「永遠に僕のもの」ロレンソ・フェロの半裸ショット入手 あどけなさ×色気のギャップ炸裂

2019年7月24日 10:00

美しき連続殺人犯を演じ、鮮烈な銀幕 デビューを飾ったロレンソ・フェロ
美しき連続殺人犯を演じ、鮮烈な銀幕 デビューを飾ったロレンソ・フェロ

[映画.com ニュース] “南米のディカプリオ”と評される新星ロレンソ・フェロがアルゼンチンの美しき連続殺人犯を演じた映画「永遠に僕のもの」の場面写真を、映画.comが独占入手した。あどけなさの中にも色気や妖しさを感じさせる、匂い立つようなフェロモンをまとったフェロの“キューピーボディ”をとらえている。

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルがプロデュースを務め、アルゼンチンで大ヒットを記録した本作。第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品され、第91回アカデミー賞外国語映画賞のアルゼンチン代表作品に選出された。主人公カルリートス(フェロ)のモデルとなったのは、1971年にブエノスアイレスで殺人と強盗の罪で逮捕された、実在の青年カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。凶悪な犯罪行為だけではなく、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と評されたほどの美貌でも世間の注目を集めた。

愛らしさを持つ一方で、どこか狂気をはらんだ ような近寄りがたいオーラを放つ
愛らしさを持つ一方で、どこか狂気をはらんだ ような近寄りがたいオーラを放つ

俳優ラファエル・フェロを父に持つロレンソは、子役の経験はあるものの、本作で映画初出演、初主演となる。1000人の候補者が集まったオーディションを勝ち抜き、主役の座を射止めた。そんなフェロの半裸をとらえた場面写真は、煙草をくゆらせ鋭い視線を投げかけるクールなものから、寝起き直後の虚ろな瞳で歯ブラシをくわえ立ちすくむ姿、拳銃を手にベッドの中でポーズを決めるキュートなカットまで、様々な表情を切り取っている。思わず抱きしめたくなるような愛らしさを持つ一方で、どこか狂気をはらんだような近寄りがたいオーラを放っており、魅惑的なギャップが炸裂したビジュアルとなっている。

メガホンをとったのは、エッジーな映像センスが高く評価されているルイス・オルテガ監督。社会に大きな衝撃を与えた犯罪者を題材に、“怪物ロブレド”とは異なる、架空のキャラクターを作り上げた。目を引く振る舞いが印象的なカルリートスについて、オルテガ監督は「(カルリートスは)自分の行動が撮影されていると思っている。神の注意を引き、神を感嘆させたいのだ。日常すべてが舞台であり、死さえも現実のものだとは思っていない。伝説の人物になったつもりで歩き、ダンスをするように強盗を行う。運命など、ただのヤラセに過ぎないと思っている。だから自然をないがしろにする」と、危うさを抱えた複雑な内面を紐解いた。

永遠に僕のもの」は、8月16日から東京の渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース