さくら

劇場公開日:

さくら

解説

直木賞作家・西加奈子が家族をテーマにつづった同名ベストセラーを、「三月のライオン」の矢崎仁司監督が映画化。長谷川家の次男・薫は、年末に実家へと向かう。兄の一(ハジメ)は彼にとって幼い頃から憧れの存在だったが、2年前に事故で他界した。ハジメの死をきっかけにバラバラになってしまった家族をつなぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を思い起こしていく。妹・美貴の誕生、愛犬サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋など、長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。そして大みそか、壊れかけた家族をもう1度つなぐ奇跡のような出来事が起こる。平凡な次男・薫を「君の膵臓をたべたい」の北村匠海、破天荒な長女・美貴を「渇き。」の小松菜奈、人気者の長男・一を「キングダム」の吉沢亮、彼らの両親を寺島しのぶと永瀬正敏がそれぞれ演じる。

2020年製作/119分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会

映画レビュー

4.5長男の“不在”の理由、事前情報では控えてほしい

2020年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

原作でも映画でも、ストーリーは繊細に語られている。一人暮らしの次男・薫が、音信不通だった父からの手紙を機に、久しぶりに帰省する。実家には母、妹の美貴、数年ぶりに会う父、愛犬のサクラがいる。だが、薫の回想に頻出する兄のハジメはそこにいない。家族もそれを口にしない。その理由が、少しずつ、順を追って明かされていく…。

予備知識ゼロで鑑賞できた人は、その過程をある種ミステリー要素として楽しめたはず。だが悲しいかな、無粋な宣伝方針のせいで、予告編でもマスコミに提供される紹介文でも、ハジメの不在の理由が配慮なくばらされている。もったいない。

物語の真の重心は美貴であり、良くも悪くも家族と周囲に強い影響を及ぼす“天真爛漫なファムファタール”を、小松菜奈が唯一無二の存在感で体現。だが重くなり過ぎないよう、家族愛を象徴するサクラを配したことで、家族の試練と再生が穏やかに受け入れられるのだろう。

コメントする 3件)
共感した! 6件)
高森 郁哉

神様の悪送球

2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

北村匠海のナレーションが優しくて、とても心に沁みます。

「大人になるってことは1人で眠ることではなく、
「眠れない夜を1人で過ごすことである」
ソフトは声の匠海くんのナレーションがいつも冷静で安心できました。
映画は理想の家庭が不幸のドン底を経験して、そして立ち上がる物語です。
西加奈子原作なので、エキセントリックな描写が多々あります。
(奇行・・・は、小松菜奈が担当します、笑)

お兄ちゃん(吉沢亮)を好き過ぎて、感情がコントロール出来ない妹(小松菜奈)
お兄ちゃんの彼女さんに、妹が嫉妬からする行為・・・
穏和な次男(北村匠海)が何発も殴るほど酷いこと・・・
美貴は「お兄ちゃん好き」の度合いが兄妹を超えているなぁ・・・

野球部のピッチャーで4番の兄一(はじめ)は高校のヒーロー。
美しく強くて、眩しくて太陽のような存在。
その兄が交通事故で大きなダメージを受ける。

幸福な家族に《神様の悪送球?!》

受け止めきれずに、一(はじめ)は・・・!!!

長谷川家の愛犬・さくら。
映画の題名にもなっている白い平凡な中型犬です。
自然な演技に目を見張りました。
ただただ尻尾を振っているけど、天才や!

2年間失踪した父親(永瀬正敏)が帰ってきても・・・
車椅子の一(はじめ)が散歩に行っても・・・
愛犬は優しく受け止めて、裏切らない、尻尾を振り続ける・・・
でもそんな「さくら」さえ、言葉を失う事件が・・・
(犬が言葉を失うってとても変だけど・・・ホントなんだよ)

さくら、名優犬・・・空気読まないのに・・・絶妙に空気を変える。
結果として、さくらに救われる長谷川家の人々。

大きな不幸を、なんとかようやっと乗り越える長谷川家の、
ボーッとしたお父さん(永瀬正敏)
チャキチャキ明るいお母さん(寺島しのぶ)
吉沢亮も北村匠海も小松菜奈も・・・そしてさくらも・・・ステキでした。

犬のさくらが家族を繋いでくれる、切なくも暖かい物語です。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
琥珀糖

3.5難しいが故に理解しがたい…。

2022年8月21日
iPhoneアプリから投稿

家族ものでは珍しい題材かな?と。
ありきたりではあるけど、細かい設定と
登場人物の心の置き方が独特で、
ただ見ていただけでは、
なかなか答えに辿り着けない。
だからと言って明確な答えがあるわけでもなく、
あぁなのかな?こうなのかな?と
一つひとつの出来事、事柄に
自分なりに答えを置いていかないと
完結しない作りだった気がしますよ…。

個人的には疑問も矛盾も残っているし、
どんより曇った感情が残ったりしました。

ただ、そうさせるのが目的なら
完璧な作りだと思います!

深く考え、その為により深く物語に
ハマれる人なら見応えアリだと思います!
ただただわかりやすいストーリーが
欲しい人は複雑な感情が生まれると思います。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
watalydian

3.0さくら

2022年6月28日
iPhoneアプリから投稿

愛のかたちは人それぞれってことなのかな。
何を伝えたいのかよく理解できなかった。
なによりも犬が凄かった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あんちょび
すべての映画レビューを見る(全105件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る