ザ・イースト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ザ・イースト
9%
55%
29%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

脚本も手がけた主演作「アナザー プラネット」(2011)がサンダンス映画祭で賞賛された女優ブリット・マーリングが、製作・脚本・主演の3役を兼ねたスパイスリラー。環境汚染や健康被害をもたらす企業を標的に過激な報復活動を重ねる環境テロリスト集団「イースト」からクライアント企業を守るため、正体を偽ってイーストへ潜入した元FBI捜査官のサラ。当初は彼らのやり方に反発を覚えるが、次第にその理念に正当性を感じるようになり、カリスマ性をもつリーダーのベンジーにも心ひかれていく。やがてイースト過去最大のテロ計画が実行されることになり、サラは当初の目的と自らの本心との間で揺れ動くが……。共演に「トゥルーブラッド」のアレクサンダー・スカルスガルド、「JUNO」のエレン・ペイジほか。監督は、カルト教団に潜入するカップルを描いたスリラー「Sound of My Voice」(11・日本未公開)でもマーリングとタッグを組んだ新鋭ザル・バトマングリ。

2013年製作/116分/G/アメリカ
原題:The East
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2013 TWENTIETH CENTURY FOX

映画レビュー

3.0ある意味テロを肯定したストーリーの様に思うが 実際には大企業が=悪...

sakahiroさん
2016年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ある意味テロを肯定したストーリーの様に思うが
実際には大企業が=悪とは限らないのでは無いかなと。
それでも正義を誰かが行わねばと言う熱い思いを持っている人達がいる事は救いなのかもしれないなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sakahiro

3.5社会悪か、企業悪か

近大さん
2016年8月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

知的

環境破壊をもたらす企業を標的にするテロ集団“ザ・イースト”へ潜入捜査した元FBI捜査官のジェーン。
やがて彼らの理念に共感していく…と聞くと肯定しているようにも思えるが、
例えば、現実社会のニュースでこういう集団の存在を知ったら社会悪と決め付けてしまう。
彼らの理念は分かる。
が、その行動は決して許されない。
犠牲を受けた企業には同情する。
が、その行いには憤りを感じる。
これは正義か、テロか、偽善か、社会悪か。
単純に割り切れない善悪の疑問を、葛藤しながら行動するヒロインの姿にダブらせていた。

タイトルだけ聞くとB級ホラーっぽいが、
社会派テーマとスリリングな潜入サスペンス、若者たちのドラマ、エンタメとしても見応えあり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大

4.0なかなかいい作品

素子さん
2016年3月7日
iPhoneアプリから投稿

環境問題に鋭く切り込む意義を含んでいる作品。主演女優かわいい。潜入先の環境団体のいろんな変わった原始的な慣習が発達した現代人に意義を唱えている。スッキリしないオチだが個人的には評価したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0個人的に物語がドハマりした。 環境保護や動物愛護やコーポラティズム...

2015年5月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

個人的に物語がドハマりした。
環境保護や動物愛護やコーポラティズムに関心があり、ザイーストとかなり近い考え方をしてるので、とても楽しめた。

ザイーストのメンバー同士で議論するシーン。襲撃するべきなのか、はたまたやめるのか、などの議論は、よく自分の頭の中でも起こっている。
幸い襲撃をした事はないが、したい衝動に駆られることはある。

こういう議論は昔からあって、キング牧師とマルコムXの思想の違いもそこにあった。そう考えると、三宅洋平の思想なんかは、とても良い切り口だよなと改めて思う。つまり、誰も傷付かない革命。環境破壊する企業のプロダクトをいくら安くても買わない事。そしてそれを他の人にも伝えていくこと。だって企業は消費者がいないと成り立たないんだから。僕らに決定権がある、ということ。
まぁ、この考え方でいくと、世界が正しい面にひっくりかえるまでに時間はかかるし、保証もないし…いくら伝えても聴く耳を持たない人、意識が低い人、この映画を観て組織のリーダーが金持ちでイケメンである事に嫉妬してるコンプレックスの塊みたいな人とかが沢山いるかぎり、もう人間に期待するのはしんどかったりするんだけどね…

撃たれて死んだ後に、2人が森の中でセックスするシーンがあるが、
死の後にセックスするのは映画ではよくあることで、生と死を見せてるわけ。
キューブリックのアイズワイドシャットなんかもそういうシーンがあった。
よくわかってらっしゃると感心する。

これ、構成がよくて、最初は観客の目からすると、テロリスト=敵、という構図になってるんだけど、主人公がだんだんテロリスト達の正しさに気付き始めると、必然的に企業側の不条理や無責任な行動が見えてきて、気付くとザイースト側にいる。
で、果たして本当にテロリストなのは誰なんだろう、と行き着く。
これ、第9地区なんかと一緒で、始めは差別する側にいるんだけど、気付くと差別される側にいて、その痛みを知る、という。
この辺もよくわかってらっしゃる。

主人公を演じたブリットマーリングは、今作で、製作、脚本、主演、と一人三役。今後が楽しみな人だ。
ちなみにリドリースコットとトニースコットも製作に入っている。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
saikimujin
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る