メイキング・オブ・モータウン

劇場公開日

メイキング・オブ・モータウン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スティービー・ワンダー、マービン・ゲイ、ジャクソン5などを輩出し、2019年に創設60周年を迎えた音楽レーベル「モータウン」の正史を描いたドキュメンタリー。創設者ベリー・ゴーディにより1959年にその歴史をスタートさせたモータウン・レーベルは、ソウルやR&Bの数多くのヒットを連発し、数多くのスターを世界に送り出した。本作では創設者ベリー・ゴーディが初めて密着を許可した取材映像、関係者や所属アーティストの回想や証言など貴重な映像群から構成。ゴーディの親友で戦友でもあるスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら、コーディの一代記とともにモータウンの60年にわたる歴史、そしてレーベルの魅力を解き明かしていく。

2019年製作/112分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:Hitsville: The Making of Motown
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5伝説のレーベルだけに社長の自画自賛も面白い

村山章さん
2020年9月30日
PCから投稿

モータウンというレーベルが、黒人音楽にとどまらず世界のポップミュージック全般に多大な影響を及ぼしたことは否定のしようがない。その中核にいて陣頭指揮を執ったのが創始者、社長、作曲家、プロデューサーだったベリー・ゴーディで、そのゴーディが弟分でモータウンの副社長だったスモーキー・ロビンソンと往時を振り返りながら、モータウンのビジネス哲学を語りまくる。

ゴーディは、強烈なリーダーシップゆえにモータウン帝国によるエンタメ界制覇を夢想し、やがて凋落するのだが、そんなことはおくびにも出さず、音楽業界での功績にだけフォーカスしており、それもゴーディ自身がガッツリ関わっているのだから、どうしても自画自賛の匂いは強い。それでも面白いのは、ゴーディの功績の大きさと強烈な個性、そして、明快な経営哲学が今も刺激的だからだろう。

例えばゴーディは、音楽工房モータウンを作るに辺り、フォードの自動車工場の組み立てラインに着想を得たと明かす。流れ作業のように大量生産されるポップソングが、いかにして人の心を打ち、今も人の心を捉えるのか。芸術と商品という永遠のテーマに関する、空前絶後の成功例を教材にした研究室のようでもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0チャーミングなおじいちゃん

みにこさん
2021年4月20日
スマートフォンから投稿

楽しい

音楽作りを車の組立ラインに当てはめてテンポよく展開させ、大部分がインタビューであっにも拘わらず、退屈しないようになっていた。
モータウンレーベル創始者のベリーゴーディは相当なやり手だったと思うのだが、今となってはギラギラした感じもなく、ニコニコとよく笑い、笑顔の素敵なチャーミングなおじいちゃんといった雰囲気で観ていて心地良かった。

人種差別などの暗い話題は避けて通れないが、過ぎ去って見ればそれもまた良い音楽を生み出すためのパワーとなっていた訳で、キング牧師、マンデラ氏、オバマ氏…それぞれがモータウンの音楽には特別な感慨を覚えているのも納得だった。

観賞後は音楽ってやっぱりいいな、と胸がジンとすると共に心に爽やかな風も吹いた良作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みにこ

4.5自分のアメリカ史が立体化された

2021年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

Motownの音楽、とりわけ70年代のブラックミュージックは10代の頃のHipHopカルチャーからの遡りでドハマりした時期があり、色々な音楽を聞くようになった今も黒人のグルーヴに心地さを感じるDNAがあると感じている。もはやクラシックスの領域である音楽の立ち上がる瞬間のアーティストやプロデューサーの事情やアメリカの文化背景が分かり、60年代の名曲や自分が好きだった70年代の音楽が立体的になっていく。とりわけアメリカの黒人差別が色濃く残る時代に同じフロアで人種を超えてその音楽で踊るというのは、音楽の力というのを改めて感じる。さらにMotownでは黒人だけでなく、女性や白人の社員などを積極的に雇用していて皆が良い音楽を作る事に集中しているという、現代のベンチャー企業のような社風があった事も見え方が変わった。さておき、音楽史として、アメリカ文化史の1つとして確固たる地位を築いた創業者のベリー・ゴーディと、彼と共に時代を築き上げたスモーキー・ロビンソンやGoodMusicを残してくれたアーティストには敬意を表したい。ブラックミュージックに興味が無い人にとっては、仲良しおじいちゃんが過去の栄光を語り続ける地獄の作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluecinema

3.5ヒッツビルに行きたくなるなー

KONさん
2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿

ヒッツビルに行きたくなるなー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る