総理の夫

劇場公開日

総理の夫
16%
51%
24%
4%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベストセラー作家・原田マハの小説「総理の夫 First Gentleman」を、田中圭と中谷美紀の共演で映画化。妻が日本初の女性総理になったことで、自身も史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまった鳥類学者の夫が、政界という未知の世界で奮闘する姿を描いた。少数野党の党首を務めている凛子と結婚10年目を迎えた鳥類学者の相馬日和は、ある朝、凛子から「もし私が総理大臣になったら何か不都合ある?」と意味深な話を投げかけられる。質問の意図を探ってもはぐらかされた日和は、そのまま野鳥観察の出張に出かけ、ろくに電波の届かない孤島で10日間を過ごす。しかし、その間に世間は激変。凛子が史上初の女性内閣総理大臣に選出されていた。そのことで自動的に史上初の「総理の夫」となった日和は、微力ながらも妻の夢を全力で応援しようと心に誓うが、予想だにしない激動の日々に巻き込まれていく。最愛の妻と過ごす時間もなくなり大騒動の毎日に振り回される日和を田中、愛する夫に支えられながら国の未来のため信念を貫く凛子を中谷が演じる。監督は「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」の河合勇人。

2021年製作/121分/G/日本
配給:東映、日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2021「総理の夫」製作委員会

映画レビュー

3.5一般人が、ある日突然に総理大臣の配偶者になるとどうなるのか? 独特な視点から描く政治エンターテインメント作品。

2021年9月23日
PCから投稿

偶然、公開日の日本では「総理大臣」が決まる選挙が間近で、しかも、候補者の4人中2人が女性ということで、キャッチコピーにあるような「日本の未来を先取りした」映画になっているのでしょう。
点数は正直、迷いましたが、似たようなテーマで三谷幸喜監督の「記憶にございません!」があり、どうしても比較してしまいます。
「記憶にございません!」はディテールを含めてかなりクオリティーが高かったため、こちらは★3.5か4くらいでしょうか。
ただ、笑いの要素は、個人的には少し弱いかな、と思い★3.5にしました。
とは言え、「記憶にございません!」に比べて全てが劣っているわけでもなく、原作がしっかりしているのか政策面では至極真っ当な主張がなされていて評価できます。
エンターテインメント作品で、笑いの要素だけではなく、意外と感動要素もあったりします。
私はこの手の作品で、本来の秘書の人数やら、官邸のセキュリティー面など細かいツッコミは無粋だと思います。あくまで政治は舞台の一つで、大切なのはメッセージだと思うので。

コメントする
共感した! (共感した人 13 件)
細野真宏

3.5中谷美紀の魅力が際立つ

2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

妻が日本初の女性総理になったことで、史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまう鳥類学者の夫が、これまでの常識が全く通じない政界で奮闘する姿を描いており、中谷美紀の貫禄すら感じさせる女優としての魅力が、これでもかと際立つ。
ただ、政治家としての信条など、少々詰めが甘い点も見逃すことはできない。エンタメとして成立させるにはそうせざるを得なかったか…。
とはいえ、中谷と田中圭はもちろん、貫地谷しほりの芝居は流石と言うほかない。

コメントする
共感した! (共感した人 18 件)
大塚史貴

1.0緊縮財政プロパガンダ映画

2021年11月22日
スマートフォンから投稿

消費税増税で厚い社会保障を!って堂々と映画の中で言ってるって、緊縮財政プロパガンダですか?こんな作品が大手で映画化される世の中ってなんなんだろう・・・。
役者さんたちはどの方も素敵だったのに、作者が全然財政について分かってないのが非常に残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かえたんたん

5.0笑えて心が温まるやさしく楽しい物語

ameさん
2021年11月2日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

幸せ

妻が突然総理大臣になった夫が政界の渦に巻き込まれていく物語。

総理大臣になった凛子役の中谷美紀さんは後光がさすほどに美しく、こんなリーダーがいれば良いな。
と心から感じるほどの説得力があった。

一方、妻の総理大臣就任により自由が制限されても献身的に妻を支える日和役の田中圭さんのコミカルな演技には頬が緩み全母性本能を持っていかれた。

働く女性の妊娠出産や子育てについても描かれているこの映画。
男女平等とはいうものの、子供を産めるのは女性だけで産むためには自分の環境をかえなければいけない時が必ずある。

それを自分らしい生き方の終着点とするのか、大きく飛躍するための出発点とするのか考えさせられる映画だった。

ものすごく見やすくて、笑いどころも沢山あるこの作品。

「胸に手をあてて考えてみなさい」的な空気感もないのに、いつのまにか大きなエールをもらっていた。

働きながら、子育てに翻弄され、まだまだ出来ることはないか模索している、いち働く母としては大いに心に響いた物語だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ame
すべての映画レビューを見る(全127件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る