メイキング・オブ・モータウン

劇場公開日

メイキング・オブ・モータウン
メイキング・オブ・モータウン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スティービー・ワンダー、マービン・ゲイ、ジャクソン5などを輩出し、2019年に創設60周年を迎えた音楽レーベル「モータウン」の正史を描いたドキュメンタリー。創設者ベリー・ゴーディにより1959年にその歴史をスタートさせたモータウン・レーベルは、ソウルやR&Bの数多くのヒットを連発し、数多くのスターを世界に送り出した。本作では創設者ベリー・ゴーディが初めて密着を許可した取材映像、関係者や所属アーティストの回想や証言など貴重な映像群から構成。ゴーディの親友で戦友でもあるスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら、コーディの一代記とともにモータウンの60年にわたる歴史、そしてレーベルの魅力を解き明かしていく。

2019年製作/112分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:Hitsville: The Making of Motown
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

映画レビュー

5.0笑顔が素敵なジジイに憧れてしまいます。

Naokisky2さん
2020年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

勇気をもらえる映画でした。

ただ売れただけじゃなくて、どうやって売れるようにしたか、という過程を紐解いてくれます。

かっこいい先輩たちに勇気をもらいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Naokisky2

4.5物凄い熱量

Chiharuさん
2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

たしか高校生の頃、ラジオの深夜放送で流れてきたReach Out I'll Be Thereに痺れた。
そのリズムと熱量に凄い曲を発見してしまった的な、ワクワクした感覚はすぐに思い出せる。たぶんJET STREAMだった気がする。
あの熱量がこのモータウンだったのか!そう確信出来る素晴らしい作品だった。
期待通りのReach Out I'll Be Thereのライブシーンでは、パワフル過ぎて汗だくで歌い踊る熱量に鳥肌が立った!
車を組み立てるが基本となり、ビジネスと才能を同時に確立したエンタメのお手本みたいなモータウン。こんな凄い事になっていたのか!と驚く話しや馴染みのアーティストがぞくぞくと出てくる。
レーベルにとって転機となる、溢れ出す才能達のエピソードも見応えがある。
スプリームスの社会進出の姿は美しすぎるし、マーヴィンゲイの曲の背景には惹きつけられた。
何よりすごいのは、創設者ベリーゴーディーの勢いは健在で、熱量は絶えることなく続いているところだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chiharu

4.0社会の「分断」を埋めるものは、いつの時代も音楽と人の絆

h.h.atsuさん
2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿

今のDetroitは、あらたなTech企業が誕生しているものの、米国有数の犯罪地域でありRust Beltと呼ばれる退廃した都市だ。

Motownが設立された60年代は、米国経済がもっとも輝いていた時代であり、その牽引のひとつがDetroitを中心とした自動車産業だ(まさに文字通りのmotor town)。

トヨタの大野氏がスーパーマーケットの販売ラインから生産方式を生み出したように、Motown創業者のBerry Gordy, Jrは勤務していたFordの生産システムをヒントに組織運営を考えていたとは驚きの事実。

本作でも、人材発掘、A&R、育成、QCなどの各過程を工場の組み立てラインのように一貫したマネジメントをおこなってきた点をMotownの成功の要因のひとつにあげている。

たとえば人材開発やプロジェクトマネジメント、ブランディングについてはビジネスパーソンとして参考になるヒントが散りばめられている。

なかでも人種性別にとらわれない人材登用の姿勢は、人種差別がはげしい時代下で驚くべきdivercity の取り組み。だからこそ全米中、そして世界でも愛されるレーベルを作ることができたのだろう。

70年代に入り、米国のプレゼンスに陰りがみえはじめ、社会の変化とともにMotownも停滞感が漂うなかでうまれた、Marvin Gayeの「What’s Going On」の誕生エピソードが秀悦。

本作のなかで流れるヒット曲の数々。名曲のリズムに身を委ねつつ、分断の時代の今こそ音楽がもつ力を信じたいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
h.h.atsu

4.5デトロイトの街が彼らを創った

morihideさん
2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

結局、あの時代の新興都市デトロイトの街が彼らを作ったのだ。あの時代に黒人に教育を施し、数多くの天才を産み、マネージメントができる人材を産み出し、リベラルな空気があったのだ。
今のデトロイトでは考えられない、どうしてこんなになったのだろうか。30年近く前にデトロイトに行った事があるが、映画の雰囲気は感じられ無かった。

Unlock potential の精神と、卓越したマネージメント能力が奇跡を産み出したのだ。社長が作曲するとは!
偉大なことを達成する会社とはこうあるべしという見本。あの時代から育成に力を入れているとはすごいことだ。
最近元気がいいIT企業も、同じ匂いがする。マネージメントはMBAの学問だけではダメなのだ。

黒人差別の所では涙した。
今でもBLMがあるのに、あの時代のことを想像すると。。。
何十年経っても変わらない世の中。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
morihide
すべての映画レビューを見る(全8件)