【「パリの調香師 しあわせの香りを探して」評論】優しい芳香に癒される、香水業界を舞台にした繊細な人間ドラマ

2021年1月17日 18:30

「パリの調香師 しあわせの香りを探して」
「パリの調香師 しあわせの香りを探して」

パリの香水業界が舞台で、エルメスやディオールが協力している、と聞けば、いかにも洗練されたフランスの香り漂う、女性的な映画をイメージするかもしれない。だが本作は、そんなカテゴリーで括ってしまうには勿体なさすぎる。

もちろん、洒脱な雰囲気も魅力には違いないが、この映画の真のテーマは、異なる世界に住むそれぞれに困難を抱えた人間が支え合い、連帯することで障害を乗り終えていくことにある。それは世界が困難な状況に直面している今、ことさら本質的なこととして観る者の心に響くのではないか。

かつて天才調香師の名を欲しいままにしたアンヌは、4年前にストレスから嗅覚を失う悲劇に見舞われ、その後回復したものの、生き馬の目を抜く香水ビジネスの世界で、もはや以前のステイタスを得ることはできない。そんな彼女の元に新しく雇われた運転手がギョーム。彼もまた、失業や離婚を経験し、人生の立て直しを迫られている。

ディオールの名品「ジャドール」(シャーリーズ・セロンのCMでお馴染み)を生み出した、という設定のアンヌは、仕事に身を捧げてきたせいでいまも独身で、プライドだけは高く、わがまま。だがその内側には、孤独や不安を抱えている。

こういう役をやると、エマニュエル・デュヴォスは独壇場だ。もともとアルノー・デプレシャンジャック・オーディアールの作品で評価されてきた彼女は名女優だが、いわゆる華のあるタイプではないだけに、同世代のジュリエット・ビノシュエマニュエル・ベアールに比べると、いささか損をしている節がある。

だが、はっとするほどエレガントで美しい瞬間があるかと思えば、憎らしいほど傲慢で嫌味な女になるときもあり、ときには手を差し伸べたくなるような脆さを漂わせる。「ネ」(鼻の意味)とフランス語で呼ばれる、職人気質と芸術家肌の両方を兼ね備えた調香師の複雑さを、みごとに体現していると言える。

一方、「冴えないけれど中身はピカいち」なギョームに扮したグレゴリー・モンテルの、受けの演技も捨て難く、このでこぼこコンビのやりとりには、思わず微笑まずにはいられない。

もうひとつ本作がユニークなのは、男女の話の場合、かなりの割合で誘惑と欲望に結びつくフランス映画において、そんな紋切り型を粋なやり方でかわしていること。このあたりも、とても繊細で大人の映画だと感じさせられる所以だ。

優しい香りに満ちた本作に、ぜひ癒されて頂きたい。

(佐藤久理子)

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「ジブリパーク」開業日は11月1日!「耳をすませば」「天空の城ラピュタ」などの世界を再現した建設中エリアに潜入

    1

    「ジブリパーク」開業日は11月1日!「耳をすませば」「天空の城ラピュタ」などの世界を再現した建設中エリアに潜入

    2022年1月27日 19:30
  2. 「ミラベルと魔法だらけの家」挿入歌、「アナ雪」の「Let It Go」超えの大ヒット

    2

    「ミラベルと魔法だらけの家」挿入歌、「アナ雪」の「Let It Go」超えの大ヒット

    2022年1月27日 11:30
  3. 「ジブリ作品を残していきたい」 宮崎吾朗監督&鈴木敏夫プロデューサーが「ジブリパーク」にこめた願い

    3

    「ジブリ作品を残していきたい」 宮崎吾朗監督&鈴木敏夫プロデューサーが「ジブリパーク」にこめた願い

    2022年1月27日 20:00
  4. 【コラム/細野真宏の試写室日記】2021年映画ランキングから見える映画業界の実態と「ARASHI 5×20 FILM」興行収入

    4

    【コラム/細野真宏の試写室日記】2021年映画ランキングから見える映画業界の実態と「ARASHI 5×20 FILM」興行収入

    2022年1月27日 09:00
  5. 井上真央主演、尾野真千子と初の姉妹役 BS松竹東急開局記念ドラマ「夜のあぐら 姉と弟と私」4月放送

    5

    井上真央主演、尾野真千子と初の姉妹役 BS松竹東急開局記念ドラマ「夜のあぐら 姉と弟と私」4月放送

    2022年1月27日 06:00

今週