泣く子はいねぇが

劇場公開日

泣く子はいねぇが
泣く子はいねぇが

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ガンバレとかうるせぇ」「歩けない僕らは」などの短編で高い評価を受けてきた佐藤快磨監督の長編劇場デビュー作。是枝裕和監督率いる映像制作者集団「分福」が企画協力し、佐藤監督の地元・秋田の伝統行事「ナマハゲ」を盛り込みながら、大人になっていく20代の若者たちの姿を描く。秋田県・男鹿半島で暮らす、たすくに娘が誕生した。たすくが喜ぶ中、妻のことねは子どもじみていて父になる覚悟が定まらない夫に苛立ちを募らせていた。大みそかの夜、たすくは妻と「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に参加する。しかし、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ日頃の鬱憤を晴らすかのように「ナマハゲ」の面を付けたまま全裸で街へと走り出し、その姿がテレビで全国に放送されてしまう。ことねに愛想を尽かされ、地元にもいられなくなったたすくは逃げるように東京へと向かう。それから2年、東京にたすくの居場所はなく、たすくの中に「ことねと娘に会いたい」という思いが強くなっていく。たすく役を仲野太賀、ことね役を吉岡里帆が演じるほか、寛一郎、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎らが顔をそろえる。

2020年製作/108分/G/日本
配給:バンダイナムコアーツ、スターサンズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

映画レビュー

3.5ラストシーンが凄い。「そうきたか!」ってね

2020年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

冒頭からずっと、主人公に説教したくなる感じを覚えながら見ていました。「愛がなんだ」で抱いた感情と同じヤツ。しかし、ずーっと溜まっていたフラストレーションが、最後の最後にぶっ飛びます。「そうか。それがやりたかったのか!」ラストシーンで涙出そうになったよ。佐藤快磨監督のデビュー作、お見事です。新しい才能の登場ですね。

ちなみに、本作はサンセバスチャン映画祭で撮影賞を受賞しています。撮影監督は月永雄太。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 14 件)
駒井尚文(映画.com編集長)

3.5立ち向かってこその責任

kazuyaさん
2020年12月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kazuya

3.0なまはげに罪はない。問題なのは・・・

keytonさん
2020年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 田舎者のエゴイズム中心の映画。
学生気分で作った子供をどうやって育てるかという現実を突きつけられる父親に対し、養育費を男に全て擦り付けようとする母親に腹が立った。正直、自分を養わせるために子供を作ったとしか見えない。
 また田舎の伝統行事をお酒で無理やり盛り上げようとする年寄りにも腹が立った。
なまはげを守るためと言いつつ、単に酒を飲んでストレス発散させたいだけのサークル集団にしか見えない。
 他力本願の人が多い中、不幸のどん底でみんなに認めてもらおうと自分なりに奮闘する主人公にエールを送りたくなる作品。
エンドロール後の映像は謎。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keyton

3.5なるほど

2020年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぽんちゃん
すべての映画レビューを見る(全70件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「泣く子はいねぇが」以外にこんな作品をCheck-inしています。