ジョン・デロリアン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジョン・デロリアン
ジョン・デロリアン
7%
70%
23%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作で使用され、世界的に有名になった車・デロリアン(DMC-12)。その開発者であるジョン・デロリアンの破天荒な半生を描いたドラマ。1977年、南カリフォルニア。麻薬密売の現場をFBIに押さえられたパイロットのジム・ホフマンは、罪を問われない代償としてFBIの情報提供者となる。ジムの隣人であるジョン・デロリアンはかつてゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わり、現在は自身の夢のために新たに会社を立ち上げ、革新的な車「デロリアン」の開発に勤しんでいた。美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢を追いかけるジョンの完璧な人生にジムは羨望のまなざしを向けていたが、ジョンの会社は新車開発でさまざまなトラブルが発生していた。ジョンが資金繰りで困っていることを知ったジムは、隣人として友人となったジョンを麻薬密売の罪でFBIに売り渡す計画を企てる。

2018年製作/113分/PG12/アメリカ
原題:Driven
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)Driven Film Productions 2018

映画レビュー

3.5うっすら壊れている人たちの笑劇

村山章さん
2020年8月20日
PCから投稿

デロリアンというのは、もともとタイムマシンの名前でもタイムマシンのベースになった自動車でもなく、その自動車を設計したエンジニア兼起業家の名前である、というのは知っていても、どんな人かはよく知らなかった。このバカげた珍事件を描いた伝記映画が史実を完璧に描いているとは思わないが、不運に見舞われたカッコイイ車というイメージの裏で、こんなドタバタがあったことには好奇心をそそられる。

物語としては、詐欺師同然の密輸パイロットが、有罪判決を避けようとFBIの協力者になり、近所に住んでいた自動車業界のセレブ、ジョン・デロリアンを麻薬取引に巻き込んでおとり捜査にかけようとした顛末が軸になっている。

『バリー・シールズ』と『アメリカン・ハッスル』を足したような話だが、出てくる人間みんなに小物感が漂っていることで、ブラックコメデイの要素が強くなっている。ダメな人間がダメなことをしでかす様が見たい!という自分のような人間には愉しい時間であり、主人公たちに救いようのない欠落が感じられるのも愛嬌になっている気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

3.0デロリアン

りやのさん
2020年8月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

バックトゥ・ザ・フューチャーで有名なデロリアンを製造した話。
車好きには凄く興味有る話。
欠陥車でも個性が有れば良いと思うのはおかしいかな。
所詮この世に完璧なものなどないのだから、と製造メーカーで部品設計してたら思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

3.5めちゃくちゃ面白いというわけではないが

もるるさん
2020年6月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もるる

3.0一番のクセ者は誰だ?

regencyさん
2020年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

自身がこだわる車作りに情熱を注ぐ男の映画といえば『タッカー』があったが、同じ趣旨の内容でも本作はちょっと違う。
ジョン・デロリアンもプレストン・タッカー同様、車バカなのは間違いないのに、性格的にはむしろ真逆。
表向きは、根は良い奴にして本作の真の主役ジム・ホフマンの悪魔のささやきに導かれ、理想の車作りのために道を踏み外すジョンの悲劇のように見えて、実は…というのがポイント。
ジョンの姿を見て、本年一番の衝撃作『ジョーカー』を連想したのは自分だけではないはず。
一番のクセ者は誰か、一番の悪人は誰かは、観た人の判断に委ねられる。

肝心かなめな車のデロリアンの出番はほとんどないが、皮肉が利いたラストがいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
regency
すべての映画レビューを見る(全15件)