークでマニアックな映画でした。

コメントする 2件)
共感した! 13件)
琥珀糖

1.0幼稚な凡作。

2023年9月10日
iPhoneアプリから投稿

スピルバーグ、今にも至る作品群で最下位はこの頃。
稚拙な凡作を撮っていた時期がある。
その頃の悪印象が今も残る。
だから巨匠と称するには抵抗あり。
良し悪しの差の大きい多作の職人監督、
ジョーズやミュンヘンなど何本かの名作は撮った、
ぐらいが適当だろう。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
きねまっきい

他のユーザーは「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」以外にこんな作品をCheck-inしています。