おしえて!ドクター・ルース

劇場公開日

  • 予告編を見る
おしえて!ドクター・ルース
おしえて!ドクター・ルース
24%
67%
3%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

90歳で現役のセックス・セラピストとして活躍するドクター・ルースことルース・ウェストハイマーを追ったドキュメンタリー。1981年、ニューヨークのラジオ局で放送開始されたトーク番組で誰にも相談できない性の悩みを明快に解決するドクター・ルースのチャーミングなキャラクターはたちまち評判を呼び、84年にスタートした全国ネットのテレビ番組は一大ブームを巻き起こした。性の話題はまだタブーだった時代に、彼女は人びとのエイズへの偏見をなくすために立ち上がり、中絶問題では女性の権利向上をバックアップし、LGBTQの人びとに寄り添いつづけてきた。ドイツで生まれ、幼い頃に家族をホロコーストで失い、終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動したドラマチックな経歴を持ちながら、いつの時代も自分らしく生き、常に笑顔で前を向いて生きてきた彼女のドラマチックな人生に迫っていく。監督は「ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判」などのドキュメンタリーを手がけたライアン・ホワイト。

2019年製作/100分/G/アメリカ
原題:Ask Dr. Ruth
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0涙を笑顔で隠して。91歳のセックス・セラピストの輝き。

2019年8月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

91歳のセックス・セラピスト。とてもキャッチーな肩書きが興味をそそる。そして、画面に登場しドクター・ルースは、ラジオの"セックス相談室"に電話してくる悩める現代人の切実な相談に、明るく、そして的確に答えていく。明るいのは生来のキャラクターだが、世界の名だたる名門大学でヒューマン・セクシュアリティを学んだ経験値を元手に、もぞもぞした相談を軽く一刀両断にいていく彼女のアドバイスの、何と的確で端的なことか!?「そうですねぇ、えーと、それはですねぇ」的な対応は皆無なのだ。同時に、第二次大戦のホロコーストで家族を亡くした凄絶な過去を、その底抜けに明るい笑顔の裏側に隠していることを知ると、ドクター・ルースのことが余計に愛おしく思えてくる。それ以上に、彼女は最愛の夫に恵まれ、子供たちからも尊敬され、仕事で大成功し、今も現役バリバリ。つまり、女性としてすべてを手に入れた理想的な成功者なのだ。だから、本作を"女性のための人生セラピー・ドキュメント"と名付けたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

4.0この人に会ってみたい〜

2020年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

映画評論家の町山智浩さんがラジオ番組で
このおばさんのことを紹介していて
とても興味を持ちました。

このおばさん自体が小さくてチャーミングなのに

結構、波乱万丈に生きてきたこと、
その語り口や言葉に愛があって本当に素敵だった。
会ってみたいな〜〜

とても良いドキュメンタリーでした。

@お勧めの鑑賞方法は?
ネット配信でもなんでもいいから観てみて!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星のナターシャ

4.090歳で現役のセックスセラピストとして活躍するカローラ・ルース・シ...

2019年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

90歳で現役のセックスセラピストとして活躍するカローラ・ルース・シーゲル(1928-)を追ったドキュメンタリー。80年代初頭、50代の頃にラジオの「性のお悩み相談」番組で注目を集め、テレビにも進出して大きな名声を獲得したドクター・ルースは、現在もなお講演やメディア出演に多忙な日々を送っている。性の話はタブーだった時代に、エイズへの偏見をなくすべく立ち上がり、中絶問題で女性の権利向上を後押し、LGBTQの人々に寄り添ってきた。家族をホロコーストで失った少女時代。 終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動。女性が学ぶことが難しかった時代に大学で心理学を専攻。アメリカに渡り、シングルマザーとなり娘を育てた。そして30歳の時に、3度目の結婚で最愛の夫フレッドと出会う。
小柄でとてもキュートな女性だが、嫌味を感じさせない、そしてとてもエネルギッシュ。真似はできないが、素敵で素晴らしいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
still_ontheroad

4.0人を敬い愛し

アツコさん
2019年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ユダヤ人として虐げられた哀しい過去を
人を敬い尊厳を守るという信念に変えた人。

人を愛し
ユーモアで楽しませたがる性質は
生来のものと
10歳までに惜しみない愛を注いでくれた家族がいたから。

規制の常識にとらわれない
ぶれない判断力や行動力は
彼女が数奇な運命を乗り越えて
自分を教育してきた賜物。

想像もできないくらい
大変なことも多かっただろう90年を
前向きに一生懸命生きてきた
素敵な人生を見せてもらいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アツコ
すべての映画レビューを見る(全16件)