劇場公開日 2020年11月13日

  • 予告編を見る

さくらのレビュー・感想・評価

3.3106
13%
40%
35%
10%
2%
採点

全106件中、1~20件目を表示

4.5長男の“不在”の理由、事前情報では控えてほしい

2020年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

原作でも映画でも、ストーリーは繊細に語られている。一人暮らしの次男・薫が、音信不通だった父からの手紙を機に、久しぶりに帰省する。実家には母、妹の美貴、数年ぶりに会う父、愛犬のサクラがいる。だが、薫の回想に頻出する兄のハジメはそこにいない。家族もそれを口にしない。その理由が、少しずつ、順を追って明かされていく…。

予備知識ゼロで鑑賞できた人は、その過程をある種ミステリー要素として楽しめたはず。だが悲しいかな、無粋な宣伝方針のせいで、予告編でもマスコミに提供される紹介文でも、ハジメの不在の理由が配慮なくばらされている。もったいない。

物語の真の重心は美貴であり、良くも悪くも家族と周囲に強い影響を及ぼす“天真爛漫なファムファタール”を、小松菜奈が唯一無二の存在感で体現。だが重くなり過ぎないよう、家族愛を象徴するサクラを配したことで、家族の試練と再生が穏やかに受け入れられるのだろう。

コメントする 3件)
共感した! 6件)
高森 郁哉

2.0どこがクライマックスだったのだろう

2023年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

原作未読。不思議な映画でした。どこがクライマックスなのかがわかりずらいまま、終わってしまった。
兄兄妹、両親の幸せな5人家族。それが長男の事故に遭ったことから急転下し、そうしてまた家族の再生していく話し。なにがきっかけで、再生していくのかが見えずらくて、共感がいまひとつできなかった。
小松菜奈が演じるレズっぽい女子高生、精神的にイッてしまったような不敵な感じ、はハマっていた。永瀬正敏と寺島しのぶはさすがの演技。永瀬正敏は抑えた感じ、寺島しのぶは自然体で、どこにでもいそうな市井の感じがとても出でて、よかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
菜野 灯

神様の悪送球

2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

北村匠海のナレーションが優しくて、とても心に沁みます。

「大人になるってことは1人で眠ることではなく、
「眠れない夜を1人で過ごすことである」
ソフトは声の匠海くんのナレーションがいつも冷静で安心できました。
映画は理想の家庭が不幸のドン底を経験して、そして立ち上がる物語です。
西加奈子原作なので、エキセントリックな描写が多々あります。
(奇行・・・は、小松菜奈が担当します、笑)

お兄ちゃん(吉沢亮)を好き過ぎて、感情がコントロール出来ない妹(小松菜奈)
お兄ちゃんの彼女さんに、妹が嫉妬からする行為・・・
穏和な次男(北村匠海)が何発も殴るほど酷いこと・・・
美貴は「お兄ちゃん好き」の度合いが兄妹を超えているなぁ・・・

野球部のピッチャーで4番の兄一(はじめ)は高校のヒーロー。
美しく強くて、眩しくて太陽のような存在。
その兄が交通事故で大きなダメージを受ける。

幸福な家族に《神様の悪送球?!》

受け止めきれずに、一(はじめ)は・・・!!!

長谷川家の愛犬・さくら。
映画の題名にもなっている白い平凡な中型犬です。
自然な演技に目を見張りました。
ただただ尻尾を振っているけど、天才や!

2年間失踪した父親(永瀬正敏)が帰ってきても・・・
車椅子の一(はじめ)が散歩に行っても・・・
愛犬は優しく受け止めて、裏切らない、尻尾を振り続ける・・・
でもそんな「さくら」さえ、言葉を失う事件が・・・
(犬が言葉を失うってとても変だけど・・・ホントなんだよ)

さくら、名優犬・・・空気読まないのに・・・絶妙に空気を変える。
結果として、さくらに救われる長谷川家の人々。

大きな不幸を、なんとかようやっと乗り越える長谷川家の、
ボーッとしたお父さん(永瀬正敏)
チャキチャキ明るいお母さん(寺島しのぶ)
吉沢亮も北村匠海も小松菜奈も・・・そしてさくらも・・・ステキでした。

犬のさくらが家族を繋いでくれる、切なくも暖かい物語です。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
琥珀糖

3.5難しいが故に理解しがたい…。

2022年8月21日
iPhoneアプリから投稿

家族ものでは珍しい題材かな?と。
ありきたりではあるけど、細かい設定と
登場人物の心の置き方が独特で、
ただ見ていただけでは、
なかなか答えに辿り着けない。
だからと言って明確な答えがあるわけでもなく、
あぁなのかな?こうなのかな?と
一つひとつの出来事、事柄に
自分なりに答えを置いていかないと
完結しない作りだった気がしますよ…。

個人的には疑問も矛盾も残っているし、
どんより曇った感情が残ったりしました。

ただ、そうさせるのが目的なら
完璧な作りだと思います!

