そしてまた私たちはのぼってゆく

0%
50%
0%
0%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

初長編作「ミは未来のミ」がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019シティアワードを受賞した磯部鉄平監督が同年に手がけた短編で、第11回映像グランプリ優秀作品賞などを受賞した作品。楓、涼太、まな、朝陽、春香、創士、辰巳の7人は、高校時代の仲間だったが、辰巳は卒業前に亡くなってしまう。22歳になり、母校を訪ねてみようと集合した残りの6人は、立ち寄った図書室で降霊術の本を見つけ、その場のノリで降霊術の「かごめ」を始める。しかし、ただひとり乗り気でなかった楓には、卒業前に死んだ辰巳との間にある秘密があった。「ミは未来のミ」劇場公開で併映(短編「真夜中モラトリアム」と日替わり)。

2019年製作/34分/日本

スタッフ・キャスト

監督
脚本
二朗松田
谷口慈彦
磯部鉄平
プロデューサー
南羽真里
撮影
木下隆之
照明
福永浩二
録音
杉本崇志
整音
杉本崇志
小道具
谷口慈彦
カラーグレーディング
小林健太
編集
磯部鉄平
音楽
kafuka
制作
谷口慈彦
スチール
松本真依
  • 浄弘卓磨

  • 愛乃助

  • 野村洋希

  • 加島愛

  • 白木原一仁

  • 松本真依

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

1.0謎の異世界

Bacchusさん
2020年7月13日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

高校卒業前に1人が亡くなってしまった仲良し7人組の、残りの6人が、卒業の4年後に母校に集まり巻き起こる話。

…という設定だけど、卒業前に1人亡くなったという設定は、あらすじを読んでいないとなかなかに判りにくい。
いくらショートとはいえ、あの写真だけじゃムリだって。

図書室で降霊術の本をみつけやってみるところから始まり、あるところから何度も繰り返しみせるけど、少しずつ変化が…。
それがこの作品の展開のキモなんだけど、ちょっとくどいし、関係ないところまで時系列いじる必要ありますか?

最後で急に秘密を明らかにされても、特にフリといえる程のものも無いから「あーそー」。

更にそこからはまあ良かったけれど、それもフリがある訳ではないからどうとでも取れるし。

オカルトでも、ファンタジーでも、現実でも、どれでも良いけれど、曖昧なのと解釈の幅を持たせるのとは違うと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「そしてまた私たちはのぼってゆく」以外にこんな作品をCheck-inしています。