ジョン・デロリアン

劇場公開日

ジョン・デロリアン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作で使用され、世界的に有名になった車・デロリアン(DMC-12)。その開発者であるジョン・デロリアンの破天荒な半生を描いたドラマ。1977年、南カリフォルニア。麻薬密売の現場をFBIに押さえられたパイロットのジム・ホフマンは、罪を問われない代償としてFBIの情報提供者となる。ジムの隣人であるジョン・デロリアンはかつてゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わり、現在は自身の夢のために新たに会社を立ち上げ、革新的な車「デロリアン」の開発に勤しんでいた。美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢を追いかけるジョンの完璧な人生にジムは羨望のまなざしを向けていたが、ジョンの会社は新車開発でさまざまなトラブルが発生していた。ジョンが資金繰りで困っていることを知ったジムは、隣人として友人となったジョンを麻薬密売の罪でFBIに売り渡す計画を企てる。

2018年製作/113分/PG12/アメリカ
原題:Driven
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)Driven Film Productions 2018

映画レビュー

4.0「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で お馴染みの車『デロリアン...

2019年12月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で
お馴染みの車『デロリアン』
翼を広げた感じのガルウィングの
ドアがカッコ良かったですよね~
この『デロリアン』を造り出した
ジョン・デロリアンのお話し

本作は上映館が極端に少ないせいか
予告は一度も目にすることがなかったし、
ドキュメンタリーぽいけど
上映スケジュールもちょうどいいし
都内の上映はあの…武蔵野館だけど😂
まぁいいっかぁと結構軽めの気持ちで
予約したんです……

が、これは鑑賞をオススメしたくなる
個人的にアタリの作品でした!
予想していた内容とは全く違いましたけど
ストーリー展開は見応えありますしキャスティングがいい。
みなさんとにかく上手いんですよ。
「ホビット」シリーズのリー・ペイス、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のロナンのほうがわかりやすいかな🤔
リー・ペイス渋いっすわ。
個人的に好きなジュディ・グリアに
コリー・ストール、
そして僕はこの方を全く知らなかったんですがジェイソン・サダイキス。
このジェイソン・サダイキスが実に上手い。
役どころ、と言っても実話ベースなので実在の人物だと思うんですがなかなかの
インパクトのあるキャラクター。
個人的におっ!となったのが
シーズン2が待ち遠しい
「ザ・ボーイズ」と「TWD」からのお二方。
この二人もある意味無くてはならない
存在なんですね。
ストーリーはツッコミどころもありそうな
気もします。
が、それを考える隙をあたえずこちらを引き込んでしまうのは脚本の良さなのかなぁ。
ジョン・デロリアン自身に魅力があるのかもしれませんね。
都内で1ヶ所の上映では勿体ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイルドとみまる

3.5“デロリアン”彼の夢

Honさん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

‪「ジョン・デロリアン」‬を鑑賞

2019年12月7日 ‪

あの名車デロリアンを作り上げた男の人生‬
‪FBI捜査に協力することになった隣に越したホフマンの目線から彼の人生を見つめる‬
‪セレブ暮らしのジョン‬
‪ガルウィングドアに堂々たるディーテイル‬
‪彼の夢が詰まったDMC-12‬
‪夢を追うばかりに巻き込まれる麻薬スキャンダル‬
‪夢に人生を賭けた男の光と影‬
BTTFファンを喜ばせるシーンもあり人生の栄光と陰を描いたこの映画好き☺️
彼の作った“デロリアン”は永遠に語り継がれる

#Driven
#ジョン・デロリアン
#デロリアン

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Hon

3.0一番のクセ者は誰だ?

regencyさん
2019年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

自身がこだわる車作りに情熱を注ぐ男の映画といえば『タッカー』があったが、同じ趣旨の内容でも本作はちょっと違う。
ジョン・デロリアンもプレストン・タッカー同様、車バカなのは間違いないのに、性格的にはむしろ真逆。
表向きは、本作の真の主役である、“信用できない語り手”ジム・ホフマンの悪魔のささやきに導かれ、理想の車作りのために道を踏み外すジョンの悲劇のように見えて、実は…というのがポイント。
ジョンの姿を見て、本年一番の衝撃作『ジョーカー』を連想したのは自分だけではないはず。
一番のクセ者は誰か、一番の悪人は誰かは、観た人の判断に委ねられる。

肝心かなめな車のデロリアンの出番はほとんどないが、皮肉が利いたラストがいい。

より詳細なレビューは↓
https://cinemarche.net/drama/delorean-movie-matsu/

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
regency
すべての映画レビューを見る(全3件)