ホームステイ ボクと僕の100日間

劇場公開日

  • 予告編を見る
ホームステイ ボクと僕の100日間
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本ではアニメ映画化もされた直木賞作家・森絵都の小説「カラフル」を、タイで実写映画化した青春ファンタジー。死んだはずの“ボク”の魂は、謎の声に「当選しました」と告げられ、自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することに。ミンの自殺の原因を100日以内に突き止めなければ、ボクの魂は永遠に消えてしまうのだという。新生ミンとして人生を再スタートさせたボクは、初めて訪れた街で見知らぬ家族や同級生に囲まれながら、違和感だらけの学校生活を送り始める。様々な出会いや経験を経て、誰かを大切にすること、大切にされることを知り、初めて生きる歓びを感じるボクだったが、1台の壊れたパソコンの存在をきっかけに、ミンを苦しめた残酷な現実に向き合っていく。出演は「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のティーラドン・スパパンピンヨーと、タイの国民的アイドルグループ「BNK48」のチャープラン。

2018年製作/136分/G/タイ
原題:Homestay
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

映画レビュー

5.0#71 邦画好きなら是非観て❣️

Yuko Kudoさん
2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

インド映画かと思うようなハイクォリティなCGからはじまり、その後は日本映画のような心理描写。
全編に渡って丁寧かつ繊細に作り込まれていて、役者の演技も良くて秀悦な作品。
タイ映画というフィルターをはずして邦画好きな方に是非観て欲しい作品。
撮影だけで3ヶ月かけたとのことで本当に良く出来てます。
日本映画もこのくらい時間をかけて撮影して欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yuko Kudo
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ホームステイ ボクと僕の100日間」以外にこんな作品をCheck-inしています。