深く考え、その為により深く物語に
ハマれる人なら見応えアリだと思います!
ただただわかりやすいストーリーが
欲しい人は複雑な感情が生まれると思います。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
watalydian

3.0さくら

2022年6月28日
iPhoneアプリから投稿

愛のかたちは人それぞれってことなのかな。
何を伝えたいのかよく理解できなかった。
なによりも犬が凄かった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あんちょび

2.5なぜ「さくら」なのか

2022年4月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この作品、なぜタイトルが「さくら」なのかずっと気になってたんですよ。
それで徐々に分かってきたのが、これは小松さん、吉沢さん、北村さん演じる兄弟目線のお話かと思いきや、どちらかというと彼ら家族を見守り続けてきた飼い犬のさくら目線のお話だったんですよね。
さくらは家族に起こった全てを見てきている。だから私の見解ではこのお話の主人公はさくらであり、タイトルにも納得しました。

辛いことが多く描かれていたり、両親が幼い頃の兄弟達に性について細かく語るシーンなどがあるので気まずい方は1人でのご鑑賞をおすすめします。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あおねる

4.0大好きな役者さんたちの共演

2022年4月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
nakougg

4.0切ない

2022年1月22日
iPhoneアプリから投稿

涙 涙でした。
家族愛の映画とは違くて
ただただ小松菜奈ちゃんの演技に圧巻
可愛いかったし歪んだところを上手に演じていました!
最後の曲はなしたんよって感じでした。
色々な歪んだ愛の形が切なかったぁ

コメントする (0件)
共感した! 8件)
コアラ0413

3.5苦しかった

2022年1月5日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
na.

3.5兄2人、妹1人、優しい家族の話

2021年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ハンサムでスポーツができて明るい兄、ちょっと大人しくて傍観者な弟、天真爛漫で壊れている妹、家族をぎゅっとまとめる逞しく愛情豊かなお母さん、尻に敷かれている感があるけれど頑張るお父さん、優しく切ない家族の話。いろいろ大変なことがあって喪失感があるけれど、やんわりと優しい空気のある家族の愛が、愛しいです。

素晴らしい役者さん揃いですが、小松菜奈さんの演技が素晴らしい。もろくて壊れた役、本当に似合いますね。女の私でもぞくっとするような表情も多いし! エンディングの東京事変はちょっと雰囲気が合わず、エンドロール最後まで観ずに消しました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ゆま

2.5話題になった映画だが、正直言って期待外れ。 長男の交通事故だけは災...

2021年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

話題になった映画だが、正直言って期待外れ。
長男の交通事故だけは災難だったが自殺するのは違うと思うし、親父が家出したり、次男の初体験とか、オカマバーとか、どうでもいい内容。
小松菜奈の壊れっぷりが見どころかも。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
省二

4.0「彼女は皆にゲンカンと呼ばれていたから...」という北村匠海のモノ...

2021年10月17日
iPhoneアプリから投稿

「彼女は皆にゲンカンと呼ばれていたから...」という北村匠海のモノローグにかぶせてベッドに入っていったから、オトナの男への玄関という意味なのかと勘違いした。この後に期末考査の成績を張り出した壁がうつしだされ須々木原 環 の名前が1番上にあって、だから原環なのか〜ってなった。
しかしこの映画は北村匠海の乳首が沢山でているな、と思う。ファンサービスなのだろうか。
ヤジマさんの話しを聞きながら兄の背中を流す場面でファースト乳首。童貞喪失のシーンでセカンド乳首。
両親から彼女の性格を聞かれた後サード乳首。妹がレズ娘と不良を返り討ちにして場面切り替わってファイナル乳首。
一本の映画で北村匠海が8乳首も出しているのは「さくら」だけ!ファン必見。

「ゲンカンと別れた」の時には乳首を隠していた。深い。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
collectible

2.5なぜ『さくら』?

2021年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
てりーぬ21

4.0愛に溢れた優しい優しい家族の物語

2021年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「いつか、親に嘘つく時は愛のある嘘をつきなさい」オカマの言葉が印象的でした。
寺島しのぶと小松菜奈の母娘はともにいい味出してました。穏やかで優しい物語です。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
tuna

3.0悪送球を受け入れる大きな愛

2021年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

それぞれに大きく空いた心の穴は決して埋めることは出来ないけど、
悪送球を受け入れる大きな愛は忘れない。
その大きな愛を受け継ぎ繋げて行ければいい。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
上みちる

3.0さくら一家

2021年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

子犬をさくらと名付け、父母(永瀬正敏、寺島しのぶ)、長男(吉沢亮)、次男(北村匠海)、長女(小松菜奈)の歩みを淡々と描いていく。
いろんな事が起きるのだが、長女のやったことは残忍としか言いようがない。
この家族に今後、何も悪いことが起きないことを祈る。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
いやよセブン

