トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

劇場公開日

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング
19%
53%
21%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイが19世紀のオーストラリアで権力と差別に立ち向った伝説の反逆者、ネッド・ケリーを演じたドラマ。貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリーは、頼りにならない父に代わって母と6人の姉弟妹を支えてきた。父の死後、母は生活のために幼いネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばし、ネッドはハリーの共犯者として10代で逮捕される。出所したネッドを横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけ、家族ともども投獄しようする。家族や仲間への理不尽な扱いに、ネッドは弟らや仲間たちとともに「ケリー・ギャング」として立ち上がる。ケリー役のマッケイのほか、ラッセル・クロウ、ニコラス・ホルト、チャーリー・ハナムが顔をそろえる。監督は「アサシン クリード」のジャスティン・カーゼル。

2019年製作/125分/PG12/オーストラリア・イギリス・フランス合作
原題:True History of the Kelly Gang
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 極道兵器
  • デッドボール
  • WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス
  • メランコリック
  • シライサン
  • ファンタズム
  • ファンタズムⅡ
  • ファンタズムⅢ
  • ファンタズムⅣ
  • ファンタズムV ザ・ファイナル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019

映画レビュー

4.5強烈な映像感覚と役者陣の怪演によって破格のボルテージが充満

2021年6月19日
PCから投稿

伝説のアウトローの生き様を描いた本作は、伝記物として捉えるにはかなり構成がいびつだ。そもそも冒頭の「この物語は全て真実ではない」という文字からしてタイトルとは相反するが、しかしどんな歴史も結局は体制側の論理で改竄されていくことを思えば、この映画の「フィクションの中にこそ真実がある」とのスタンスによってのみ、我々は主人公のリアルな精神状態へ迫ることができるのかもしれない。『マクベス』でも知られるジャスティン・カーゼル監督の美醜を混濁させた映像感覚は相変わらず。裏寂しい広大な荒野を真っ赤なドレス姿で疾走する情景を繰り返し用いつつ、時折、絶え間なき閃光やゾートロープに似た奇妙な絵作りで表現される映像も強烈だ。何より特筆すべきは凄まじい眼力を放つ子役と、ジョージ・マッケイの怪演ぶり。二人のリレーによって主人公の半生が、通常の伝記映画とはあまりにかけ離れた破格のボルテージで、ここに狂おしく完結した。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0一人の若者の叫び

2021年7月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

19世紀、オーストラリア。伝説の義賊ネッド・ケリーの物語。絶望と孤独。愛情と支配。怒りと叫び。この生き方しか知らなかった。それしか術がなかった。そんな一人の若者の叫びが聞こえた。何もかも奪われ、それでも自分の物語だけは奪わせはしない。それは唯一の希望だったのかもしれない。観るものを体感的にも巻き込む映像の仕掛け、美しさにクラクラする。時代背景を整理してから、もう一度観直したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キリンさん

1.5"母ちゃん"

2021年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

ん?で、何をした人なの!?チンケな犯罪一家の破滅、権力と差別に立ち向かった反逆者としての説得力は皆無で、伝記映画として成り立っていないのでワ??

幼少期を描く場面が長い割にギャングを形成してからの演出描写が薄くて、単に世の中に対して自分たちの我儘が通用しないのを押し通しているだけにしか映らない。

ヒース・レジャーの方が面白いのか、ミック・ジャガーが演っていたのは興味深い、安易にPunkを語るな、おケツ丸出しは「ジョジョ・ラビット」の娘でびっくり、ラッセル・クロウの太りっ放し、ネッド・ケリーの弟がグランジみたいで格好良い。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0家族は悲劇なのだ

2021年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ひとりの悪人の生涯を、サイコパスの母親との共依存の精神性を中心に描いた作品である。どこか大森立嗣監督の映画「MOTHER マザー」に似ている気がしたが、「マザー」が現代日本での物語なのに対して、こちらは19世紀のオーストラリアが舞台であり、社会はアメリカの開拓時代のような雰囲気である。つまり登場人物は無法者ばかりだ。必然的に物語の展開はまるで違ったものになる。
 ジョージ・マッケイが演じた主人公ネッド・ケリーは大して魅力的な人物ではなく、ラッセル・クロウが演じた山賊のハリー・パワーや、ニコラス・ホルトが演じた警官のフィッツパトリックのほうに人間的な奥深さを感じた。俳優の力量差もあるとは思うが、ネッドの人物像に由来するところも大きい。

 共依存の関係は、世界観を相手に委ねてしまう関係と言っていい。息子は母親に褒められるために場合によっては命を賭ける。本人は世界観を持たず、母親のものの見方がすべてだ。その母親は、他人との関係を支配するかされるか、優位に立つか劣位になってしまうかだけでしか捉えられず、イギリス人はこうだ、アイルランド人はこうだというステレオタイプの考え方しかできない。息子を学校に行かせてやるという金持ちの提案を断ってしまう。学問によって息子が広い視野と世界観を身につければ、自分を見捨てて去ってしまうことが解っているからだ。それならいっそのこと息子を売ったほうがいい。

 息子は母親と同じものの見方、つまり他人に対して優位になることしか考えることが出来ず、関係性を超えた本質を捉えることが出来ない。簡単に言うと洞察力が欠如しているのだ。人間関係で洞察力が欠如すると、誰も従わないしついて来ない。ただし商才があって金をばらまくことができれば別だ。十分な報酬を与えれば、時として暴力を振るっても、手下は離れない。しかしネッド・ケリーにはその才覚はなかった。つまりケリーギャングは、最初から末路が見えていたのである。主人公の行く末がほぼ見当がついてしまったから、鑑賞の途中から退屈な時間が続いてしまった。
 山賊のハリー・パワーにずっと付いていく生き方もあったと思う。母親との共依存の精神性を断ち切って、悪党のハリー・パワーの生き方を学び、その生き方を超えていく。そうすればネッド・ケリーはどうなっていただろうか。しかしそれはまた別の物語だ。

 本作品は共依存の家族が広い視野を獲得することなく終わる悲劇を描く。家族第一主義のアメリカ映画には珍しいが、製作者側は、たとえ悲劇であろうと家族が大事なのだという世界観で製作したのかもしれない。ところが鑑賞する側は家族は悲劇だと受け取る。現に殺人事件の過半数は親族間で起きているではないか。つまり家族は悲劇なのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」以外にこんな作品をCheck-inしています。