愛なのに

劇場公開日

愛なのに
28%
62%
10%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「性の劇薬」「アルプススタンドのはしの方」の城定秀夫が監督、「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉が脚本を務め、瀬戸康史の主演で一方通行の恋愛が交差するさまを描いたラブコメディ。城定と今泉が互いに脚本を提供しあってR15+指定のラブストーリー映画を製作するコラボレーション企画「L/R15」の1本。古本屋の店主・多田は、店に通う女子高生・岬から求婚されるが、多田には一花という忘れられない存在の女性がいた。一方、結婚式の準備に追われる一花は、婚約相手の亮介とウェディングプランナーの美樹が男女の関係になっていることを知らずにいた。多田役を瀬戸が演じるほか、一花役を「窮鼠はチーズの夢を見る」のさとうほなみ、岬役を「由宇子の天秤」の河合優実、亮介役を「よだかの片想い」の中島歩がそれぞれ演じる。

2022年製作/107分/R15+/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2021「愛なのに」フィルムパートナーズ

映画レビュー

3.5今泉監督の描く男性(本作は城定監督作品だけど)は、情けないけどすご...

2022年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

今泉監督の描く男性(本作は城定監督作品だけど)は、情けないけどすごく素敵に見えるのがいい。旧来の「男らしさ」で勝負していない点がいいのだと思う。瀬戸康史演じる主人公は若くして古本屋の主人である。古本屋独特の世間から置いていかれて隔絶した感じに瀬戸康史が随分馴染んでいて、それだけですごく絵になっている。
登場人物がどいつもこいつも滑稽さがあって、淡々としていながらすごく笑える。しかし、どこか身につまされるというか、愛のせいで無様をさらしてしまうことは、自分にもあるよなと反芻させられる。
役者陣はみんなリアリティ溢れる芝居を見せていていい。個人的には中島歩のうさん臭さがいい。端正な顔すぎて信頼できない感じがあふれている。以前からいいなと思っていたんだけど、今作は特にいい。結婚式場の神父さん役のイアン・ムーアは、メタルギアソリッドVの「落ち着いて聞いてください」の人ですよね。またはNAVITIMEの人。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.0今泉監督作「mellow」の変奏曲のような…

2022年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

城定秀夫と今泉力哉がそれぞれ互いから提供された脚本で、R15+指定のラブストーリー映画を監督するコラボ企画「L/R15」の第1弾だそうで、第2弾は「猫は逃げた」。

この「愛なのに」は今泉が脚本担当(ただし城定も共同脚本にクレジットされている)。イケメンで柔和な店主、歳の差を気にせず片想いする少女、店主と歳の近い旧知の女性――といった主要人物の関係性は今泉監督作「mellow」に近く、アダルト要素を加味した変奏曲と言えるかもしれない。小ネタ的な話だが、やはり今泉監督の「街の上で」には、 中田青渚演じる“城定イハ”というキャラクターがいた。彼女が自己紹介するとき、「じょうじょうです、映画監督と同じ苗字の」といった感じの台詞があったけれど、もしかしたら「街の上で」を準備していた頃すでにL/R15の企画も動いていた?なんて想像するのも楽しい(ちなみに“イハ”は、同作プロディーサー・髭野純が代表を務めるイハフィルムズからとったと推測する)。

前置きが長くなってしまった。「愛なのに」は城定監督作だが、今泉ワールドあふれる脚本を尊重し、愛情込めて演出し映像化した印象だ。もちろんR15+が条件なので、ピンク映画出身の城定監督らしいハードめのベッドシーンも適宜挿入し持ち味を出しているが、やはり印象に残るのは、女子高生(河合優実)の求婚とラブレター攻勢とそれを優しく受け流す古本屋店主(瀬戸康史)とのやり取りや、結婚を控えた男(中島歩)が浮気相手(向里祐香)から駄目出しされる爆笑必至のシチュエーションなど。女子高生の両親が登場する場面も最高だった。

