マ・レイニーのブラックボトム

マ・レイニーのブラックボトム
8%
65%
22%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1920年代のシカゴを舞台に、「ブルースの母」と称される実在の歌手マ・レイニーと彼女を取り巻く人々を描いたNetflixオリジナル映画。「フェンス」の原作者としても知られる劇作家オーガスト・ウィルソンの戯曲を、「サヨナラの代わりに」のジョージ・C・ウルフ監督のメガホンで映画化した。1927年。シカゴの録音スタジオで、人気歌手マ・レイニーのレコーディングが始まろうとしていた。4人組バックバンドのひとりであるトランペット奏者レヴィーは野心に燃え、他のメンバーたちと揉め事を起こす。やがて遅れて到着したマ・レイニーは白人のプロデューサーらと主導権を巡って激しく対立し、スタジオは緊迫した空気に包まれる。マ・レイニー役に「フェンス」のオスカー女優ビオラ・デイビス。「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンがレヴィーを演じ、彼の遺作となった。第93回アカデミー賞では、ボーズマンが主演男優賞、デイビズが主演女優賞の候補に挙がるなど計5部門でノミネート。そのうち、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の2部門を受賞した。Netflixで2020年12月18日から配信。

2020年製作/94分/アメリカ
原題:Ma Rainey's Black Bottom

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第93回 アカデミー賞(2021年)

受賞

衣装デザイン賞 アン・ロス
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

ノミネート

主演男優賞 チャドウィック・ボーズマン
主演女優賞 ビオラ・デイビス
美術賞 マーク・リッカー

第78回 ゴールデングローブ賞(2021年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) チャドウィック・ボーズマン

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ビオラ・デイビス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0明るさと痛さを演じ分けるチャドウィック・ボーズマンが圧巻!

2020年12月19日
PCから投稿

泣ける

悲しい

1927年のシカゴ。とあるスタジオで"ブルースの母"と呼ばれた伝説の黒人シンガー、マ・レイニーの新作レコーディングが行われようとしている。だが、マ・レイニーは白人マネージャーやプロデューサーに対してわがままのいい放題だし、録音に参加する自信過剰で明るいノリのトランペトターのレヴィーは、マ・レイニーの代表曲である"マ・レイニーのブラックボトム"を勝手にアレンジしようとして、マ・レイニーの神経を逆撫でする。この2人が、なぜわがままで頑固にならざるを得なかったのか?なぜ、明るくかつ自信に満ちて見えるのか?その謎が徐々に解き明かされていくに連れて、言葉にするのも憚られる当時の黒人差別の実態が浮かび上がっていく。マ・レイニーとレヴィーは表現方法こそ違え、同じ怒りを抱えつつ白人社会と対峙しようとする、不幸な似た者同士であることが。凝ったメイクでマ・レイニーを演じるヴィオラ・デイヴィスが視覚的に強烈だが、レヴィーの軽妙さと、それとは裏腹な痛々しい素顔を演じ分けるチャドウィック・ボーズマンが圧巻だ。これが遺作となったボーズマンには本作でアカデミー主演男優賞と、同じNetflixが配信する「ザ・ファイブ・ブラッズ」で助演男優賞候補の可能性が高い。故人が同じ年のアカデミー賞の2部門で候補になるのはオスカー史上初。2つの中では「マ・レイニー~」の方が有力だと思うが、さて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

3.5ブルースへの敬意と黒人文化への警鐘

みなさん
2021年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

興奮

ブルースの母と呼ばれた伝説的歌手マ・レイニーを演じるヴィオラ・デイヴィスの迫力が凄い!きっとマ・レイニーも、心の底から音楽を愛する傲慢で高飛車な淑女だったのだろう。そしてチャドウィック・ボーズマンの遺作とのこと。まだお若いのに…。素敵な姿でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

4.5マ・レイニーの存在感にひけを取らない、チャドウィック・ボーズマンの名演を堪能する一作。

yuiさん
2021年6月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

マ・レイニーは、「ブルースの母」として知られる実在の人物ですが、それ以外の人物、出来事は架空の物語ということです。この事実と創作の境界線の曖昧さは、『アンモナイトの目覚め』にも似た作品的特徴ですね。

もっとも本作の主人公は、終始強烈な存在感を発揮する彼女ではなく、彼女のレコーディングに参加したバンドの若いメンバー、レヴィー(チャドウィック・ボーズマン)です。彼は白人プロデューサーにこびへつらいながらも、実は白人に対して激しい怒りを抱いており、その怒りを音楽家としての立身出世の原動力にしようとしています。白人プロデューサーが上階の録音室に陣取り、階下のレコーディングスタジオにいるマ・レイニーとバンドメンバーを見下ろす建物の構造など、『パラサイト』(2019)にも通じるような、二極化した人々の格差を、かなり分かりやすく見せています。この強固な格差の構造を目の当たりにすると、当初からレヴィーの闘いが絶望的であることがはっきりと分かります。

同時にまた、レヴィーらの台詞の言い回しはまるで歌のように美しく、そのメッセージの凄惨さとは対照的に、ついつい聞き入ってしまうような魅力があります。それがまた、レヴィーの儚さをより一層際立てます。『ファーザー』のアンソニー・ホプキンスの名演はもちろんアカデミー主演男優賞にふさわしいと思っていますが、やはり本作のボーズマンの演技を観ると、やはり彼に贈られるべき賞だったのでは…、と考えてしまいます。

舞台劇が原作と言うことで、映し出される空間はかなり限定されているものの、そこに詰め込まれた要素の密度には感動すら覚えること間違いなしです。こうした作品を制作するNetflixの姿勢も素晴らしいけど、やはり劇場で観たいところ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yui

3.5チャドウィック・ボーズマンの遺作

としさん
2021年5月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2021年5月26日
映画 #マ・レイニーのブラックボトム (2020年)鑑賞 @Netflix

この映画は、黒人女性ブルースシンガー #マ・レイニー と黒人トランペッター の人種差別社会を生き残るための自己主張が凄い
#ヴィオラ・デイビス と #チャドウィック・ボーズマン の魂のぶつかり合いが見物の映画です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マ・レイニーのブラックボトム」以外にこんな作品をCheck-inしています。