ジョナサン ふたつの顔の男

劇場公開日:

解説

「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが主演を務め、正反対の2つの人格を持つ青年を演じたサスペンススリラー。毎日のルーティーンを繰り返して生活する内向的な青年ジョナサンには、ジョンというもうひとつの人格があった。2人は脳にタイマーを埋め込んで午前7時と午後7時の12時間ごとに切り替わるように設定し、ビデオテープにメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有していた。「恋人をつくらない」など様々なルールを互いに厳守することで2つの人格を完璧にコントロールしてきたジョナサンだったが、ある女性との出会いによって平穏だった彼の日常は狂い始める。共演に「あと1センチの恋」のスキ・ウォーターハウス、テレビドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマー、「エイプリルの七面鳥」のパトリシア・クラークソン。

2018年製作/95分/G/アメリカ
原題:Jonathan
配給:プレシディオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2018 Jonathan Productions, Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5NYらしさを感じさせないNY映画

2019年6月30日
PCから投稿

興奮

知的

舞台はNYなのだが、主人公ジョナサンは可能な限り世間との繋がりを持とうとせず、自宅と職場で世界がほぼ完結している。だからこの映画にはNYのランドマークや名所みたいな風景はまったく登場しない。ただ、夜になるともうひとりの自分に身体を明け渡すので、そっちのバージョンだと『タクシードライバー』みたいな映画ができるのかも知れない。

ジョナサンのマンションがあるのはルーズベルト島で、マンハッタンの脇、イーストリバーに浮かぶ細長い小さな島で、これまでも映画の中で見てきたフォトジェニックな場所だが、これまた無記名かつ没個性な場所として映し出されているのが面白い。

場所の無記名性という意味では、セリフの中に「JFK空港」という言葉がなければ、NYという設定すら気づかなかったほど。つまり、ジョナサンの「自分を世間から切り離したい」という想いがそのまま街の描写に繋がっているのだなあ。あの浜辺の現実感のなさも含めて、すべてを心象風景だと捉えて観直すもの面白そうだ。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
村山章

3.5派手さはないが、巧さとセンスが光る

2019年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これらのドッペルゲンガー的な筋書きは小説や映画などで何度も消費されてきたものだが、しかし本作はその路線をただ繰り返す凡庸な作品のように見えて、しかし自ずと光の角度を変え、ミニマムな世界観の外へと連れ出してくれる。

派手さはないが、旨さとセンスはある。恐れ多くもそれほど高い期待値ではなかった私などは、このじわりと洗練されていく展開に「なかなかやるな」と感心させられもした。それゆえ最初の期待は低ければ低いほどいいし、事前に過度な情報や先入観を持つことは厳禁とも言える。

この手の作品はキャスティングでつまずくパターンも多いかと思う。繰り返しの描写によって基調トーンが形成されるので、この「繰り返し」に耐えうるだけの透明感と、癖のない柔らかさは不可欠。その点、アンセル・エルゴートは最適のチョイスだと言える。彼の素の魅力を味わう上では「ベイビー・ドライバー」以上に名刺代わりとなりうる作品である。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

5.0ジョースター

2022年6月27日
iPhoneアプリから投稿

言いたいだけやろ

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミスター

4.5まるでフランス映画のような静けさと

2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿

二つの人格を丁寧に丁寧に描く手法は、一人の演者がやってるとは思えないくらいで、まるで別人にしか見えない。

ここまで違うと、彼女が、
顔は全く同じだが違う人間だろうと感じるのではないかと思う程、ヘアスタイルだけでなく仕草も趣向も生活スタイルも全くの別人。

多重人格
とは言え よくある虐待から起こる後天的なものと違い、赤ん坊の時からの先天性の多重人格。
しかも、それを精神科医が脳をコントロールすべく耳の後ろに昼と夜の棲み分けのための機械を埋め込んで、そしてそれはもう一人のかつていた誰かを消した過去にも繋がる。

昼間しか知らない男と
夜しか知らない男

この部分は非常にSFなのにも関わらず、予告など一切の情報なしに見た私はSFだった事すら、あまり印象に残らないくらいに ひと の精神面を深く描くもののように感じて見終えた。

精神科の女医は、彼をコントロールする機器を埋め、夜の彼の声を聞くために睡眠時間を削り続けた。
彼女にとって彼らは言わば治験者であり、ジョナサンは(たぶんジョンも)彼女を母と慕い感謝し更に医師として完全に身を委ねているが、事実としては実験材料であるのは間違いない。

そしてそれは彼女の子どもが彼女のそういう所業を許されざるもの と感じている事からも 見て取れる。
そういう点は非常に宗教的と言っていい。

映画の素材として昼夜に分けた事が面白いのだが
出来れば日にち単位にしてあげたら良かったのに、と思ってしまう(そうするとジョナサンは会社に毎日出勤出来ないけれど)

ジョンに別れを強要したジョナサンがその彼女と付き合う

ってこれはもう
別人格なんだからめちゃくちゃ怒るのはジョナサンも御承知
だからこそ言い出せないんだけれど
彼女と会ってる時に、彼が突然 やって来てドアをノックし見つかってしまうのではないかと 思うくらいに
別の彼は確固として存在した。ベッドが二つ必要なほどに。

ジョナサンが存在している時にジョンは存在しない。
ビデオ越しに時間差でする言い争いは
見てる者には臨場感を持って編集されまるで二人存在するかのようだ。

お互いの自我が 成長とともに範囲を広げ
女医が たぶん ジョンの人間性のほうにより惹かれている。

それを感じ取るジョナサンの不安

そしてラスト
交互に激しく入れ替わり
運転手はもはや 何がなんだかわかるはずもなくとまどう

その姿を見る側も混乱し 戸惑い
迷いなく立つ彼の口から出る名前に 驚愕し

第三の人物ではないか?

いやいや ジョナサンをも取り込んだのか?

かつて消された彼か?

と素直に 結末の衝撃をすら 受け入れ難いのである。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
asica
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジョナサン ふたつの顔の男」以外にこんな作品をCheck-inしています。