劇場公開日 2019年8月23日

  • 予告編を見る

「エガートンのパフォーマンスは圧巻だが、選曲は若干物足りない」ロケットマン AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7347
21%
56%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5エガートンのパフォーマンスは圧巻だが、選曲は若干物足りない

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

幸せ

「ボヘミアン・ラプソディ」のメガホンをブライアン・シンガーから引き継いだデクスター・フレッチャーが、またも音楽アーティストの伝記映画の快作を送り出した。主演タロン・エガートンが何よりすごいのは、劇中曲を吹き替えなしで歌い、それらが本当に素晴らしいこと。「ボヘミアン~」のラミ・マレックも好演だったが、ボーカルのトラックはフレディ・マーキュリー本人の音源が主。その点でエガートンはマレックを超えたと言っていい。

多くがミュージカル仕立てのサウンドトラックは、当然エルトンのヒット曲を網羅しているが、たとえば「キャンドル・イン・ザ・ウインド」やディズニーアニメ「ライオン・キング」の主題歌「愛を感じて」、ジョン・レノンのソロ曲に参加した「真夜中を突っ走れ」など、ぜひとも聴きたかった超有名曲がいくつか欠けている。権利関係の事情があったのかもしれないが、いちファンとして少々残念。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 31 件)
高森 郁哉
世界の尾張名古屋さんのコメント
2019年9月9日

キャンドルインザウィンドは、即興で作るシーンで、ほんの少しさわりだけありましたね。最後の方にに来るかと期待しましたが、残念でした。マリリンモンロー、もしくはダイアナ妃が登場すれば選曲されていたかもしれませんね。

世界の尾張名古屋
The musicさんのコメント
2019年8月26日

たしかに、タロンの上手さには驚きました。仰る通り選曲がもう一押しだと思います。全体的クオリティは高いと思いました

The music
「ロケットマン」のレビューを書く 「ロケットマン」のレビュー一覧へ(全347件)
「ロケットマン」の作品トップへ