3.0さくらとイチロー

2021年8月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

幸せ

原作未読
『きいろいゾウ』『円卓』最近では『漁港の肉子ちゃん』が映画化になった西加奈子の原作
映画館で観ようと思ったがわりと早めに公開期間が終了した

さくらは長谷川家で飼っている雌犬の名前
主人公ではない
『鬼龍院花子の一生』みたい
タイトルは『浅田家!』みたいに『長谷川家!』の方が良かった気がする
原作のタイトルに拘る必要はないのでは

初めから1時間ほどまで長谷川家の幸せなホームドラマが続く
ちょっとエッチだが女の裸は出ない
心温まる淫語
妹が兄を名前で呼ぶのも大きい兄弟が一緒にお風呂に入るのも許容範囲だが兄が妹を殴るのは自分的にはショッキングだった
長男が交通事故で下半身不随になってから長谷川家の雰囲気は一変する

観る前と観た後ではこの作品の印象がかなり違った

西加奈子が大阪出身のせいか大阪弁だが長谷川家を演じた5人のうち4人が東京出身で永瀬正敏だけが宮崎出身
関西出身の役者なんていくらでもいるでしょ
東日本の人間が演じるなと言わないけど
それなら大阪弁に拘らず設定を変えて標準語で演じさせればいいじゃん
大阪弁でなければいけない必然性はこの作品に全く感じない
どうせやるならせめて『おかえりモネ』に登場する車椅子ランナーの女性くらい喋れないと
なんJ民のようなインチキ関西弁に聞こえる

小松菜奈はこういう役がよく似合う

さくらに因んだのか櫻坂の女の子が出演していた

加藤雅也が意外な役で登場

趙珉和が演じたフェラーリは必要ない

エンドロールの椎名林檎は本編に合わないと思う
アニメ金田一少年の事件簿のエンディングテーマを歌っていた広末涼子と同じくらい合っていなかった

あと犬がオナラをするとは知らなかった
自分が飼っている犬や猫のオナラを聞いたことがない
あの子たちなり飼い主に気をつかっているのだろうか

コメントする (0件)
共感した! 1件)
野川新栄

1.0身体が不自由でも生きることは尊い、死んじゃダメ

2021年6月29日
PCから投稿

身体が不自由でも生きることは尊いはずだ。それを否定する話は見る価値無し!
父親や妹の彼女は生きてゆくのに何故兄を殺したのか?弟の最後教訓じみた言葉、全く響かない。この弟は何も見えていない、妹の行動、兄への固執を見ていても、彼女からの手紙を隠す位はするだろうとかも感じない!むしろ妹よりイヌのことに関心が有るくらいだから。弟目線にする事でソフト路線と言うか、犬を引き合いに邦画独特の雰囲気にしたかったようだが、ストーリーの根幹、何を訴えたいのかが見えない話しになってしまった。むしろ弟は居なくてもいい位だし、まして彼女との情事なんか邪魔だし、父親の彼女や妹を慕う彼女のエピソードに比べると、全く意味が無いエピソードだった。メインは妹のブラコンに絞ったストーリーなんだから、余分な演出はせず、兄を一生懸命サポートしていく妹の真の愛情みたいなラストにして欲しかった!
例えば・・・妹のサポートを受け元気を取り戻しかけた兄は、ある日家族の誰も気づかない妹のいじょ過ぎる愛情に戸惑い、妹が彼女からの手紙を隠していることにようやく気付く。妹無しでは生きられない兄は妹を責めることができない。妹は彼女を密かに探し出し、兄に合わせるが、それは兄が一番恐れていたことだ、妹は兄が喜んでいると思い、心のわだかまりが消え喜ぶ。やがて妹は彼氏を作り兄から離れていき、兄は一人で生活できるようになる。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
シュッポッポシュー

4.0神様の悪送球

2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿

平凡な家族が、ささいな糸のかけ違いでぶっ壊れていく話。

ほんわかした優しい映画の雰囲気が、本当に気づかないうちにじょじょに暗転化していき、気づいた時には真っ暗、ずどんとした重みのある展開になる、そのバランス感覚は見事。

美男美女兄弟の話で、一見ルックスに目を奪われるが、そのそれぞれがもともと単品で主役はれるほどの演技のうまさなので、見応えがすごい。全員うまいが、特筆すべきは、小松菜奈。ぶっ飛んだやばい役、かつラストの映画を締めるような名台詞に脱帽だった。

当初劇場で予告を見た時は、あまり食指がのびず観なかったのだが、こんな良作見逃していたなんて。

なんとも切ない、深い余韻が残る良作だった。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
やべっち

2.0ダイバーシティ?

2021年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

寝られる

もっと家族の核心、本質に迫る映画なのかと思ったが、
メインテーマがよく理解できなかった。
そもそも、タイトルにまでした犬の存在意義ってあった?

個人的には性的マイノリティの話としか思えなかった。
思わせぶりな父親の友人のゲイ
主人公?のセックス依存の同級生
妹のレズの友人、不気味なまでのブラコン
とっちらかって、結局よくわからなかった。

印象に残ったのは小松菜奈。
こういう一癖も二癖もある役柄は抜群。
時折見せる表情にぞくりとした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
みみず