エレファント・マン

劇場公開日

エレファント・マン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

19世紀末のロンドンを舞台に、実在した奇形の青年ジョン・メリックの悲劇の人生を、「イレーザーヘッド」の鬼才デビッド・リンチ監督が映画化。見世物小屋で“エレファント・マン”として暮らしていた青年ジョンの元に、ある日外科医のトリーブスという男が現れる。ジョンの特異な容姿に興味を持ったトリーブスは、彼を研究材料にするため、自分が勤める病院に連れ帰ることに。こうしてジョンとトリーブスの交流が始まるが……。日本初公開は1981年。作品誕生25周年を記念した2004年には、ニュープリント版でリバイバル公開もされた。

1980年製作/124分/アメリカ・イギリス合作
原題:The Elephant Man
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1981年5月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第5回 日本アカデミー賞(1982年)

ノミネート

外国作品賞  

第38回 ゴールデングローブ賞(1981年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジョン・ハート
最優秀監督賞 デビッド・リンチ
最優秀脚本賞 エリック・バーグレン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0忘れられない映画

Kayoさん
2019年10月9日
Androidアプリから投稿

なぜか脳裏にいろんなシーンが焼き付いて忘れられない映画になりました!この映画のせいで夜店の見世物小屋は前を通るのもいやになりました!人として成長させられた映画でもありました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kayo

4.5リメイク希望

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

1980年の映画なのに白黒で、カット割りから音楽まで50年遡るような凝った作りの映画。
時代が19世紀ロンドンだからなのか、この映画のテーマ故なのか。

見世物になっていたジョンを招き、安住の住処を与えた外科医トリーブス。彼の人脈なのか、人気の舞台女優など有名人がジョンを慰問するようになり、その事が新聞記事に取りざたされる様になる。ジョンの世話をしていた看護士がトリーブスに言う。
「ジョンがまた見世物になっています!」
トリーブスが自問自答し始める。
「自分も、ジョンを見世物にしていた男と変わりないのか・・・」

しかし観客は知っている。トリーブスはジョンと初めて会ったとき流した涙を。

ここに限らず、終始胸が抉られる話でした。

アンソニーホプキンス若い!髪フサフサ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリストフ

4.0感動ポルノを題材にした重み

a0064さん
2018年12月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
a0064

3.5悲しくてなんとも言えない気持ちになった

Junkonaさん
2018年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

前情報あまりなく、デビッドリンチ監督という事で見てみた。

この時代のイギリスと物語との雰囲気は絶妙で、見てよかった一作。

なんて不平等なんだろう。。
最後まで辛い気持ちにさせられる映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Junkona
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「エレファント・マン」以外にこんな作品をCheck-inしています。