エレファント・マン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

エレファント・マン

解説

19世紀末のロンドンを舞台に実在した奇形の青年ジョン・メリックの悲劇の人生を、「イレーザーヘッド」のデビッド・リンチ監督が描き、鬼才リンチの名を世界にとどろかせた名作。見世物小屋で「エレファント・マン」として暮らしていた青年メリックの前に、ある日、外科医のトリーヴスという男が現れる。メリックの特異な容姿に興味を持ったトリーヴスは、メリックを研究材料にするため、自分が勤める病院に連れ帰ることに。何も話さず怯え続けるメリックを、周囲は知能が低いと思っていた。しかしある時、メリックが知性にあふれた優しい性格であることが判明するが……。日本では1981年に初公開。作品誕生25周年を記念した2004年にはニュープリント版、本国公開から40年を迎えた2020年には4K修復版でそれぞれリバイバル公開される。

1980年製作/124分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:The Elephant Man
配給:アンプラグド
日本初公開:1981年5月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第5回 日本アカデミー賞(1982年)

ノミネート

外国作品賞  

第38回 ゴールデングローブ賞(1981年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジョン・ハート
最優秀監督賞 デビッド・リンチ
最優秀脚本賞 エリック・バーグレン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1980 BROOKSFILMS LTD

映画レビュー

4.5これほど深く感動的な映画だったことに改めて衝撃を受けている

2020年7月27日
PCから投稿

今回の4K修復版は、その映像の美しさにただただ没入せずにいられない。今はもう亡きジョン・ハートが素顔を隠して放つ純朴な演技にひたすら心奪われ、アンソニー・ホプキンス演じる医師との友情にも胸迫るものを感じるこのひととき。映像が澄み渡っていることが手伝って、彼らの繊細な表現が他の要素と混濁することなく、より純粋に際立って伝わってくるかのようだった。また、今の時代に鑑賞することで、いかに医師が先入観を取っ払って、敬意と友情を持って向き合おうとしていたかがよく分かるし、彼が「私は興行師と同じなのではないか」と自問したり、病院内の世界を見世物小屋と比較するなど、リンチが意識的に盛り込んだ構造的なテーマ性も深く突き刺さる。終始に渡って映し出される大聖堂の模型が印象的だ。見えない部分を想像力で補って作り上げたその模型は、人間性や内面を真正面からしっかりと見つめることのメタファーとしても解釈できるだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

3.0正統派のはずなのに、何かがおかしい

2021年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

何だろう。「ツインピークス」でその風呂敷の拡げ方に夢中になって追いかけた挙句、突き放された苦い経験があるのですが、まだそんなことはおくびにも出さない頃のリンチ作品で、正統派のヒューマンドラマと思わせといて実は…みたいなひっかけは一切ありません。

ただ、当時「泣ける」というような評価を真に受けて、見てみたら何か違う、何かがおかしい。と思ったのが正直なところで、その一つが主人公の顔の特殊メイク。徹底して最後まで見せないつもりかと思いきや、意外にあっさり途中で顔をさらし、そこからはひんぱんに素顔で登場しますが、顔の扱いが凄く雑な印象を受けました。

同時代の映画「スターウォーズ帝国の逆襲」なんかでは、異星人のリアルな表情をアニマトロニクスで巧みに表現できていたので、もっとリアルな造作が出来たんじゃないかと思いました。いかにも作り物という風情の特殊メイクにはかなりの違和感を抱いたのです。そのことが残念過ぎて、映画の世界にもう一つはまり込むことが出来ませんでした。

2018.4.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.5考えさせられる。

2021年10月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
P.N.映画大好きっ子さん

4.5個人的に号泣必至だった

Jolandaさん
2021年5月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

久しぶりに映画で号泣しました。

リンチ作品の、場面が切り替わる時に舞台みたいに、それも(多分)あえてややゆっくり暗転する演出が好きです。昔の映画みたいでしっとりして叙情的で上品だよね。

しょっちゅうメソメソして鼻かんで忙しい鑑賞だったんだが、特に泣いたのはやっぱり、ジョンがトリーヴズ医師?の奥さん相手に母親について話す場面。あと、ラストだなぁ、、 ラストの音楽もよかった、、有名な曲かな。

それにしても、、当時の病院のセキュリティ、、ザルだな(呆)

女優のケンドール夫人?素晴らしいですね。慈愛がすごい。こういう、掛け値なしの愛情を注げる人間でありたいものです。
なんだろう、、全員ではないけれど、演者というのは、往々にして本質を見抜く目を持っている人が多い気がします。共感能力が高いせいかな。

トリーヴズが、自分のやっていることが偽善なのか葛藤する辺りも、人間的で良い。
若い頃のアンソニー・ホプキンス、けっこうイケメンね、、(←今更?笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Jolanda
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る