オールド・ボーイ

劇場公開日:

オールド・ボーイ

解説

土屋ガロンと嶺岸信明による日本の漫画を韓国のパク・チャヌク監督が映画化し、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した「オールド・ボーイ」(2003)を、スパイク・リー監督&ジョシュ・ブローリン主演で新たにハリウッドで映画化した復讐サスペンス。酒に酔ったある夜、突然拉致され、テレビだけが置かれた部屋に閉じ込められたジョー・ドーセット。理由もわからぬまま20年に及ぶ監禁生活を強いられたジョーは、ある日突然解放されるが、外界に出ると妻殺しの汚名を着せられていた。自分を陥れた犯人を見つけ出し、復讐を誓うジョーだったが、そんな彼の前に冷酷非道な男が現れる。

2013年製作/103分/R15+/アメリカ
原題:Oldboy
配給:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013 OB PRODUCTIONS,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

2.5悪くない

2022年10月9日
スマートフォンから投稿

原作未読の今作初視聴。
前半は続きが気になる展開で楽しめました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aaaaaaaa

3.5酷い

2021年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ほんとに酷い話だ。

最初から最後まで、いい話も悪い話もあって、アクションもありなかなかいいじゃん!と思っていたら最後の展開で血の気が引いた。

エリザベス・オルセン演じる女性ただ1人がいい人過ぎて。
ただそれも全部犯人の掌の上の出来事なのかと思うと、めちゃくちゃ気分が悪くなった。

クズが20年間監禁されて、せっかく更生して真人間に戻ったのに、どいつもこいつも復讐の虜になっちゃって、皆で大事なものを壊し合うという話。

誰も救われないよなぁ。

犯人も自害、ジョーは自分を責めてまた監禁生活。
娘は愛する人が失踪。

ただ、フラグ回収のやり方と、アクションシーンはめちゃくちゃ見応えがあったので、そこだけは評価。

中盤は面白かったんだけど、序盤終盤がだいぶ酷い展開だったなー。

また見たいとは思わん。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
桜

4.0久々に好きな映画だった

2021年5月23日
PCから投稿

久々に好きな映画を見たなと感じた。
正直、カメラワークも「からこれ」も全部良かった。
小物や傘、支配人、餃子、至るところに「表現」が感じられた作品だった。

そして強い。アクションがスタイリッシュでよい
美しい。うわ、胸デカイと思ってしまった。

最後の展開も読めなかったし、個人的には好きな雰囲気の作品だなと感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
asa89

4.0スパイク・リー監督版「OLD BOY」が1番面白かった

2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿

土屋ガロン=故 狩撫麻礼先生原作の漫画「オールド・ボーイ」は監禁期間10年。
2003年カンヌ映画祭で確か、タランティーノ審査委員長が推してグランプリを受賞した韓国版映画「オールド・ボーイ」は監禁期間15年。
今朝観たスパイク・リー監督がリメイクした2013年ハリウッド版映画「OLD・BOY」は監禁期間20年と違っててラストのオチもそれぞれ異なりますが3つとも凄く面白い。
リズミカルな演出とリアルを追求するスパイク・リー監督版があることを全然気付かなかった😐非常事態宣言で遠出出来ない大型連休のスタートとしては決して悪くない朝でした😎満腹になるよ🤓

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あさちゃん
すべての映画レビューを見る(全53件)

他のユーザーは「オールド・ボーイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。