風の谷のナウシカ

ALLTIME BEST

劇場公開日

風の谷のナウシカ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アニメ雑誌「アニメージュ」誌上に連載されていた宮崎駿の同名漫画の映画化。宮崎監督自身が、監督、脚本を務めた。高度な産業文明を破壊させた「火の七日間」呼ばれる大戦争から1000年。人類は、巨大な虫や、毒の森・腐海に脅かされながら生きていた。辺境の小国「風の谷」の族長の娘、ナウシカは、人間同士の争いに巻き込まれていく。

1984年製作/116分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1984 Studio Ghibli・H

映画レビュー

5.0宮崎駿監督のターニングポイントとなった伝説的な作品! (評価は庵野秀明監督らのオーディオコメンタリーも込みで)

2020年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これまで何度か見た作品ではありましたが、初めてDVDのオーディオコメンタリーも含めて見てみました。
物語りの設定は、産業文明が崩壊した1000年後で、(腐海の中では)大気中に毒があり、登場人物らはマスクをしていたりもするので、ちょうど今の時代と共通点もありそうです。
本作は宮崎駿監督が自分の名前だけで自立した初めての映画で、スタジオジブリの初作品とされています(厳密には、「風の谷のナウシカ」だけはジブリ前身のトップクラフトですが)。
当時は財政的にも厳しかったようで、宮崎駿監督が脚本や絵コンテ、レイアウトだけでなく、原画、さらには、動画さえも直して描いたりしていたようです。
オープニングとエンディングはさっぱりしていて、オープニングで原画スタッフまで出す映画は、私の記憶ではこれが初めてかもしれません。(それくらいスタッフが少なかった、とも言えると思います)
見どころとしては、「エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明監督が、駆け出しの時にラスト近くの巨神兵のシーンを描いているところと、金田伊功という「現在の多くのアニメーション作品のアクションシーンに多大な影響を与えたアニメーター」が描いたシーンでしょうか。
アニメーションの効果的な動きで重要なものに「パース」(遠近法を使った画面構成)というものがあって、この「パース」を使うことで、キャラクターなどに、より迫力のある動きをさせることができます。宮崎アニメでは、「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」、「紅の豚」、「もののけ姫」に至るまで、金田伊功氏の原画が宮崎駿監督作品のクオリティーを大きく支えていた面もありました。
例えば「風の谷のナウシカ」では、アスベルの登場シーンが象徴的でしょうか。
アスベルは、いわゆる「ヒーロー」的な立ち位置ですが、最初の登場シーンは「殺人鬼」にしか見えません。これは、「パース」を使った作画手法に加えて、目を設定とは程遠いほど違うように見せている上手さがあります。このように味がありシャープでダイナミックな映像を当時から確立していて、原画スタッフではトップでクレジットされています。
さて、私の中で「風の谷のナウシカ」は、何か他の宮崎駿作品とは違う、とずっと思っていたのですが、今回、DVDのオーディオコメンタリーを合わせて見て初めて気付いたのは、ヒロインのナウシカは、庵野秀明監督曰く「宮崎駿監督のダークサイドを背負った人物像」なのだそうです。
確かにこれ以降の宮崎アニメのヒロインは、人を殺したりはしないですよね。
とは言え、自然との共生を目指し、優しく強い正義感を持っているのでナウシカの人気は非常に高いわけですね。
ラストシーンも当初は別のパターンだったりしたようですが、私はこの最終版で良かったと思います。
現代のアニメーション映画の最先端を担う「エヴァンゲリオン」等にも影響を与えたといえる本作は、宮崎駿監督のみならず「日本のアニメーション映画のターニングポイント」になった作品と言えるでしょう。

なお、オーディオコメンタリーでは、演出助手だった片山一良氏が進行する感じで庵野秀明監督が、ワンカットごとに素直に褒めたり、宮崎駿監督のことをけなしたりと、なかなか愛に溢れた面白い出来になっていました(笑)。
いずれにしても、CGが使えない時代で、ここまで手書きで勝負できるって凄いことだと思います!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 11 件)
細野真宏

4.5一生に一度は映画館でジブリをPART3

2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿

ついにナウシカまで観てしまった。ナウシカは子供の頃漫画を見ながらカセットテープを聴くという不思議なツールがありそれで観賞したつもりでいたのだが、実際劇場で観れて良かったです。35年以上前の作品なのに色褪せてない。ジブリ躍進のきっかけとなった作品。テーマ性も世界観、音楽全て素晴らしい。日常でもやけに背の高い人みると巨神兵だと言ったり、大きな虫見つけると王蟲だと言ったり未だに影響力をもっている。深すぎて上手にレビューできない。DVD買って何回も見直したいその都度新しい発見のありそうな珠玉の名作だ。
いやぁーコロナ禍でのこのジブリの企画に感謝です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

4.5映画館で観れる幸せ

ゆーさん
2020年8月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

地球レベルでの人間への警告に対して、全面的に武力を持って対抗するか、受け入れて叶うかも分からない共存の道を選ぶのか。
やっぱりジブリって大人向けのアニメーションだよね。テーマも重いし、ストーリーも考えながら観ないと置いていかれてしまう。だからこそ、この歳になって改めて映画館で観ることが出来たっていうのは貴重な体験だと思うんですよ。
ナウシカとクシャナのリーダーとしての在り方だとか、接し方、考え方なんかも対比出来たりして面白かったなと。
そして何よりナウシカが可愛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆー

5.030年以上も前に作られても色褪せない!

うさぎさん
2020年8月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

なんて素晴らしい映画!

自然と虫と人間の共存。
人間が汚した土地や水を森が濾過し、
虫がその森を守る。
しかし、人間は、人類至上主義を唱え、
戦争を繰り返す。
それに、真っ向から立ち向かうナウシカ。
彼女の姿勢に涙なしには、見られない!

ストーリーのスケールの大きさ!深さ!
現代にも通じるものがある!
コロナに直面している今見ると
感慨深いものがあるな…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
うさぎ
すべての映画レビューを見る(全121件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る