永遠に僕のもの

劇場公開日

永遠に僕のもの
11%
46%
36%
4%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1971年のアルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに、スペインの名匠ペドロ・アルモドバルが製作を務めて描いたクライムドラマ。1971年のブエノスアイレス。思春期を迎えたカルリートスは、子どもの頃から他人が持っている物を無性に欲しがる性格だった自分の天職が、窃盗であることに気づいてしまう。新しく入った学校で出会ったラモンという青年にたちまち魅了されたカルリートスは、ラモンの気をひくためにこれ見よがしな対応を取り、2人はいとも簡単に殺人を犯してしまう。次第にカルリートスとラモンの蛮行はエスカレートし、事態は連続殺人へと発展していく。本作が映画デビューとなる俳優ロレンソ・フェロが主人公カルリートスを演じる。

2018年製作/115分/R15+/アルゼンチン・スペイン合作
原題:El Angel
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • カリスマ
  • 発狂する唇
  • 血を吸う宇宙
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 血を吸う粘土
  • 血を吸う粘土 派生
  • 怪談師 山口綾子の眠れない怖い話
  • 怪談師 山口綾子のエロ怖い話
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

映画レビュー

3.5抗っても惹かれてしまうものがある

2021年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

野生の獣の美しさというものがあると思う。
この映画の主人公にもそういう類の危険な美しさがある。実際に顔が美しい。実在の人物がモデルだが、そのモデルとなった人物も、本作の登場人物もその美しさをマリリン・モンローに例えられる。
外見の美しさというものは、どうしようもなく人を惹きつける。どう取り繕っても、どう綺麗事を言っても惹かれるものは惹かれる。彼がとんでもない殺人鬼であっても、その美貌ゆえに気になってしまう。映画を観ていて、こんなやつに惹かれてはいけないと思いつつ、絶対に惹かれてしまう。
犯罪、というのもある種の魅力がある。やってはいけないことだと知っているが、だからこそ、たやすく犯罪に走れる人間はどういう考えをしているのか知りたくもなる。犯罪映画は数多く作られるのは、犯罪に生きる人間に魅力を感じてしまうからだ。
いろいろな点で、この映画は非常に挑発的だ。惹かれてはいけないものに惹かれてしまう気持ちを観客に抱かせる。そして、そのつかの間の背徳感は実に心地よかったりもするのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5世界は泥棒と芸術家のもの

白波さん
2022年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オープニングからその色調や音楽に魅せられます。
あとファッションが実に冴えてるんですね。
それと何と言っても主人公のカルリートス、笑顔がすごくキュートです。
猫背だったりお腹がぽっこりした幼児体型だったりと、決してスタイルが良いとは言えないんですが、それら全部カバーしてしまう妖艶な空気があります。
ここら辺はオーディションで最も求められた点なんでしょう、経験や技術より空気感を重要視したのでしょうね。
主人公は犯罪に恐怖心がないと言うよりも、本当無邪気なんですよ。
悪魔的とは正にこういった人物なのだろうと思います。
実話ベースなのでドラマティックな展開はなく、ひたすらに終焉に向かうばかり。
先に楽曲が良いと触れましたが、「朝日のあたる家」の使いどころは本当最高でした。
「世界は泥棒と芸術家のものだ」この言葉そのままの人生であり、そのままの作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

3.5ピアソラ

GABIさん
2021年11月30日
iPhoneアプリから投稿

簡単に犯罪を犯し、人を殺していく。全く躊躇なく蚊を叩くくらいの感覚?そんなで人を愛せないかといえばラモンに対しては執着を見せる。それこそ天使の顔した悪魔ちゃんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
GABI

4.0決して痛快なお話ではないのに、また観たくなる日が来るだろうなという感じがした。

2021年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きさらぎ
すべての映画レビューを見る(全91件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「永遠に僕のもの」以外にこんな作品をCheck-inしています。