トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

劇場公開日:

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

解説

「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイが19世紀のオーストラリアで権力と差別に立ち向った伝説の反逆者、ネッド・ケリーを演じたドラマ。貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリーは、頼りにならない父に代わって母と6人の姉弟妹を支えてきた。父の死後、母は生活のために幼いネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばし、ネッドはハリーの共犯者として10代で逮捕される。出所したネッドを横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけ、家族ともども投獄しようする。家族や仲間への理不尽な扱いに、ネッドは弟らや仲間たちとともに「ケリー・ギャング」として立ち上がる。ケリー役のマッケイのほか、ラッセル・クロウ、ニコラス・ホルト、チャーリー・ハナムが顔をそろえる。監督は「アサシン クリード」のジャスティン・カーゼル。

2019年製作/125分/PG12/オーストラリア・イギリス・フランス合作
原題:True History of the Kelly Gang
配給:アットエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019

映画レビュー

4.5強烈な映像感覚と役者陣の怪演によって破格のボルテージが充満

2021年6月19日
PCから投稿

伝説のアウトローの生き様を描いた本作は、伝記物として捉えるにはかなり構成がいびつだ。そもそも冒頭の「この物語は全て真実ではない」という文字からしてタイトルとは相反するが、しかしどんな歴史も結局は体制側の論理で改竄されていくことを思えば、この映画の「フィクションの中にこそ真実がある」とのスタンスによってのみ、我々は主人公のリアルな精神状態へ迫ることができるのかもしれない。『マクベス』でも知られるジャスティン・カーゼル監督の美醜を混濁させた映像感覚は相変わらず。裏寂しい広大な荒野を真っ赤なドレス姿で疾走する情景を繰り返し用いつつ、時折、絶え間なき閃光やゾートロープに似た奇妙な絵作りで表現される映像も強烈だ。何より特筆すべきは凄まじい眼力を放つ子役と、ジョージ・マッケイの怪演ぶり。二人のリレーによって主人公の半生が、通常の伝記映画とはあまりにかけ離れた破格のボルテージで、ここに狂おしく完結した。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

3.5【”人生はこんなものだ!”19世紀のオーストラリアで恐れられたネッド・ケリーの生涯を、自らの出自への苦悩や、怒り、イギリス植民地政策や腐った役人たちと戦う一人のパンクな男として描き出した作品。】

2022年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

ー ご存じの通り、ネッド・ケリーは19世紀、オーストラリアで弟たちと「ケリー・ギャング」を結成し、銀行強盗などを重ね、恐れられた男である。
  だが、今作では彼を、アイルランドからの移民としてイギリスの植民地政策や、腐った役人たち(今作で言えば、ニコラス・ホルト演じるフィッツパトリック警官やチャーリー・ハナム演じるオニール巡査だろう。)に対して、反発し、自らの出自への苦悩や、怒り、戦う一人のパンクな男として描いている。ー

■貧しい家庭に育ったネッド(ジョージ・マッケイ)は、母親によって山賊のハリー(ラッセル・クロウ)に売られてしまう。
ハリーの共犯として逮捕された彼は、出所後も不当な扱いを受ける。
自らの正義と愛のため、ネッドは仲間と共に“ケリー・ギャング”を結成し、国中に名を轟かすお尋ね者となるが…。

◆感想

・ネッド・ケリーは盗賊か、それとも反逆の英雄か? 感傷を削ぎ落とした物語はイギリスの植民地政策や、腐った役人たちの横暴と抑圧から逃れようともがく男として描いているように思える。

・ネッドは冒頭から、自らの人生をペンで記している。自らの歴史を自分の言葉で残すために。ペンは剣より強しというが・・。

<1940年代、画家シドニー・ノーランによって、それまでのイメージを大きく作り替えられたネッド・ケリー。
 今作は、そのイメージをベースにした、自らの出自への苦悩や、怒り、戦う一人のパンクな男として彼を描き出した作品である。>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU

2.5極悪人

2022年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

19世紀のオーストラリアで有名な悪人、ネッド・ケリーの生涯を描く。
同しようもない父親が亡くなり、これまた同しようもない母親に売られ、山賊となる。
どうして人気があるのか理解できなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

3.0山賊王に、オレはなる‼️

2022年1月23日
PCから投稿

オーストラリア開拓者のアイルランドのドキュメンタリー風の暴れん坊の生涯です。
ゴム男ほど強くありません、特徴もありません。
叙事詩的ですが、何も問いかけるものはないようです。
ただ、そんな人がいた、オーストラリアは荒れていた、唯物論的映画です。
良く言えばハードボイルド、悪く言えば無味乾燥。
映像が素晴らしい、ただ、それだけ。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
アサシン5
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」以外にこんな作品をCheck-inしています。