トキワ荘の青春

劇場公開日

  • 予告編を見る
トキワ荘の青春
16%
26%
44%
12%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

手塚治虫をはじめとした日本を代表する漫画家たちが若き日々を過ごし、東京都豊島区に実在した伝説的アパート「トキワ荘」の日常を、昭和30年代の懐かしい空気感をそのままに描いた青春ドラマ。豊島区の木造アパート・トキワ荘に住む「漫画の神様」手塚治虫のもとには、編集者たちが日夜通い詰めていた。向かいの部屋で暮らす漫画家の寺田ヒロオは、その様子を眺めつつ出版社への持ち込みを続けていた。やがてトキワ荘を去った手塚と入れ替わるように、「藤子不二雄」の藤本弘と安孫子素雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫ら、若き漫画家の卵たちが次々と入居してくる。寺田を中心に「新漫画党」を結成した彼らは、貧しい生活の中でも互いを励まし合い、漫画の未来について熱く語り合う日々を送るが……。「東京兄妹」の市川準監督が、実話に基づきフィクションとして描き、1996年に製作・公開された。住人たちの兄貴分的存在だった寺田ヒロオを本木雅弘、彼を囲む若き漫画家を阿部サダヲ、古田新太、生瀬勝久らが演じた。2020年5月、デジタルリマスター版でリバイバル上映。

1996年製作/110分/G/日本
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
日本初公開:1996年3月23日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1995/2020 Culture Entertainment Co., Ltd

映画レビュー

4.0小さな佳作。世代によるね。

2021年9月27日
iPhoneアプリから投稿

幸せ

時代の変遷と同じく、漫画もアニメも日々更新変化されていく、紙の少年漫画誌の衰退もあるだろう、今後も

だから昭和の漫画家の大物、スター漫画家を輩出したトキワ荘を描いたこの映画も世代によるだろう、受け止め方は。

それにしてもあの一世を風靡した赤塚不二夫にあんな低迷期は驚きだし、つげ義春と親交があったとは意外。
どうでもいいですけども、今の若い人。「つげ義春」結構シュールでいい感じだから「ねじ式」だけでも一読をオススメします。図書館によっては置いてあるところ有るから。

映画の話に戻ると
静かな映画だけれども、見やすく仕切られた穏やかな構成で、和ませる映画である。

時代背景も昭和30年代初頭から中盤の前あたりまでで、

やはり世代により感想は大きく異なるでしょう。それほど昭和は遠くになりつつある。

平成生まれ以降の若い衆だったら、映画マニア、漫画マニア、レトロ好き を除いて当然「なんですかコレ」の世界であろうし、

昭和20年代、昭和30年代生まれだったら直球ど真ん中であろうし、昭和40年代生まれもほぼ理解できる世代だろう。

そう言う私は40年代生まれ、結構楽しめた。

確かに大きな動きの少ない静かな映画だ。でもそれが当時の、パソコンもスマホもテレビも派手な出版物もない時代の時の流れに則してリアルではないだろうか。同じアパート内でもすぐに売れっ子になる者、全く芽の出ない者、堅調ではあるが徐々に確実に時代から取り残されていく主人公。

ただ、世の中皆んな貧乏でモノ不足だから、皆同じ安アパート軒の下で、いい時代ではあるよねぇ。貧相なキャベツと葱の炒め物だけの宴会も楽しそうだなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
満塁本塁打

2.0暗くて退屈

りやのさん
2021年7月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

東京都豊島区に実在したアパート、トキワ荘、で、昭和30年代に、漫画家の寺田ヒロオ、藤本弘と安孫子素雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫ら入居者が、貧しい中でも互いを励まし合い、漫画の未来について語り合う様子を描いた作品。
トキワ荘は有名だから何か新しく面白い話でも有るのかと期待したが、日常を描いただけで退屈だった。
昔感を出すためあえて暗くしたのかもしれないが、見づらい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

4.5令和の世に見るトキワ荘物語。

2021年7月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

金は無く物も無い時代。今から見ればだけど、戦後10年以内の頃ですからねー。そこからは、高度成長期に御座います。人々が金とモノに取り憑かれ、万人参加が前提の競争社会は昭和30年代に幕開け。

何も無いと言う事は、逆に言うと才能や運に恵まれた人にとっては好機。トキワ荘と言う環境は、またと無い切磋琢磨の場であったのですね。

にしても、やたら染みる。何もかもが。昭和ノスタルジーってヤツですか?

25年前の邦画。その後有名になる男優さんが揃っている事。タッチ全般が旧い邦画の流儀に沿っていた事。などは感慨深く眺めさせていただきました。

既に。昭和が「失われた世界の話」になってしまっている事を、改めて感じてしまう映画でした。

染み方が、半端無かった。
良かった。とっても。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bloodtrail

2.5聞きづらい

hanataro2さん
2021年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「まんが道」を読んでいないので、人間関係がイマイチ。
そして、セリフが聞きづらかった。
ただ、現在では凄い俳優陣の若い姿は圧巻。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
hanataro2
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る