劇場公開日 2019年8月23日

  • 予告編を見る

ロケットマンのレビュー・感想・評価

3.7348
21%
56%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全348件中、1~20件目を表示

4.0エルトン・ジョンへの先入観が覆る秀逸ミュージカル

村山章さん
2019年9月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
村山章

4.0これ以上ない最高の顔合わせで実現した伝記エンタテインメント!

2019年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

まったく、最高の条件で映画化が実現したという他ない。「サンシャイン」でミュージカル経験済みのデクスター・フレッチャーが「ボヘミアン・ラプソディ」を経て最強となって監督登板しているだけあって、本作はライブの「宙に足が浮かび上がる」高揚感から、自宅のピアノでふと名曲がこぼれ落ちる刹那の愛おしさに至るまで、これ以上ない豪快さと繊細さの振れ幅で“生きるレジェンド”の半生を伝えてくれる。

タロン・エガートンのあまりのハマり役にも心底恐れ入った。単なるモノマネではなく、彼は文字どおり役を“生きて”いる。この感覚、歴史を懐かしむのではなく、我々もまた歴史が躍動するのを目撃していると言えばいいのだろうか。そして脚本家リー・ホールの驚きの構成力にも感服しきり。彼の筆致はまさに伝記映画の新たな地平を切り開いたと言っていい。ありったけのリスペクトを捧げながらもエンタメ精神を片時も忘れない、そんな傑作の誕生だ。

コメントする
共感した! (共感した人 33 件)
牛津厚信

4.0愛に恵まれなくても才能に恵まれた人間の至福

2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

タロン・エジャトンが見た目は少し異なるエルトン・ジョンを彼らしい愛らしさで巧く造形している。両親の愛に恵まれなかった少年時代の記憶は成長したエルトンを苦しませるし、愛に恵まれないのはロックスターとなってからも同じ。でも、この世の誰かに理解され、人生を賭けるに値するビジネスと、それを全うするに足る才能に恵まれたことの至福が、エジャトンの熱唱を介して客席にまで伝播していく。それを支えるのは、近頃珍しいほどショーアップされたミュージカル・シーケンスだ。時々スキャンダラスに傾きすぎるエルトンの生き様が、音とサウンドとダンスによってショーアップされる、これぞまさしくミュージカル・ファンタジー。見終わっても、しばらく興奮が冷めやらないこのジャンルの楽しさを、本当に久々に味わった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 24 件)
清藤秀人

4.5エガートンのパフォーマンスは圧巻だが、選曲は若干物足りない

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

幸せ

「ボヘミアン・ラプソディ」のメガホンをブライアン・シンガーから引き継いだデクスター・フレッチャーが、またも音楽アーティストの伝記映画の快作を送り出した。主演タロン・エガートンが何よりすごいのは、劇中曲を吹き替えなしで歌い、それらが本当に素晴らしいこと。「ボヘミアン~」のラミ・マレックも好演だったが、ボーカルのトラックはフレディ・マーキュリー本人の音源が主。その点でエガートンはマレックを超えたと言っていい。

多くがミュージカル仕立てのサウンドトラックは、当然エルトンのヒット曲を網羅しているが、たとえば「キャンドル・イン・ザ・ウインド」やディズニーアニメ「ライオン・キング」の主題歌「愛を感じて」、ジョン・レノンのソロ曲に参加した「真夜中を突っ走れ」など、ぜひとも聴きたかった超有名曲がいくつか欠けている。権利関係の事情があったのかもしれないが、いちファンとして少々残念。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 31 件)
高森 郁哉

4.0すばらしい

みんもさん
2020年7月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

エルトン・ジョンについては正直ほとんど知らないで、お騒がせセレブくらいのイメージだったけど、その程度の思い入れでも、凄い!と思わせられる1本。何と言ってもキャストがすばらしい。特にエルトン・ジョンを演じるタロン・エガートンは、ピアノの演奏している姿から歌唱力まで、圧倒的なパフォーマンスを見せてくれる。鑑賞後にYouTubeで本物を確認して、その再現力プラスアルファに改めて感動した。キングスマンにエルトン・ジョンは本人役で出ていることを思い出しニヤリとした。とにかく、必見の映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みんも

