サイレント・トーキョー

劇場公開日

サイレント・トーキョー
8%
35%
38%
13%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アンフェア」シリーズなど手がけた秦建日子がジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされて執筆した小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を映画化したクライムサスペンス。佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト陣を迎え、「SP」シリーズの波多野貴文監督がメガホンをとった。クリスマスイブの東京。恵比寿に爆弾を仕掛けたという一本の電話がテレビ局にかかって来た。半信半疑で中継に向かったテレビ局契約社員と、たまたま買い物に来ていた主婦は、騒動の中で爆破事件の犯人に仕立て上げられてしまう。そして、さらなる犯行予告が動画サイトにアップされる。犯人からの要求はテレビ生放送での首相との対談だった。要求を受け入れられない場合、18時に渋谷・ハチ公前付近で爆弾が爆発するというが……。

2020年製作/99分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

映画レビュー

3.5渋谷スクランブル交差点の再現度 これに尽きる

2020年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

佐藤浩市、西島秀俊、石田ゆり子………、キャストの並びを見ただけで安定感たっぷり。ただ、それ以上に今作を語るうえでは「渋谷スクランブル交差点の再現度」、これに尽きるのではないだろうか。栃木・足利に作った巨大オープンセットに、その本気度がうかがえる。作ろうといって簡単に作れるものではない。製作サイドの情熱だけでも無理な話で、莫大な費用とそれを支える手間があってこそ。この再現度の高さ、隅々までを大きなスクリーンで見て頂きたい。

コメントする
共感した! (共感した人 33 件)
大塚史貴

3.5ネタバレ厳禁のため、例えるなら「SP」、いや日本版「コンテイジョン」のような作品?

2020年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

本作は岡田准一×堤真一の大ヒット作「SP」シリーズの波多野貴文監督がメガホンをとったので、「あの名作の再来か」と期待していました。ただ、起こり得る危機への警告、という意味では同じでしたが、「99分ノンストップムービー」といった趣向が強く、「SP」とは作風等が大分違っていました。
今年、新型コロナウイルス騒動が起こってから、2011年に公開された「コンテイジョン」というハリウッド映画が世界的に注目を集め、「まさに映画と同じだ!」とDVD等が飛ぶように売れていました。
そんな状況を目の当たりにして、もし「コンテイジョン」が今年の2月くらいに公開されていたら凄いことになっただろう、と思っていました。

人は、それぞれ毎日の生活が忙しく、基本的には「安全神話」の中で生きています。
そんな中「SP」シリーズ等のように、起こり得る危機へのシミュレーションをしているのが本作だと思います。
渋谷駅のスクランブル交差点を忠実に再現したセット等に1日最大1200人規模のエキストラが集まったそうですが、これは昨年の11月下旬から12月上旬という、ある意味でラッキーな時期に撮影された結果で、このような作品はしばらく見られないのかもしれません。
「佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト陣」という紹介が多いですが、彼らはもちろんのこと、私は中村倫也の演技がなかなか良かったと思います。
さて、本作の脚本の構成は、もう少し深みとリアリティがあれば良かったかな、と思いましたが、これは2011年に「コンテイジョン」を見た時も思ったので、私自身が「安全神話」にいるのかもしれないですね。
響く人には響く作品だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 33 件)
細野真宏

3.0観やすさは薄さの裏返し

よしさん
2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

爆弾テロ犯を巡る攻防を描く物語。

佐藤浩市、石田ゆり子、西島英俊等が出演する豪華配役のサスペンスです。
「平和ボケ」日本に警鐘を鳴らすような設定は、ハードボイルド小説では良くある設定ですが、逆に王道。
ストーリー展開も、「導入からテロ」、「犯人特定とクライマックス」・・・とスムーズに展開して行き、とても観やすく感じました。

ただ、設定の大きさと比較すると、「観やすい」は「浅い」の裏返しにも感じます。
例えば、犯人とテロ犯の攻防をもう少し加えて欲しい・・・と感じました。「爆弾を巡る攻防」、「犯人特定を巡る罠」、「総理との駆け引き」・・・等々。
また、やはり動機にはもう少し納得感が欲しかった。基本設定自体に文句はありませんが、もう少し膨らませないと「大規模テロ」に相応しくないものに感じられます。犯人の設定にもう少し位味付けがあれば納得だったかもしれません。例えば、総理との関係性とか。

渋谷の喧噪を描いたシーン(爆発シーンではなく)等は、邦画の枠を超えた迫力だっただけに、少し勿体ないと感じた作品でもありました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

2.5なんだか‥

いつこさん
2021年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

リアリティがなさすぎて感情移入できなかった。。初めの爆発で液体窒素かけた時、まず先輩の安全確保をするべきでは?とか、人質になってた後輩をそんなに早く釈放するか?とか、渋谷に爆発予告あるならもっと広い範囲でロックダウンするべきでは?とか、警察側の色々な対応がポンコツ過ぎて、そればっか気になっちゃった。先輩‥大丈夫だったのかな?それはエンディングのちょっとでもいいから救ってあげないと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ
すべての映画レビューを見る(全301件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「サイレント・トーキョー」以外にこんな作品をCheck-inしています。