2人が脚本と監督を交代する「猫は逃げた」も今から楽しみだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
高森 郁哉

4.0俺は、今泉脚本が好きらしい

CBさん
2022年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

古本屋の店主に恋した女子高生が、店主に直球で愛をぶつける一方、店主が今でも想い続けている女性は結婚直前の彼氏の浮気に怒りある決意をもってなんの関心もなかった店主とまた会うという話。

今回の作品は、今泉監督と城定監督が、お互いに脚本を提供しあって、相手の脚本を監督して作品を作るという企画。だからこの映画は、今泉監督が書いた脚本を城定監督が監督して作った方の作品。今回、両方の作品を観て、どちらも面白かったが「脚本のよい映画はおもしろい」のではないかと感じた。そして今回は、脚本の面では今泉さんがうまいなあ、という印象だ。話が俺の好みとあっているんだろうな。

というわけで俺はこっちの映画の方が好きだったわけです。
冒頭、万引きして逃げながら、追いかける店主が息切れしていると水を買ってあげる女子高生。もうこういうところが今泉脚本のいいところだと思う。

この後、ちょっとねたばれなので観てない方は、映画観てから読んでください。

終盤、やってくる両親。「気持ち悪い。気持ち悪いんですよ、あなた!」と絶叫する母親、「もう決して会うな」とだけ言う父親。主人公は「本人に黙って手紙を読んだ?ありえない」と絶句。
ふと手を胸に当てて考えた。自分の娘が同じ状況だった時、俺ってどうする?この母親や父親と五十歩百歩?「心配だから」のセリフですべてが許されることにして手紙を盗み見る?? うわあ、怖い。同じ状況になったら、似たようなことやっちゃってるかも・・。あらためて心しよう。そうか、だからタイトルは「愛なのに」なのか。もう一方は、こちらは好きなのに相手は身体だけでつきあってくる・・今までよく語られた話を男女逆にしてあらためて語ってみる。こちらも「愛なのに」なんだね。

そして印象に残ったセリフたち。
名前を憶えてほしくて盗んでしまいました、本。
告白されて、拒絶されたら、気まずいじゃんか。
え、いやですか?いやじゃないでしょ。
どうでもよくないと気まずくなるのか? 私のことなんて、どうでもいいのでは?
ああ、やはり今泉ワールドは、いい・・

追伸
劇中で語られる「「映画『卒業』ってひどい話なんだよ。お母さんと娘の二股かけてるんだよ・・」のところ、自分も激しくうなづきました。それまでは型通りの正しい道みたいな話が多かった映画にアメリカンニューシネマとして、若さゆえの暴走も描かれて大ブームだったとはいえ、『卒業』はそりゃダメだろって話だと思う。自分が観た時の憤りに近い戸惑いを感じてみたいという方は『卒業』のレビュー読んでください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
CB

3.5舞台の古本屋の雰囲気が良かった

ななさん
2022年5月7日
iPhoneアプリから投稿

この作品と「猫は逃げた」2本続けて観ました。
単純にペットがメインにくる物語が好みでは無く、こちらの方が好きです。が、すごく面白かったかと言われると、そうでもないかな…
今泉さん(脚本)作品は評価が高いのは知ってますが、あまりピンと来ないことが多くて。登場人物の動きが理解し辛い事が多いです。
あとファンの方には申し訳ないですが、瀬戸君の好きな子役のさとうさんの演技が苦手でした。なんで瀬戸君がこの子のことがずっと好きだったのか分からなかった。いや恋なんてそんなもの…と言われるとそれまでですが。
他の役者さんは役にしっくり来てて楽しめました。
中島さんは独特だなー笑、ウェディングプランナーの子とのシーンが好きです。飄々とした雰囲気で、城定監督らしさが出てました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
なな
すべての映画レビューを見る(全109件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「L/R15」シリーズ関連作品