パリの調香師 しあわせの香りを探して

劇場公開日

パリの調香師 しあわせの香りを探して
24%
57%
14%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

挫折した天才調香師が人生崖っぷちな運転手との交流を通して再生していく姿を、ディオールの撮影協力&エルメスの専属調香師監修のもと描いたヒューマンドラマ。世界中のトップメゾンの香水を手がけてきた天才調香師アンヌ。しかし4年前、仕事へのプレッシャーと忙しさから嗅覚障害になり、地位も名声も失ってしまう。嗅覚が戻った現在は、なじみのエージェントから紹介される地味な仕事だけを引き受け、パリの高級アパルトマンでひっそりと暮らしていた。そんな彼女に運転手として雇われたのは、離婚して娘の親権を奪われそうな上に仕事も失いかけていたギヨーム。彼はわがままなアンヌに振り回されながらも正面から向き合い、彼女の心を少しずつ開いていく。ギヨームと一緒に仕事をこなすうちに、新しい香水を作りたいと再起への思いを強くするアンヌだったが……。アンヌ役に「リード・マイ・リップス」のエマニュエル・ドゥボス。

2019年製作/101分/G/フランス
原題:Les parfums
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)LES FILMS VELVET-FRANCE 3 CINEMA

映画レビュー

3.0健康でいること

ふわりさん
2021年5月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

最高の香りを作るためには心の健康、最高の仕事をするためにも心の健康が必要。
最高のパートナーを見つけられて良かった。

年齢のせいで仕事を失うのはつらい。
いつまでも頑張ってほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

3.0フランス語の響きから香りが漂ってくる

Miya-nさん
2021年5月1日
iPhoneアプリから投稿

マスクをしての鑑賞だったが、ちょっと鼻がすうっと抜けた気がする。
怒った声も独特の声で和らぐ。

終わり方もフランス式でイイね〜。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Miya-n

5.0J'ADORE ジャドール=大好き。

きりんさん
2021年4月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

塩尻市の東座。
久しぶりに近所の小屋へ行きました。

「男」とか「女」だとか言うのはあまり好きじゃないけれど、素敵な女支配人が切り盛りしている、とても小さな映画館です。

彼女がいる日は当たり。
いない日は・・ハズレです。
(おじさんご免なさい)。

雨の夜です、今夜はお目当ての彼女はいるでしょうか?

・・笑笑・・《😉♪》 でした
雨の夜にバイクで行った甲斐があったというものです。

本日の出し物は「パリの調香師」。
受付でその美しい彼女がチケットにディオールの「ジャドール」を吹いてくれます。
そして細い手をスッと伸ばして、白く長いムエット(紙片)にもう一種類の香りを、僕に手渡しながら
「映画の最後にこの香りの答えがわかりますよ」とニッコリ。

たった4人の観客ですが、明かりの落ちた館内には ほのかにジャドールが漂います。

🎵

で、
映画が終わりまして、(えっ!もう終わりかよ)
出口の受付前で、くだんのヴィーナスが微笑みながらお客をひとりひとり見送ってくれます。

とうとう今夜も渡せませんでしたよ、ポケットの中の小さなDiorのイヤリング。
たいして何も語れずじまい。 ― 僕のお気に入りはパルファムDior Hommeだってことも。
もしおしゃべりが弾めば昼間の愛車でのドライブはGUCCIのENVYの香りだってことも ― 。

この映画館は、
町内のレストランとコラボして「映画に登場したお料理を鑑賞後に食べにいける♪」なんていう粋な企画もやるんですよね、
映画って、そうなんですよ、“五感”で楽しみたいし、今回の“香り”ももちろんそう。
映画館の前に立ったときからきょうの物語は始まっています。切符売り場から映画は始まっているんです。

・・・・・・・・・・・・

抱きたる汝が細き手を夏ツバメ
ほどき飛びたちジャドールと叫び

・・・・・・・・・・・・

追記:
おっと!
映画の中身には何も触れていませんでしたねー(笑)

嗅覚を失って入院してからのアンヌの眼差しが、ホント穏やかで良かったなぁ。失意の度合いに反比例して、人間の匂いに目を覚ましていくあたりです。

新型コロナウイルスが収まりません。「嗅覚の危機」です。
僕がワイン工場を辞めたのも、薬石効なく、花粉症のせいでした。年間3ヶ月は鼻がバカになります。それではどうにも仕事にならないのです。

本作品の主人公=香水の調香師や、ワイン、ウイスキーの醸造家たち、そして料理人やソムリエ等。彼ら「鼻」が生命線である練達者にとっては、コロナ・ウイルスはまったく恐怖そのものだと思います。

エール大学の教授がラジオでレポートしていました ―
「味覚や嗅覚の低下、そして引き起こる体のだるさ。これらコロナの典型的な症状を研究して判ったことは、定説に反してこのウイルスは首から上、つまり脳の内部にまで侵入して神経系をおかしている」
と。



夏草の香り
刈り取ったばかりの青草を渡る風
降り始めた夕立の気配
泣きながら顔を埋めたぬいぐるみ
乳臭い生まれたばかりの弟
おばあちゃんの家の夏休みの匂い
中学校の図書館
あと何分で炊き上がる~御飯釜
お線香、蚊取り線香、網戸を抜けてくる夜風
やわらかい晩秋の腐葉土
カビてゆく根雪

そしてもちろんあれね、
お母さんがお布団干しをしてくれた日の幸せ

etc. etc. etc.

「嗅覚を失うこと」がどれほど僕らにとって残念なことか気づけば、コロナの恐ろしさは、それはそれは気を失なうほどです。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
きりん

3.5人間同士の化学反応が生み出すもの

みにこさん
2021年4月17日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みにこ
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「パリの調香師 しあわせの香りを探して」以外にこんな作品をCheck-inしています。