血を吸う粘土 派生

劇場公開日

血を吸う粘土 派生
14%
43%
29%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

特殊メイク・造形アーティストとして活躍する梅沢壮一が監督を務め、呪いの粘土「カカメ」がもたらす恐怖を描いたホラー「血を吸う粘土」の続編。カカメによって無残に殺された父・伏見恭三の死を警察から知らされた娘の果林。恭三の遺体は火葬場で焼かれ、果林には遺骨が渡されるが、そこにはカカメの身体の一部が含まれていた。果林は美術作品制作キャンプに参加するが、そこに持ち込まれた恭三の遺骨からカカメが復活し、再び阿鼻叫喚の地獄が繰り広げられる。主演は「ファミリー☆ウォーズ」などに出演した新鋭女優・藤井愛稀。前作に続いて津田寛治、黒沢あすかといった実力派も出演する。「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」(19年10月11日~/東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)上映作品。

2019年製作/100分/R15+/日本
配給:ブラウニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2019「血を吸う粘土 派生」製作委員会

映画レビュー

1.5退屈…

克晴さん
2019年10月24日
iPhoneアプリから投稿

前作未見。一応前作のあらすじは読んでいきました。

前作で封印された呪いの粘土が復活するシークエンスはまぁまぁ面白かったです。
が、その後は変なところにばかり特殊メイク使って、肝心の殺害吸血シーンは基本「キャー!」「プスッ」の繰り返し。非常に単調。かろうじてインパクトのあった被害者は2人くらいで、それもホラー映画としては普通レベルのインパクトです。
主人公とその姉以外は人物描写が薄いため感情移入しづらく、ピンチになっても「助かってくれ!」という気分にあまりならず。その上殺され方もごく普通となると、殺人〇〇の映画として一体何を楽しめばいいのやらと…

肝心の呪いの粘土・カカメ君も特殊メイクの出来がバラバラで、まぁまぁ気持ち悪く見えるシーンもあるにはありますが、触手らしきものが「ビニール手袋つけた人間の手」丸出しだったり、ぎこちなく動いて不気味に見せたいんだろうけど本当にただぎこちないだけだったり、まぁたぶん予算的なアレなんでしょうけどもうちょっとアイデアでカバーできなかったのかなと。

ラストも個人的にはいきなり過ぎて萎えました。理屈は分かりますが…

前作未見ゆえ、前作から繋がる細かいネタが拾えておらず、もしかしたら前作観たら何かまた別の面白さが見つかるかも知れません。
…ただ正直これで前作観ようって気にはならないですね…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
克晴

4.5カカメの執念

KinAさん
2019年10月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ホネホネカカメくん爆誕!ベイビーホネホネカカメくんは尺取虫みたいでベリベリキュート!

なんて楽しく、なんて愛しく、なんて恐ろしい物語なの。
前作も王道ながら予想を超える面白さだったけれど、その続きとして完璧な上に、さらに期待通りのものと期待を越える展開が用意されていて、本当に最高だった。

カカメの執念は三田塚の執念。
カカメの執着は伏見の執着。
過剰なグチョグチョ音に乗せて一生懸命に水分と血液を求め、どこまでも殺しにやってくるカカメ。
ゆるかわなお顔とは裏腹な気味の悪さと「絶対殺す!」の意思はやっぱり怖い。
カカメダンスウォーキングほんと好き。

またもや山奥の美術合宿的な舞台で粘土に血を吸われるかわい子ちゃんたち。
個性が強く少しピリッとする面もありながら、みんな可愛くて好きになってしまう。
一人また一人と、とんでもない姿に変えられてしまう様子が悲しくも楽しく、そしてとんでもなく興奮する。
触手系のなんかアレな動画でも見てるんか?という気分になるよね。ちょっとね。

前作のとあるシーンに被せたシーンにテンションぶち上がった。
このために、ただこれのために出演してくれた俳優さんにも感謝感激雨嵐。
気持ち悪すぎる造形と、突拍子もないアイディアがひたすらに至高。
粘土ってすごい!なんでもできる!

伏見の娘、果林が抱える孤独と、義理の姉妹ミズエとの複雑な感情の変遷になんともヒリヒリさせられる。
あまり多くは語られないけど、二人の今までの関係性や育ってきた環境については容易に想像できる。
予想はしていたけど咄嗟の行動に涙。
きっと心から嫌っていたわけじゃないんだよね。平等な愛を注がれていれば仲良し姉妹になれたかもしれないのに…とか考えてボロ泣き。
私は家族モノにめっぽうめっぽう弱い。

前作で自らの手でカカメの素を起こしてしまい、修羅場をどうにか抜けてきた藍那先生もまた胸熱。
取り憑かれたようなその姿は脆く見えつつ、芯の強さに安心できる。
全て背負おうとする彼女へのフォローが優しくて暖かくて頼もしくてまた涙。
りんごのやつ!りんごのやつ飲もうな!

想像の斜め上を突っ走って行くスケールの大きさには唖然とした。なんでこんな面白いこと思いつくの?
ちょうど台風19号の前日に鑑賞したため、なんだか身に染みたりして。雨降らんけどね。
締め方も完璧。なんでこんな面白いこと思いつくんだろう。

怯えてしゃがんでないで早く行動してくれ〜!という焦りや頭の悪い芸術家への苛立ちはあれど、フラストレーションのアクセントとして楽しめる程良さ。
六角形のモチーフと音楽にのせた演出がとても楽しい。
ホラー映画のお約束は押さえつつ、オリジナリティと細部までのこだわりを感じる映画だった。大好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KinA

2.5粘土はなくても

Bacchusさん
2019年10月12日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

前作の直後、伏見恭三の遺体が見つかり遺骨を持ち帰った娘の果林が、六角形をモチーフにした画家のコラボ企画に参加し巻き起こる話。

前作のダイジェストから始まるけれど、前作を観ていないとカカメの設定から良く判らない流れが多いと思われる。

前作での被害者の遺体も見つかり、出頭しようとしたが交通事故を起こした藍那先生のエピソードと、果林が落とした遺骨に纏わるエピソードで展開していく。

カカメが復活していく様子は面白かったけど姿を現したら、襲う様子がおとなしくちょっとトーンダウン。
しかしながらそこからの展開は怖さとかじゃなくストーリーとして強烈でそうきたかと。

更にここから?というところでの大風呂敷過ぎるもう一ネタは流石に発展しなかったけど、それはそれでみてみたかったかな。

人が沢山死ぬ血飛沫ブシャーなクリーチャー系のホラーだけど、それよりも前作からのストーリーで楽しめる部分が多かったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「血を吸う粘土」シリーズ関連作品