4.0悲しい現実から向き合う強さ

2020年7月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハンバーグ

3.0ー実話ー

2020年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

名前は聞いたことあるけど、気になって観てみた。

クイーンに引き続きこの人もゲイか!と驚き、でもクイーンとは真逆で観てて悲しいお話しだった。

辛い過去を乗り越えたからこそ、今は幸せに暮らせてるなら良かったなぁと思える。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
x_x1020yam

4.0タイトルの意味も分からず鑑賞

こむゆさん
2020年6月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

エルトン・ジョンの歌はyour songしか知らない状態で見ましたが、かなり楽しめました!
愛に飢えてても才能をちゃんと見出し、最後には本当の愛を知ったという素敵な終わり方。
主演の方が吹替なしで演じたと言うのも凄い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こむゆ

3.0愛深き故に愛に狂わされた男

2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

終始漂うボヘラプの二番煎じ感は置いといて、まあええこと言ってた。

幼少期の家庭環境や社会(一般的には学校)での自分を取り巻く環境って、そいつの人生とか人格形成に大きく関わってくるよなって再認識したな。

エルトンジョンの場合、大人になってからだけどバーニーという友に出逢えたことは大きかったんだと思う。バーニー最初から最後までまじいいやつ。

でも本当にそうだと思うぜ。それが親なのか恋人なのか友なのか子なのか師なのか自分自身なのか、はたまた世界中の人々か。正解はない代わりに固執する必要もなく、一つではないし一つダメでも他を探せば見つかるんだって。見つけていくことが人生なんだって、思って生きたらええやん?
わかるか?十人十色に見えてそれらすべての根源は愛なんだって。ALL YOU NEED IS LOVE なんだって。愛にできることはまだあるんだって。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネマ小僧

4.0天才歌手である事を再確認出来る

Iwarenkonさん
2020年6月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ボヘミアンの二番煎じだとか言われてるけど、多分エルトン世代でない人が観るとそう思うかも…
個人的には珠玉の名曲を映画サウンドで聴ける事、エルトンの苦悩が理解出来た事など、素晴らしい映画だったと思う!
あの曲が出来る過程には鳥肌が立った。出来ることなら映画館でみたい映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Iwarenkon

3.0愛の少ない子供時代、あふれる才能、あれよあれよとトップスター、で酒...

2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

愛の少ない子供時代、あふれる才能、あれよあれよとトップスター、で酒とドラッグ、でもリハビリ成功、幸せな今!っていう、スター自伝モノお約束が詰め込まれてた。
とは言えそんなに不幸ではないし波乱万丈でもない。

見どころは衣装かと期待したけど中途半端。
もっと可愛いシーンが欲しかった。主演の俳優が可愛くないんだよなあ。

エルトン姉さん本人のドキュメンタリーが見たいわ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

3.5ミュージカル舞台と思って⭐︎

Megさん
2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ワンカットならではの息遣いが素晴らしい。舞台を観ているような演出も◎。そしてとにかく歌がうまい!SINGで聴いてはいたけれど、歌うま王座決定戦のレベルではない(笑)

最初はなんで映画のタイトルをロケットマンにしたかわからなかったけれど、孤独の苦しさなのかと映画をみてなんとなく納得。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Meg

3.5音楽映像よし

syoyaさん
2020年6月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

ストーリーは暗めでボヘミアン下位互換でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
syoya

5.0ボヘミアンよりも...

2020年6月9日
Androidアプリから投稿

クイーンのボヘミアンラプソディー公開後間もなく日本で公開されたせいか、あまり話題にもならなかったが、個人的にはこっちの方が断然良い‼️
色んな理由で観れずに劇場へ行けなかった映画。

ボヘミアン~の様にラストのウェンブリースタジアムでのライブテイク交えたド迫力な演出は無いが、エルトンの心の叫びが要所要所に散りばめられている。
フレディーの孤独とは違いエルトンの孤独は本当に切ない...。
自画自賛も高飛車もスターとしての扱いも殆んど無く、同性愛者はフレディーと同様。容姿へのコンプレックスは酷く、生い立ちも寂しいものだ。

吹替え版よりも字幕版を薦めたい。何故なら、歌の歌詞が字幕として出るからだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ウィリー

3.5ロック

2020年6月7日
iPhoneアプリから投稿

タロンエガートン演じるエルトンが葛藤しながらもスター街道を走る自伝的映画
エルトン本人は存命です
ボヘミアンに似てると思ったら途中まで同じ監督が制作してます

スターの裏側には様々な出来事がありそれら全てが綺麗なことばかりでは無いと気づかされました

バーニーとの友情が美しいです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
ビタミン

4.0キングスマンの時と全然イメージ変わったタロン。演技はもちろん歌も吹...

