リチャード・ジュエル

劇場公開日

リチャード・ジュエル
26%
61%
11%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。

2019年製作/131分/G/アメリカ
原題:Richard Jewell
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画レビュー

3.5Intentionally Political, but a Good Story

2020年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

Richard Jewell is like that kids TV show where a kid who did nothing wrong gets blamed for something bad. In this case the hero of a bombing is regarded as the perpetrator. It's a true story. I imagine Clint Eastwood made this film because he wanted to show the FBI's track record of pursuing the innocent in light of Trump's investigations. But the master leaves things open ended. The film just is.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5イーストウッド監督の残酷な視点と説得力

村山章さん
2020年8月20日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
村山章

5.0松本サリン事件を想起させる展開…

2020年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

興奮

…と思って鑑賞したのだが、後日、あの事件で冤罪被害にあった河野義行さんを試写会か初日のトークゲストに招いたとニュースで知り感心した(企画した人にも、引き受けた河野さんにも)。多分日本で一番リチャードに心から共感できる方でしょう。イーストウッドの語り口も実際、基本的にリチャード視点で進むので、観客の多くは自分がこんな状況に追い込まれたらと想像して恐ろしくなるはず。

サム・ロックウェルが演じる弁護士が合流して反撃を始めてからは痛快な展開あり、母役キャシー・ベイツの感動的な涙の訴えありでさすがのイーストウッド節だが、日本にも確かにある警察・メディア・世間が冤罪を生む構造を直視させられる居心地悪さも。フェイクニュースが問題になっている現代にこの題材を映画化するあたり、イーストウッドの時代感覚にも感嘆させられる。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 35 件)
高森 郁哉

4.5国が有罪といったら無罪の証拠

REXさん
2021年7月14日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REX
すべての映画レビューを見る(全350件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る