映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ

劇場公開日:

解説

サンエックス株式会社の人気キャラクター「すみっコぐらし」を映画化し、スマッシュヒットを記録した「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」に続く劇場アニメ第2弾。とある秋の日、キャンプへ出かけたすみっコたちは、空にいつもより大きく青く輝いている月を発見する。「5年に1度の青い大満月の夜、魔法使いたちがやって来て夢をかなえてくれる」という伝説の通り、すみっコたちの町に魔法使いの5人兄弟が出現。彼らはあちこちに魔法をかけ、町中をパーティ会場のように彩っていく。楽しい夜にも終わりが近づき魔法使いたちは月へと帰っていくが、たぴおかが魔法使いのすえっコ・ふぁいぶと間違えられて連れて行かれてしまう。前作に続き、井ノ原快彦と本上まなみがナレーションを担当。「夏目友人帳」シリーズの大森貴弘が監督を務め、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の吉田玲子が脚本を手がけた。

2021年製作/65分/G/日本
配給:アスミック・エース

スタッフ・キャスト

監督
原作
サンエックス
脚本
吉田玲子
美術監督
日野香諸里
主題歌
BUMP OF CHICKEN
ナレーション
井ノ原快彦
本上まなみ
アニメーション制作
ファンワークス
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

映画レビュー

4.0「夢」がテーマとなる本作では、「すみっコぐらし」ならではの、ほのぼのと温かい世界観は健在。

2021年11月5日
PCから投稿

前作では「とびだす絵本」で巻き起こる、すみっコたちの不思議な冒険を描いていましたが、本作では、「5年に1度の青い大満月の夜、魔法使いたちがやって来て夢をかなえてくれる」という伝説によって「魔法の世界」で巻き起こる、すみっコたちの模様を描いています。
映画なのに、声を出さないで、書き文字の「セリフ」でボソッと話す「すみっコ」たちの世界観はとても斬新で、本作では前作を見ていない人でも分かるように、それぞれのキャラクターの紹介も、さり気なくキチンとされています。
井ノ原快彦と本上まなみによるナレーションのタイミングも良く、なかなか他に例を見ない微妙な良いバランスを「映画 すみっコぐらし」では描けていると思います。
前作より作画も何気にクオリティーが上がっていて、ユルいながらもかなり細かく配慮された作画で構成されています。
主題歌の「BUMP OF CHICKEN」による「Small world」も「すみっコ」たちの世界観に合っていて良かったです。
癒されるような優しい世界。こういう「すきま映画」のような存在は、なかなか脚本も含めて制作が難しいものですが、これからも育っていってほしい作品です。

コメントする (0件)
共感した! 9件)
細野真宏

3.05年に一度

2022年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

キャンプに出かけたすみっコたちは、5年に一度の満月に遭遇、魔法使いがやってくる。
たまたま残された魔法使いが、いろんなものを消す魔法を試したところ、すみっコたちの夢を消してしまう。
心が浄化されれたような気がする。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

3.0かわいい癒される

2022年11月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Y

1.5ほっこりする

2022年7月8日
iPhoneアプリから投稿

前作と比べてしまうと物足りなさを感じるけど、子供向けの作品なのでテーマが明確で分かりやすく所々ほっこりする場面があり良かったと思います
前作同様、すみっコぐらしを分からない人でも観れるし可愛い

コメントする (0件)
共感した! 0件)
わんわん