暗数殺人

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
暗数殺人
暗数殺人
15%
63%
21%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実際の連続殺人事件をモチーフに、7人を殺したと告白する殺人犯と、その言葉に翻弄される刑事の姿を描いた韓国製サスペンスミステリー。恋人を殺害して逮捕されたカン・テオから「全部で7人殺した」という突然の告白を受けた刑事キム・ヒョンミン。しかし、テオの証言以外に証拠はなく、警察内部でもテオの言うことを信じる者はいない。それでも、テオの言葉が真実であると直感的に確信したヒョンミンは、上層部の反対を押し切り捜査を進めていく。やがて、テオの証言通りに白骨化した遺体が発見されるが、その途端、テオは「死体を運んだだけ」と証言を覆す。「チェイサー」「哀しき獣」のキム・ユンソクと、「アシュラ」「神と共に」のチュ・ジフンがダブル主演。脚本に「友へ チング」のクァク・キョンテクが参加している。

2019年製作/110分/G/韓国
原題:Dark Figure of Crime
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • オキュラス 怨霊鏡
  • ディスコード
  • WE GO ON 死霊の証明
  • オッズ
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • インシディアス
  • クロユリ団地
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • ファンハウス
  • バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

COPYRIGHT (C) 2018 SHOWBOX AND FILM295 / BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0暗数……恐ろしくも印象的な表現

2020年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

主に犯罪統計の分野で、警察等の公的機関に認知された犯罪の件数と、実際に起きた件数の差を言うらしい。本作で初めて知ったが、“暗い数字”とは言い得て妙だ。

「羊たちの沈黙」のレクター博士と捜査官クラリスを想起させる、収監された知的な殺人犯と優秀な刑事の奇妙な協調関係。ただしこちらは韓国で実際に起きた事件をベースにしている。事件追跡番組「それが知りたい」のエピソード869で取り上げられたケースに着想を得たという。検索すると55分ほどの動画が見つかったが、残念ながら字幕なし。韓国語の分かる方は興味があれば。

警察が把握した事件以外に、6人も殺したと告白された刑事は、周囲の反対も振り切って捜査にのめり込んでいく。だがそれは犯人の巧妙な罠で、証言を翻す犯人に捜査は攪乱される。現代社会の闇を感じさせる事件。日本や他国でも、実際は他殺されたのに失踪や行方不明として処理される件はあるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.0羊たちの沈黙への勇気ある返歌。

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

羊たちの沈黙への三十年ぶりの勇気ある返歌と評す。
接見は硝子の地下牢でない大部屋、ペン渡しまくり、理知と猟奇に半端な犯人、美しくもなく命を賭けるでもない中年刑事。
地味で凡庸な事件と緩慢な捜査。
だからこそ炙り出される地味だが真っ当な正義。
支持しよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0かなり、面白い!

CBさん
2020年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

過去に行なった殺人を刑事に自供する、その代わりに金銭などさまざまな差し入れを刑事に要求する殺人犯の若者。明確な時間や、場所の描写など、嘘とは思えない自白に右往左往する刑事。しかし、その自供は、犯行を入れ替えてあったり、別の被害者の事件だったりで、刑事が駆けずり回っても、なかなか立件できない。逆に、裁判に敗れた刑事は派出所勤務に回されたり、犯人から冤罪訴訟を起こされたりする始末。このまま、この頭のよい犯人に、好きなようにあしらわれて終わるのか、という話。

「俺の自供がなければ、何もできない無能のくせに!」という叫びが、犯人の全てを表している。

貧乏な家、粗暴な父のもとに生まれたというだけで、抑圧された中で育たなければならない理不尽さ。自分が人より優れていることを自覚している若者が、犯した殺人を見事に覆い隠し、逆にそれを交渉に使う。観ている俺にも、彼が人より秀でていることは明らかなのだが、その才能を使う先が殺人か・・・という点は、残念というか絶望に近く感じる。

すべての才能ある若者が、貧富の差別なく、その才能を人類の幸せのために使えますように。

おまけ
オープニングで観せる、"食うシーン"。緊迫感が、食うシーンと混ざると、なんだか気持ち悪い感じを出すには最高だ。韓国映画や中国映画は、こういうシーンが上手だと思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
CB

3.0もっと気持ち良くさせて欲しかった

2020年11月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

相変わらず韓国映画は
敵を立たせるのが上手い。
ムカつく。ひたすらムカついて、コイツ最後見とけよ!
って観てたので、もっと気持ち良くさせて欲しかった。
犯人が悔しくて発狂する顔が見たかった。

あらすじとして、
犯人が七つの殺人を吐いて、
それを警察があばいて行くのだけど、
犯人とのやり取りは刑務所の中と検証の時しかないので、
韓国映画で有りがちな犯人が襲って来たり、
更なる殺人を犯す恐怖がないので、
何となく安心して見れた感はある。
これは嘘で、どれが本当だ?と言う推理や
犯人の発言が繋がっていく様は楽しかったけど、
ワクワクドキドキは少なかった。

主人公が犯人の足跡を追う事に人生を賭けると言うのは
単に美談だけでなく、
生きがいになってしまった切なさを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る