スタートアップ!

劇場公開日:

スタートアップ!

解説

「新感染 ファイナル・エクスプレス」「悪人伝」のマ・ドンソクが、おかっぱ頭の料理人という強烈なビジュアルのキャラクターを演じたコメディドラマ。学校も勉強も家も嫌いで、親に反抗しては毎日ビンタを食らっている少年テギル。ある日、親友のサンピルが早く自分でお金を稼ぎたいと社会に飛び込んでいく。そんな親友の姿を見たテギルもあてもなく家を飛び出し、偶然入った飯店でただならぬオーラを放つ厨房長のコソクと出会う。初対面時の激しいやりとりでコソクとは人生最大の敵同士になったテギルだったが、コソクをはじめとする飯店の奇想天外な人々との出会いを通じ、テギルも社会を学んでいく。コソク役をマ・ドンソクが演じ、テギル役は「それだけが、僕の世界」のパク・ジョンミン、サンピル役はドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のチョン・ヘイン。監督は「グローリーデイ」のチェ・ジョンヨル。

2019年製作/102分/PG12/韓国
原題:Start-Up
配給:クロックワークス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5ちょっと疲れた時に観るのにぴったり

白波さん
2022年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

プライム・ビデオ鑑賞
3人の若者の成長を中心に描かれたコメディ偶像劇。
しかしながら脇にいるマブリーのインパクトが強すぎる。
他の作品でも同じ事が言えますが、主役で無いのに全部持ってってしまうんですね。
これが中々うまく巡り巡っている脚本でもあり、コミカルなテンポですが人情味もあり、何だかふわりとした気持ちになる作品でした。
マブリーの魅力に溢れており、ちょっと疲れた時に観るのにぴったりな愛らしい映画ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

2.5最後まで見れず

2022年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉田健一郎

3.0いつもと違うマ·ドンソク、、、!

M hobbyさん
2022年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

単純

パッケージ見たとき、誰やこれ?
なくらい、いつもの強面を封印(しきれてないけどw)して、ビジュアルちょっとおかしいんですけど〜な、マ・ドンソク兄貴登場!

母一人子一人で育った青年テギル。母に反抗しては、元バレーボール選手だった母の平手打ちをくらう。あてもなく家を飛び出したテギルが出会った人たちはちょっと個性的でみんなそれぞれいろんな事情を抱えていて、、

主人公のテギルは、母に対してはとにかく反抗的だが、息子のために自分の人生を諦めないで欲しいと思いながらもうまく伝えられない。言葉は汚くても心はとっても優しい18歳。
テギルが出会った強烈な風貌の中華料理店の厨房長コソク。大きな体におかっぱ頭。強面のおっさんは冗談が好きで腕っぷしもすごい。なんか秘密があります感が隠しきれず、やっぱり裏社会の方でしたw
いつものドンソクssi!!って、嬉しくなったよスーツ姿見たら笑
でも、TWICE見ながらダンスしてるマ・ドンソクなんて、なかなか見ることできないから、それだけでも、見てよかったな❤

テギルの友達には、塩顔イケメンのチョン・ヘインくん。おばあちゃんとの貧乏暮らしを脱するために就職しますが、、、職はちゃんと選ばなきゃね。

タイトルのスタートアップ。再生の物語ではなく、始まりの物語。自分が本当に自分らしくいられるように。不器用な主人公が、笑いとハラハラと、ちょっとホロッとさせて、それを伝えてくれるお話。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
M hobby

4.5しょうもないけどおもしろい

2022年5月23日
Androidアプリから投稿

韓国のしょうもないコメディってたまにとんでもなくいいですね。これは登場人物の人数や主人公たちとの距離感が完璧。シンプル過ぎず複雑過ぎず。あととにかくマ・ドンソクが最高。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
三毛猫泣太郎
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る