恋は光

劇場公開日:

解説

集英社「ウルトラジャンプ」で連載された秋★枝の同名コミックを、「彼女が好きなものは」の神尾楓珠主演で実写映画化。「恋をしている女性が光って見える」という特異体質の大学生・西条は、自身は恋愛とは無縁の学生生活を送っていた。ある日、彼は「恋というものを知りたい」という文学少女・東雲に一目ぼれし、恋の定義について語り合う交換日記を始める。西条にずっと片思いしてきた幼なじみの北代は、そんな2人の様子に心をざわつかせる。一方、恋人がいる男性ばかり好きになってしまう宿木は、西条を北代の彼氏だと思い込んで猛アプローチ。4人は奇妙な四角関係に陥っていく。ヒロイン・北代を「あなたの番です」「孤狼の血 LEVEL2」の西野七瀬、東雲を「10万分の1」の平祐奈、宿木を「糸」の馬場ふみかが演じる。監督・脚本は「殺さない彼と死なない彼女」の小林啓一。

2022年製作/111分/G/日本
配給:ハピネットファントム・スタジオ、KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
秋★枝
脚本
小林啓一
エグゼクティブプロデューサー
小西啓介
コー・エグゼクティブプロデューサー
堀内大示
プロデューサー
滝田和人
青木真代
松嶋翔
共同プロデューサー
岡本圭三
協力プロデューサー
大杉真美
撮影
野村昌平
録音
日高成幸
プロダクションデザイナー
竹渕絢子
齋藤しおり
装飾
田中悠希
持ち道具
市川知美
絵画制作
市川知美
衣装
阿部公美
ヘアメイク
夏海
音楽
野村卓史
劇中歌
She & Him
VFXスーパーバイザー
桑本祥一
助監督
中田博之
音楽プロデューサー
和田亨
キャスティングディレクター
杉野剛
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)秋★枝/集英社・2022 映画「恋は光」製作委員会

映画レビュー

3.5SHE&HIMの歌声に象徴される絶妙な上品さ。

2022年6月29日
PCから投稿

現実から遊離したようなセリフ回しや、地に足がついていない主人公たちの青臭さを、抑制された演出と絶妙なバランス感覚で現実と繋ぎとめているように感じた。特に最初と最後に流れるSHE&HIMの楽曲のアレンジとズーイー・デシャネルの歌声が、この映画の得難い上品さのシンボルになっており、まるで作り手のささやかな決意表明のように響いてくる。

役者では、やはり西野七瀬が絶品だった。平祐奈だって馬場ふみかだって上手いし役にもハマっているのだが、西野七瀬には、フィクションとノンフィクションの境界線上を漂っているようなところがあって、どれだけ周到に準備しても出せないような、奇妙な実在感があると思う。ともすれば理想化されそうなキャラクターや世界観を、西野七瀬が放つゆらぎのようなものが救っているようにも感じた。

しかし西条くんよ、3人の魅力的な女性にモテるのは仕方ないが、不器用とはいえちょっと甘え過ぎではないですかね。しっかりしてくれ若者よ、とオッサン的には思わずにおれませんでした。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
村山章

4.0ファンタジー設定から派生した副次効果

2022年6月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

二十歳前後の登場人物らによる青春恋愛物に、ひとつファンタジーないしSF的な設定を加えた映画という意味で、「恋する寄生虫」にちょっと近いだろうか。

神尾楓珠が演じる主人公の大学生・西条は、恋をしている女性の全身からきらきらと輝く光の粒が見えるという特異体質の持ち主。幼馴染みの北代(西野七瀬)は、西条から体質のことを聞いているし、昔から彼に片想いしているのだが、「北代からは光が出ていない」と言われて諦めモード。西条は大学で出会った文学少女・東雲(平祐奈)のことが気になり、恋の定義を議論し合う交換日記を始めるなど距離を縮めていくが……という展開。

実はこの三人、このストーリーが語られる段階までの人生で誰とも一度も交際したことがない。もし全体的にリアルな設定の映画やドラマなら、こんな美男美女が大学生になるまでモテることもなく付き合ったこともないなんて嘘くさい、と興ざめするところだが、「恋の光が見える」というファンタジー設定のおかげで、漫画を原作とする虚構の世界、架空のキャラクターとして無理なく受け入れられるのだろうと感じた。

あと、平祐奈の出演作を観たのは2017年の「サクラダリセット」以来だったので、最初その体型の変化にちょっと驚いたのだが、多様性を尊重する今の時代らしいと思い直した。「美人は痩身でなければならない」といったかつての固定観念に縛られるのではなく、今の体型で恋愛映画のヒロインの一人として作品中に自然に存在することは、社会への、特に若い世代へのポジティブなメッセージになるのではないか。

不器用な男女の恋愛模様という点で、少し近い要素もある最近の公開作「私たちはおとな」には気が滅入ったが、本作の鑑賞後感はすこぶる爽やか。若いカップル、あるいは恋人未満の関係で観に行くなら、だんぜん「恋は光」のほうがおすすめだ。

小林啓一監督については、デビュー作「ももいろそらを」が大好きで、恋愛映画の名手という印象。三作ほど漫画原作が続いたようだが、そろそろまたオリジナル脚本での監督作をぜひお願いしたい。

コメントする (0件)
共感した! 8件)
高森 郁哉

4.5美しい作品

2023年1月9日
iPhoneアプリから投稿

セリフのテンポや間がよくて、言葉のチョイスも文学的で映画って良いなと思う作品
小林監督の映像は光の撮り方が美しくて心地よい
「殺さない彼と死なない彼女」よりも一般向け作品に仕上がっていて、人に勧めたくなる作品

コメントする (0件)
共感した! 3件)
めいん

4.0スッキリ♪

2023年1月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

恋をしている女性を見ると周りに美しい光が見える男。そんな彼が一目惚れしたのは『恋とは何か』を真剣の論理的に解釈したがる女性。その女性と彼の真剣な恋の議論の先にあるのは。。。
ストーリーがどストレートで変な寄り道も監督の意図も?な展開も無く素直に面白かった♪
出てくる女優さんがみんなカワイイ♪+上手い♪
見た後なんかいい気分になる映画でした。
(原作は全く見てない)

コメントする (0件)
共感した! 3件)
chitto
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る