レ・ミゼラブル

劇場公開日

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル
29%
62%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」で知られ、現在は犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを舞台に、現代社会が抱えている闇をリアルに描いたドラマ。モンフェルメイユ出身で現在もその地に暮らすラジ・リの初長編監督作品で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。第92回アカデミー賞の国際長編映画賞にノミネートもされた。パリ郊外に位置するモンフェルメイユの警察署。地方出身のステファンが犯罪防止班に新しく加わることとなった。知的で自制心のあるステファンは、未成年に対して粗暴な言動をとる気性の荒いクリス、警官である自分の力を信じて疑わないグワダとともにパトロールを開始する。そんな中、ステファンたちは複数のグループが緊張関係にあることを察知するが、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事から、事態は取り返しのつかない大きな騒動へと発展してしまう。

2019年製作/104分/G/フランス
原題:Les miserables
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

ノミネート

国際長編映画賞  

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第72回 カンヌ国際映画祭(2019年)

受賞

コンペティション部門
審査員賞 ラジ・リ

出品

コンペティション部門
出品作品 ラジ・リ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS

映画レビュー

4.5ここにあるカオスはフランスだけの問題ではない

2020年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

フランスで社会問題になっている都市郊外のスラム化が、ヨーロッパ全土に、ひいては全世界に広がっていく。発展から取り残された低所得者用住宅、通称バンリューには、アフリカ移民の2世、3世はもちろん、麻薬ディーラー、イスラム教徒、ロマのサーカス団たちが、一触即発の状態でひしめき合っている。街を パトロールする警官たちはすでに正義のなんたるかを忘れ去り、差別や恐怖を通り越した荒廃が彼らの心を蝕んでいる。ある日。そこで発生した警官による無防備な移民少年への発砲事件が、遂に、積りに積もったフラストレーションに火を付ける時、そこにあるカオスは今の世界共通の問題であることに気づかされる。皮肉にも、文豪ヴィクトル・ユーゴーによる代表作の舞台になった同じ街で展開する物語は、実際にそこに住む監督、ラジ・リの実体験に基づいているとか。「レ・ミゼラブル(悲惨な人々)」と言うタイトルが、これほどまでリアルに響くとは驚きだが、監督の目は彼ら個々人ではもちろんなく、人々をそうしてしまった犯人、つまり、政治と社会に向けられている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
清藤秀人

4.0白人警官を演じた人が脚本も兼ねてると知って驚いた

kizkizさん
2020年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

すんごい映画だった。
貧困、警察、大人、子供、犯罪、マフィア、裏取引、不正、ドローン、SNS、動画、証拠、暴動……これが2019年公開のフランス映画だという衝撃を受ける2020年7月。

答えのないエグいリアリティ。と同時に物語としてものめり込めるバランス。見事です。

パラサイトが地下と地上をシンボルに使い、ジョーカーがヴィランという要素を借用したような”象徴”が今作にはない。圧倒的なリアル。
それで観る物語としてここまで成立させているセンスは圧巻。

手ブレ風カメラなどドキュメンタリーっぽい撮り方をしています。監督が元そっち畑の人らしい。
役者も演技とは思えないリアルさがあります。不思議な感触。一部のエキストラは現地の人だろうか?

ゆえに導入は物語的に漠然としている。
しかし各要素が1点へ集まりだした時の怖さが……。

誰が悪いってわけじゃない。ある意味全員が悪い。
個人的には社会が環境が悪いと完結させることもできなかったなぁ。だから余計に闇を感じた。

自分は発端が子供の悪戯だから……と軽くみれないのです。
この見方は多くの人とは違うかもしれません。

終わり方はすんごいですよね。え、嘘でしょ……?っていう。
でもあの終わりしかないのかもなぁ。
違う描き方をしてしまうと根本からこの作品の意味が変わってしまう。

パンフレットを読んで、白人警官を演じた人が脚本も兼ねてると知って驚きました。
脚本を書きながらあの役を演じるか……なんちゅう演技魂とハートの強さ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kizkiz

3.0悪い警官

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

これが現代のフランスなのかな?
悪い警官が治安維持してるの?
うーん、評価が難しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

4.0レ・ミゼラブル

アツコさん
2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

アフリカ系、ロマ、イスラム系などの移民が
無情なのかと思いきや、
その人達に関わってきた警察官の方がレ・ミゼラブルなこと。

重くて観た後哀しくなるけれど
観て考える価値のある映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アツコ
すべての映画レビューを見る(全90件)