ちひろさん

劇場公開日:

ちひろさん

解説

「愛がなんだ」の今泉力哉監督が有村架純を主演に迎え、安田弘之の同名コミックを実写映画化。

海辺の小さな街にあるお弁当屋さんで働く女性・ちひろ。元風俗嬢であることを隠さず軽やかに生きる彼女は、自分のことを色目で見る男たちも、ホームレスのおじいさんも、子どもも動物も、誰に対しても分け隔てなく接する。そんなちひろの言葉や行動が、母の帰りをひとり待つ小学生、本音を言えない女子高生、父との確執を抱える青年など、それぞれ事情を抱える人たちの生き方に影響を与えていく。ちひろ自身も幼少時の家族との関係から孤独を抱えて生きてきたが、さまざまな出会いを通して少しずつ変わり始める。

共演は「都会のトム&ソーヤ」の豊嶋花、「街の上で」の若葉竜也、「万引き家族」のリリー・フランキー。ロックバンド「くるり」の岸田繁が音楽を手がけた。Netflixで2022年2月23日から配信。一部劇場で同日公開。

2023年製作/131分/PG12/日本
配給:アスミック・エース
劇場公開日:2023年2月23日

その他の公開日:2023年2月23日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

監督
原作
安田弘之
脚本
澤井香織
今泉力哉
エグゼクティブプロデューサー
岡野真紀子
佐藤菜穂美
豊島雅郎
プロデューサー
山野晃
中里友樹
スーパーバイジングプロデューサー
山田雅子
ラインプロデューサー
三好保洋
撮影
岩永洋
照明
谷本幸治
録音
根本飛鳥
美術
井上心平
装飾
遠藤善人
スタイリスト
伊賀大介
衣装
江口久美子
ヘアメイク
田中マリ子
ヘアメイク(有村架純)
宮内三千代
リレコーディングミキサー
浜田洋輔
音響効果
勝亦さくら
カラリスト
石山将弘
編集
佐藤崇
音楽
岸田繁
主題歌
くるり
助監督
高土浩二
VFXプロデューサー
前川英章
音楽プロデューサー
安井輝
スクリプター
河野ひでみ
キャスティング
細川久美子
フードスタイリスト
飯島奈美
制作担当
多賀典彬
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2023 Asmik Ace, Inc. (C)安田弘之(秋田書店)2014

映画レビュー

4.0属性から解放される時

2023年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

聖なる娼婦というモチーフは現代においては批判にさらされやすい。本作もややそういう傾向のものとして受け止められている面があるようだが、実際、風俗業に携わる人も、そんなに特別な人たちではない。見下すのも神聖視するのも、どちらも普通から除外するという点で差別的である。
しかし、風俗のような職業が、人間の様々な面を観る機会が多いというのも事実で、そういう意味では人生経験が豊富になるし、観察眼も冴える。この映画の主人公、ちひろさんのもとには生きづらさを抱えた人たちが老若男女問わず慕ってくるが、それはどちらかというと彼女の経験の豊かさゆえだろう。過剰に神聖視は必要ないが、彼女の経験値を否定する必要もまたない。
人は人間関係を築く時、しばしば「属性」に頼ってしまう。ちひろさんは誰にも属性を尋ねない、今目の前にいるその人とそのまま接するのだ。その属性からの自由になる感じに、人は惹かれていくのではないか。親の前では子どもでいなくてはいけないし、学校では生徒でなくてはいけないし、職場では労働者という属性として振る舞らねばならない、しかし、ちひろさんの前では、何者でなくても構わない。属性に疲れた人にはそれが心地いいのだ。この映画を見ている間は、観客も何か属性から解放されたような気分になれるはずだ。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
杉本穂高

3.0有村架純の自然な魅力

2024年6月23日
スマートフォンから投稿

有村架純の自然体なようで、どこかベールに包まれているような、秘めた憂いみたいなオーラが役にマッチしていた。

これ良いねって言ったら、それ良いねって言ってくれて、それだけで良かった。

この言葉に「ちひろさん」の世界観が凝縮されている感じがしました。
部屋の殺伐としてカーテンも揃っていない感じ、汚れて擦り切れた靴、愛に乏しく育つと自己肯定感が低く自分を大切に出来ない傾向にある。
昔、ちひろさんにかけて貰った言葉が温かく心に残っているのだろうと思う。職業や身なりへの偏見なく、人の心根を感じて接することへ繋がっているのかと感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
wataridori76

3.0ちひろさんを埋める人が現れて欲しい

2024年6月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
movie mamma

4.5人に魅せられて、心と心が触れる時・・・

2024年6月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

萌える

ホラーやアクションみたいな、画面の派手な映画が好きな自分ですが、たまにこういう作品が無性に見たくなる。

元風俗嬢が港町のお弁当屋で働く話。そこに住んでいる人達との触れ合いを描く。
とにかく、主役の有村架純さんが良い!明るくて、可愛くて、セクシーで、ホンッと魅力的な女性を見せてくれます。

浮浪者に弁当を与え、お風呂までいれてあげる。
目の不自由な入院患者の女性を頻繁に見舞う。
母親が働きずめで、寂しい想いをしている小学生の相手をし、家族に息苦しさを感じるストーカー女子学生も温かく見守る。
風俗店の元店長や、同業者?の女友達、隠れ家で漫画に読みふける女子学生等、交際範囲も広いのに、どこか淋しさが漂う。
弟からの電話にはなかなか出ず、母親の葬儀にも立ち会わない。

どの登場人物も、こうじゃないかなって推測は出来るが、直接的な表現は示されない。この中途半端さもこの作品の魅力かもしれない。
それでいて、心の奥をズッシーンと突いてくる場面の数々・・・

鍵を失くして閉め出された小学生におにぎりを作っている女子学生。おそらく初めてであろうと思われる反抗。おにぎりを食べていたところに帰ってくる母親。招かれた家の中で
焼きそばをご馳走されるが、泣き出してしまう女子学生。
何故だろう?オヤジももらい泣きしちゃいました。

全編に何とも言えない雰囲気が漂う、心暖まる優しさに溢れた一本でした。

余談ですが、この作品を見てたら、なんか見た風景だなって懐かしさを感じました。まぁ、似たような港町なんて、よくあるもんだよなって思ってたんですが、エンドロールを見てビックリ。ロケ地が故郷の港町でした。
どおりで見覚えがあったわけだ・・・

コメントする 1件)
共感した! 7件)
ratien
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る