矢崎仁司

矢崎仁司
ふりがな
やざきひとし
出身
日本/山梨

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

日本大学芸術学部映画学科在学中の1980年に発表した監督デビュー作「風たちの午後」が、ヨコハマ映画祭自主制作映画賞などを受賞し、エジンバラ国際映画祭やモントリオール・ニュー・シネマフェスティバルなど海外の映画祭でも注目を浴びる。続く「三月のライオン」(91)は第41回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に出品されたほか、シネマテーク・ロイヤル・ド・ベルギーの黄金時代賞(Prix de l'age d'or)を受賞するなど、国際的に高く評価された。95年、文化庁芸術家海外研修員として英ロンドンに留学し、その間に古典バレエ「ジゼル」をモチーフにしたオリジナル脚本を執筆、00年に映画「花を摘む少女と虫を殺す少女」として発表する。魚喃キリコの同名コミックを実写映画化した「ストロベリーショートケイクス」(06)以降は、人気作家の小説の映画化を多く手がけ、江國香織原作の「スイートリトルライズ」(10)、新堂冬樹原作の「不倫純愛」(11)、小池真理子原作の「無伴奏」(15)でメガホンをとる。

関連作品(映画)

矢崎仁司の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

矢崎仁司の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

矢崎仁司の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

矢崎仁司の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「矢崎仁司」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「矢崎仁司」さん以外にこんな人をCheck-inしています。