みーこさん
2020年6月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

幸せ

キングスマンの時と全然イメージ変わったタロン。演技はもちろん歌も吹き替えなしでこんなに胸に迫るなんて!
全然予備知識なく見たけど、ボヘミアン・ラプソディーの監督だったんですね。観てみて、そのフレディを思い出してしまったのもちょっと納得。
素晴らしい才能があって、ちゃんと分かって側にいてくれる人も本当にいるのに、自分が求めている愛情しか計れない、見えないから愛されないって思って苦しんでいく辛さ。成功しているからこそ、普通の人以上に孤独が強く感じられるのかな。
あのエキセントリックな風貌が、ただのエンターテイメント的意味を持つだけじゃなかったのが初めて分かった。
今のとても幸せそうなエルトンを知って終われたのがとても良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みーこ

4.5観なかったら、知らずにいた

fukui42さん
2020年6月3日
iPhoneアプリから投稿

派手なぽっちゃりおじさん、としか思ってなかった自分に。
一言「特大級の、喝!」。

◎よかった点◎
・「Your song」と、「candle in the wind」 は知ってたけど。
エルトンの音楽のルーツや、芸名の由来。
作詞は別に書く人がいたなど。知らなかったことだらけ。
ふむふむ。

・成功を手にすればするほど、精神的な悩みを抱え。
薬物・酒に落ちていくのは、この頃のアーティストあるある。
演奏シーンは時に本人かと思わせる、タロン・エガートの熱演ぶり。
始まりはミュージカル風だったので、一瞬引いたけど。
本編はさほどじゃなかったのが、観やすかった。

・作詞担当のバーニー。目がどこかで見たことある・・・。
「リトル・ダンサー」の主役の子!。ジェレミー・ベル、大きくなったなあ。

・そんな紆余曲折のラスト。苦悩に満ちたストーリーだったからこそ。
エルトンの現在のショットに、目頭が熱くなりました。
エンドロールも良かったな。映画のショットとリアルなショットの対比が👍。

△いまいちな点△
・悩める場面が多いので、正直ガッツポーズな作品ではない。ダークサイドって感じで。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「もう自分から逃げたくないんだ」byエルトン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0天才の苦悩

サラさん
2020年6月1日
iPhoneアプリから投稿

名曲が生まれた瞬間、感動で鳥肌が立つ。こんなにも成功した方なのに、彼の人生の前半は、愛に飢えて傷ついてばかりで、苦悩が凄く伝わってきました。そしてバーニーとの友情関係が非常に良かったです。キングスマンとは違うタロン君の演技は本当に素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サラ

4.5良かった。

2020年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ストーリー展開が良かった。
タロン・エガートンの歌声も良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tatsu tatsu

4.0音楽と人間性について

2020年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ボヘミアンラプソディを見て、アーティストの音楽と半生を描いた映画がいかに面白いかを知った。そして、今作。展開は似ていた。存命中かどうかは異なるけど…。
QUEENもエルトン・ジョンも、映画をみるまでは名前が聞いたことがあるまでだった。
しかし、なぜイギリス出身のアーティストが取り上げられているのか…?ともに伝説であることに違いはないのだろうけど。

洋楽は、メロディーは好きなんだけど、歌詞の意味が分からないため、楽しめなかったのだけれど。各曲とその歌詞、その半生の各局面とを重ね合わせてくれることで、「あー、こんな気持ちを歌った曲だったんだ…」ととてもよくわかり、好きになった。

EDで流れる俳優の演技や衣装の、そっくりさとかも見どころだった。

日本の歌手についても、同じような映画が作れないものかな…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しばもんた
「ロケットマン」の作品トップへ