さくら

劇場公開日

さくら
さくら

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・西加奈子が家族をテーマにつづった同名ベストセラーを、「三月のライオン」の矢崎仁司監督が映画化。長谷川家の次男・薫は、年末に実家へと向かう。兄の一(ハジメ)は彼にとって幼い頃から憧れの存在だったが、2年前に事故で他界した。ハジメの死をきっかけにバラバラになってしまった家族をつなぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を思い起こしていく。妹・美貴の誕生、愛犬サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋など、長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。そして大みそか、壊れかけた家族をもう1度つなぐ奇跡のような出来事が起こる。平凡な次男・薫を「君の膵臓をたべたい」の北村匠海、破天荒な長女・美貴を「渇き。」の小松菜奈、人気者の長男・一を「キングダム」の吉沢亮、彼らの両親を寺島しのぶと永瀬正敏がそれぞれ演じる。

2020年製作/119分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

映画レビュー

4.5長男の“不在”の理由、事前情報では控えてほしい

2020年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

原作でも映画でも、ストーリーは繊細に語られている。一人暮らしの次男・薫が、音信不通だった父からの手紙を機に、久しぶりに帰省する。実家には母、妹の美貴、数年ぶりに会う父、愛犬のサクラがいる。だが、薫の回想に頻出する兄のハジメはそこにいない。家族もそれを口にしない。その理由が、少しずつ、順を追って明かされていく…。

予備知識ゼロで鑑賞できた人は、その過程をある種ミステリー要素として楽しめたはず。だが悲しいかな、無粋な宣伝方針のせいで、予告編でもマスコミに提供される紹介文でも、ハジメの不在の理由が配慮なくばらされている。もったいない。

物語の真の重心は美貴であり、良くも悪くも家族と周囲に強い影響を及ぼす“天真爛漫なファムファタール”を、小松菜奈が唯一無二の存在感で体現。だが重くなり過ぎないよう、家族愛を象徴するサクラを配したことで、家族の試練と再生が穏やかに受け入れられるのだろう。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

1.5犬のさくらと歪んだ家族(特に美貴)の物語で、全体的に下ネタの割合が...

2020年12月2日
iPhoneアプリから投稿

犬のさくらと歪んだ家族(特に美貴)の物語で、全体的に下ネタの割合が多く感じた。兄の死を乗り越えようとする俳優達の演技は秀逸。それにしても学生の設定とはいえ、小松菜奈は脚出し過ぎだとは思ったけどね(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Heartllatte

4.0くせのある原作者の作品の楽しみ方?!

2020年12月1日
PCから投稿

この原作者の作品は結構デフォルメしてるし、人物像がメタファーで実在したらと考えると、少し楽しめない部分はあります。

小松菜奈の偏愛は、どことなく深刻にも見えますが、兄宛の手紙隠しても電話ではなしているから実害もありませんし、焼香なめたり失禁したりするのも子供だというアピールのメタファーなので、北村から見た。

どちらかといえば、家族関係の妙でしょうか、ランドセル背負って逃避行するおやじとか、なんか説得力ありそうで無神経な母親とか、そんなんで、この子ら有り、そんな展開なのです。

そんなところで、犬のサクラを見ていると、唯一、まともだと独白していた北村が一番変わっていることに気づくでしょう、でも、それもまた人間だから。

まあ、それぞれの事象を控えめに観て、いろんな家族の形もあるなあ、と、楽しめれば、いいかな、そう思います。

とにかく、それぞれ、この映画で最高の演技をしています。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 14 件)
アサシンⅡ

3.0行き過ぎた愛

2020年11月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

単純

幸せ

北村匠海×小松菜奈×吉沢亮という神メンツなので、制作が決定した時からかなり期待していた。

期待しすぎていました。
面白くなかったという訳では無いけれど、何か腑に落ちない作品でした。

年末に実家に帰宅をした長谷川家次男の薫(北村匠海)は、2年前ばらばらになった家族を繋ぎ止めるかのように過去の出来事を思い出していく。

まず、良かった点は演技力。

北村匠海は無口で無表情だが訴えかけてくるものがある。出演作を見る度に驚かされる。アンダードック、早くみたいなぁ。

小松菜奈は相変わらず。
今回は「渇き。」の時と似ており、とても惹き込まれていく演技。個人的には、二階堂ふみ、杉咲花に次ぐ演技力だと思う。にしても、中学生役は無理あり過ぎですけどね!?

吉沢亮は出演シーンは少ないながらにして、脳裏に焼き付ける凄まじい演技。感無量です。
2年連続で助演俳優賞を受賞するかもしれないほどの誰もが認める名優ですからね。キングダム2も楽しみです

また、ストーリー構成はとてもいいと思う。
観客を無我夢中にさせるし、中々楽しめた。
意外とあっという間の2時間。そういった面ではいい映画なのかも。

しかし、レビューを見ていると皆さん揃って仰っていますが、予告の作り方があまりにも酷い。
映画を見る前は全然普通だったのだが、いざ映画を見ると予告の作りの酷さに唖然。
いつお兄ちゃん死ぬの?と不謹慎ながらにどうしても思ってしまうし、大切なセリフ感動するセリフも入れてしまっているのでシラケる。予告に映画の概要を詰め込み過ぎです。

そして、音楽が微妙。
主題歌に関しては以ての外。全くと言っていいほど映画の雰囲気に合っていない。最近多いよなぁ...

深いようで浅い。
家族ドラマというよりも、思春期の子どもの「性」についての悩みがメインテーマのようだった。それはいいんだけど、描写がどうも気に食わない。手紙でゴムを貰ったり、兄でしたりよく分からず。せっかくいいテーマなのに、共感出来ず終い。勿体ない。
ランドセル手紙は北村匠海と同じ感情に。心の底から怒りが溢れ出た。小悪魔どころじゃないって

糸ほどは無かったけれども、少しガッカリでした。
いい映画になり損ねたなと。
愛ってのは怖いなぁ、怖いなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
サプライズ
すべての映画レビューを見る(全72件)

他のユーザーは「さくら」以外にこんな作品をCheck-inしています。