キーパー ある兵士の奇跡

劇場公開日

キーパー ある兵士の奇跡

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスの国民的英雄となった元ナチス兵のサッカー選手バート・トラウトマンの実話を基に描いたヒューマンドラマ。1945年、イギリスの捕虜となったナチス兵トラウトマンは、収容所でサッカーをしていた折に地元チームの監督にスカウトされる。その後、名門サッカークラブのマンチェスター・シティFCにゴールキーパーとして入団するが、元ナチス兵という経歴から想像を絶する誹謗中傷を浴びせられてしまう。それでもトラウトマンはゴールを守り抜き、やがてイギリスの国民的英雄として敬愛されるように。そんな彼には、誰にも打ち明けられない、秘密の過去があった。主人公トラウトマンを「愛を読むひと」のデビッド・クロス、妻マーガレットを「サンシャイン 歌声が響く街」のフレイア・メーバーがそれぞれ演じた。

2018年製作/119分/G/イギリス・ドイツ合作
原題:The Keeper
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

映画レビュー

4.0不幸な時代を生きた人々の人生を丹念に掘り起こした1作

2020年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

元ナチスの兵士がイギリスで捕虜となり、収容所でサッカーに興じていたところをスカウトされ、プレミアリーグでスタープレイヤーになる。このまるで、ありそうでなさそうな実話を映画化した本作は、ナチスに対するイギリス国民の憎悪と偏見を好プレーによって跳ね返した主人公の、苦難の道程を詳かにすることで、人は与えられた運命に決して抗うことはできないことを描いている。同時に、戦争で犯した罪の重さは、長い時を経てもなお、振り払うことが困難であることも伝えている。それは、サッカー選手のドラマチックで感動的な半生に寄り添いながら、この物語に自戒の意味を込めたドイツ映画の懐の深さを思い知る瞬間だ。そして、これが戦争とスポーツを題材にした1級のエンターテインメントに仕上がっているところが凄いと思う。戦争を絶対に美化せず、不幸な時代を生きた人々の人生を丹念に繰り返し掘り起こすこと。それが映画に与えられた使命だと改めて痛感させられる作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
清藤秀人

4.0大衆の心を動かすスポーツの力を示した実話

2020年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

興奮

幸せ

劇映画でサッカーを描く際、キーパーは案外良いポジションであることを本作が証明した。現実の試合ではストライカーや攻撃を組み立てるミッドフィルダーが注目されるが、俳優が流れの中で妙技を再現するのは難しい。その点キーパー役ならある程度の特訓で、際どいシュートをジャンプして弾いたり、ドリブルや浮き球に体を張ったりと、断片的な好プレーをカット編集でテンポよく見せやすいからだ。

元ナチス兵が英プレミアリーグで活躍し国民的英雄になり、敵同士だった英独の平和の懸け橋に…という展開は感動的だが、大衆の心を動かすスポーツの力を如実に示した例でもある。古代ローマの闘技会以来、人間同士が闘う見世物は憂さ晴らしや現実逃避になる娯楽だった。観戦は闘争心に響き高揚をもたらすが、一種の代償行動として暴力衝動や憎悪の解消に役立つ。ただしそうしたスポーツの力は、権力者に悪用されもし、諸刃の剣であることを忘れるべきではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

4.5スポーツに国境はない

fukui42さん
2021年11月27日
iPhoneアプリから投稿

まあ実はに多少の脚色を入れているようですが。
何より興味深かったのは、その舞台背景。
降伏したドイツの捕虜兵が、収容先のイギリスで「キーパー」でスカウトされること。
ここまで「降伏したドイツ」を強調しているのは、私初めてかも。

抜群の腕を持っているけど、戦争で家族を失った地元民は応援したくない。
そこをどう引き付けるかっていうのが前半1時間。

後半はマンチェスターに引き上げられた主人公が。
またもや「元ドイツ兵だから」と非難轟々。
乗り越えてガッツポーズかと思ったら、その後主人公の家族の悲劇や心の闇。
その辺が戦争が終わっても、いつまでも引きずっている。
切ないという言葉では足りない気持ちが、残りました。

エンドロールで主人公はその後どうなったのかが書かれていて。
そんなすごい功績を残したのかと、心打たれました。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「一致団結、それが力だ」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0サッカーの実話もの

2021年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公はドイツ軍の兵士で、捕虜になり、イギリスの捕虜収容所に送られる。
そこでサッカーのゴールキーパーの才能が認められ、地元のチームにはるが、終戦。
敵国ドイツ人ということで非難を浴びるが・・・。
とてもいい話だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全69件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「キーパー ある兵士の奇跡」以外にこんな作品をCheck-inしています。